スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』第3部タイトル変更 『ホビット 五軍の合戦』へ

2014年04月30日 03:24

4月24日、ピーター・ジャクソン監督が自身のfacebookにて、『ホビット』第3部のタイトルを、『ホビット ゆきて帰りし物語(The Hobbit: There and Back Again)』から『The Hobbit: The Battle of the Five Armies(ホビット 五軍の合戦)』に変更したことを、次のように報告しました。


“中にはいってたしかめる(Inside Information)”…。

『ホビット』3部作を作るぼくたちの旅は、いくつかの点でビルボ自身が辿った道--隠された小道を通って秘密を明らかにする旅のようだ。

『ゆきて帰りし物語(There and Back Again)』は、エレボールを取り戻す探求の旅を語る2部作の映画の後編には適切なタイトルに思えたんだ。ビルボはそこに “到着して” そして “帰って” いった。この両方とも第2部に含まれていたからね。
だけど3部作になったら、急に見当違いに思えてきたんだ。つまり、ビルボは『竜に奪われた王国』で、既にそこに到着しているんだよ。

昨年末の『ホビット 竜に奪われた王国』のプレミアツアーのとき、タイトルを変更する案について、スタジオ側と内々で話し合いをしたんだ。そのときは映画のカットを通しで見られる準備が整うまで、(結論を急がず)柔軟に考えようということになった。
先週、ついにその段階に到達した。そして映画を見た後、今や皆が完全に適切だと思える一つのタイトルがあることに合意したんだ。

そう、それが『The Hobbit: The Battle of the Five Armies(ホビット 五軍の合戦)』だ。

トールキン教授は、ビルボの冒険の全てを込める意図でもって『ゆきて帰りし物語』というタイトルをつけたから、将来『ホビット』3部作のボックスセットにそのタイトルが使われていたとしても驚かないでくれ。

ともあれ、その前に終わらせなくてはいけない映画も、皆と共有する沢山のこともある。
静かで快適なぼくたちの時間---ジャベス(・オルセン)とぼくにとっての、ウエリントンの暗い洞穴での幸せな編集作業---だけど、平穏で幸福な日々は早急に終わりに近づいている。もうすぐ光の中に踏み出す時間だ。今後数ヶ月の間で、『ホビット 五軍の合戦』について沢山のことを見聞き出来るだろうね。

それに、『ホビット 竜に奪われた王国』のエクステンデッド・エディションも最終段階だ。25分以上ある新しいシーンに、ハワード・ショアがオリジナルの音楽を作曲したよ。

楽しい年になるだろうね!

ファンには寝耳に水…と言いたいところですが、タイトル変更の噂はその1週間程前にネットに浮上しておりました。
TORn(The One Ring.net) のRinger Spy(映画の内部関係者やその知人など、こっそりTORnへ『ホビット』情報--かつてはLotR情報--を“垂れ込んで”くださる方々のことです)“Thrush”氏(中つ国ならずともこの鳥さんは情報通なようで…)の報告によりますと、ニューライン・シネマはその頃、『The Hobbit: Into the Fire』という新しいタイトルの登録を行ったとのことでした(原作の章タイトルで、映画の台詞にもある“Out of the Frying Pan, Into The Fire”を連想させますね)
このことから、既に発表済みのタイトル『The Hobbit: There and Back Again(ゆきて帰りし物語)』が変更になるのではないか、あるいは『ハリー・ポッター』のように最終章は前後編2本が制作されるのではないかと、様々な憶測が広まっていたのです(Source:TORn

勿論、スタジオが前もって複数の映画タイトルを登録することは珍しいことではありません。ただし、この時期にそれをするのは、ビデオゲームのタイトルに使用するかのではないかと推測する海外映画サイトの記事も多数ありました。根っこは原作厨な管理人、このときばかりはその見解を信じたかったのですが…。

しかし、PJがfacebookに記事を投稿する半日程前に、ワーナー・ブラザーズは、ホームレスや貧困家庭の支援をする慈善団体であるLA Family Housing(LAFH)のために、今年12月に行われる『ホビット』第3部のニューヨーク・プレミアのチケットをオークションに出したのです(Source:CharityBuzz
このとき、出品画像にあえてサブタイトルがないロゴ(下画像)を使用していたので、「ああ、変更は決定なんだな…」と密かに“覚悟”したのでありました。


7月に開催される恒例のサンディエゴ・コミコンで、ピーター・ジャクソン監督から何かしらの報告があるのではとTORnは締め括っておりましたが、PJは2部作から3部作への変更の発表を2年前の7月に行って、結果フィギュアなどのタイアップ製品を販売する会社に多大な迷惑をかけた前科があります。なので、「変更発表は来月前半!」と弱小ブログの管理人はへぼなりに推理したのですが…よもやその晩に発表があるなんて…!(やっぱりへぼでした)

ニューラインは『ホビット』シリーズの3部作化が決定した2012年7月時点で、その後第2部のタイトルとして発表された『The Hobbit: The Desolation of Smaug(スマウグの荒らし場)』と共に、『The Hobbit: The Battle of Five Armies(五軍の合戦)』を既に登録していました(Source:TORn)『The Hobbit: Into the Fire』が登録されたと伝えられる時期が、PJがfacebookで語っている「通しのカットを見て話し合った」時期とほぼ一致するということは、この2つのタイトルが最終案だったのかもしれませんね。
[『ホビット』第3部タイトル変更 『ホビット 五軍の合戦』へ]の続きを読む

シネマコン2014『ホビット ゆきて帰りし物語』情報のまとめ

2014年03月29日 23:56

3月24日から27日まで、ラスベガスのシーザーズ・パレスにおいて、恒例のシネマ・コン(全米劇場主協会主催の、ハリウッドスタジオによる劇場関係者に向けての映画新作ライン発表会)が開催されました。

最終日にプレゼンテーションを行ったワーナー・ブラザーズは、そのフィナーレとして、現在ウエリントンでポスト・プロダクション作業中のピーター・ジャクソン監督のビデオメッセージを上映しました。

それには、シネマコンの観衆への感謝と共に、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の舞台裏映像を織り交ぜながら、ジャクソン監督の16年に及ぶ“中つ国”での長い旅を振り返る構成となっており(同時に『ホビット』シリーズをLotR3部作と合わせて、全6部作の一大叙事詩として印象付ける狙いだったのでしょうね)、残念ながら『ホビット ゆきて帰りし物語』のフッテージ映像はほんの僅かだったようです。

しかし、その“ほんの僅か”でも知りたいのが、『ホビット』ファンの業というもの。
映画サイトのニュースや、参加者のツイート等から漏れ聞こえてきた最終章の情報をまとめてみました。



(以下若干ではありますがネタばれがございます。ご注意ください)

[シネマコン2014『ホビット ゆきて帰りし物語』情報のまとめ]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2014年3月(更新中)

2014年03月28日 23:31

3月27日(木) *シネマコン2014にて、『ホビット ゆきて帰りし物語』のフッテージ上映。
 3月24日から27日まで、ラスベガスのシーザーズ・パレスで開催されたシネマ・コン(スタジオによる劇場関係者向けの新作ライン発表会)の最終日、ワーナー・ブラザーズは『ホビット ゆきて帰りし物語』を紹介し、同作のポスト・プロダクション作業中で参加出来なかったピーター・ジャクソン監督のメッセージ入りビデオを上映しました。
ビデオはLotRシリーズからの舞台裏映像を含み、『ホビット』シリーズをLotR3部作を含む6部作を強調する構成になっていましたが、新作『ゆきて帰りし物語』の未公開映像はそれ程多くなかったとのこと。しかしながらフッテージ映像には、空を飛ぶスマウグや白の会議の面々、レゴラスとバルドの会話等が含まれていたということです。
また、ゴラム役であり『ホビット』シリーズのセカンドユニットを監督したアンディ・サーキスは、シネマコン最後のイベントであるCinemaCon Big Screen Achievement Awards において、ゴラムなどのパフォーマンス・キャプチャーの仕事を評価され、Vanguard Awardの表彰を受けました。 【news.com.au】 【HITFIX】 【ACESHOWBIZ】
3月26日(水) *MGM、『スカイフォール』や『ホビット』シリーズ等のヒットで、所得額97%増を報告。
 MGMホールディングスは、『スカイフォール』や『ホビット』シリーズなどのヒットにより、2013年の所得が2012年の6200万ドルの殆ど倍の1億2200万ドルに達したと報告しました(収益では11%増加とのこと)
MGMの会長兼CEOのゲイリー・バーバーは、「2012年の草分け的な年を更に上回るとは、本当に素晴らしい業績です。収入と利益の増加は予想以上でした。2億200万ドルという営業利益はMGM90年の歴史の中でも例がなく、報告された中で最も高いものです」と語りました。
4年前には破産寸前で、『スカイフォール』の公開は無期限延期、『ホビット』はゴーサインが出ずデル・トロ監督の降板劇にも繋がったスタジオの復興のドラマも、『ホビット』のブルーレイ/DVDの特典に付ければいいのに…。 【Variety】
3月25日(火) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 竜に奪われた王国』ブルーレイ/DVD用TVCM公開。 【WarnerBrosOnline】

3月24日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』デジタルダウンロード版発売開始。 【WarnerBros.com】

3月19日(水) *『ホビット ゆきて帰りし物語』のクレジットソングを再びエンヤが担当の噂。
 ことの起こりは、MOVIEPILOT.comの「『ホビット ゆきて帰りし物語』にエンヤ帰還!」の記事(現在は削除されています)でしたが、ソースについての言及のない如何にも“眉唾”な代物でした。しかし、『ホビット 竜に奪われた王国』でLotR3部作との繋がりを悉く強調した演出を見せられた後では、「ひょっとしたらPJならやるかも」と思ってしまう悩ましげなネタではありました。
この噂は、世界中の『ホビット』ファンとエンヤファンを介してあっという間に広がり、21日にはエンヤの公式ファンサイトのフォーラムを通して、Aigle Music(「エンヤ」はアーティスト個人の名称であると同時に、彼女のプロデューサーであるニッキー・ライアンとその妻ローマ・ライアンとの共同プロジェクト名でもあります。Aigle Musicは3人がアイルランドのダブリンに設立したスタジオです)がこれを否定するに至りました。 【ReviewsNewAge.com】
3月11日(火) *Weta Digital、『ホビット 竜に奪われた王国』のVFXについてのメイキングビデオ公開。
 『ホビット』シリーズのVFXショットはその数およそ2000。驚くべき景色やユニークなクリーチャーたちは勿論のこと、ここで紹介されている水や火を表現するシミュレーションが地味に凄過ぎます。あまりに自然過ぎてアカデミー賞受賞を逃したのではないかと思ってしまいますw 【YouTube(Weta Digital)】

[『ホビット』今月の動き〜 2014年3月(更新中)]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2014年2月(更新中)

2014年02月11日 21:57

2月11日(火) *『ホビット 竜に奪われた王国』2月第2週末のアメリカでの興行成績は第20位に。
 世界同時公開から9週間、『ホビット 竜に奪われた王国』の本国アメリカでの週末の興行成績は、$688,196を記録して第20位となりました。海外の興収と合わせた合計はおよそ8億5千8百万。『ロード・オブ・ザ・リング(旅の仲間)』の記録8億7千万にもうじき手が届きます。 【Box Office Mojo】
2月8日(土) *第18回美術監督組合賞発表。『ホビット 竜に奪われた王国』は受賞逃す。
 2月8日夜、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルにて、第18回美術監督組合賞の授賞式が行われました。『ホビット 竜に奪われた王国』は、ファンタジー映画部門にノミネートされていましたが、栄冠を掴んだのは同じワーナー・ブラザーズ作品『ゼロ・グラビティ』でした。 【Gold Derby.com】
2月5日(水) *タイム・ワーナー、『ホビット 竜に奪われた王国』や『ゼロ・グラビティ』等のヒットで、2013年第4半期の収益アップ。
 タイム・ワーナーは2013年第4半期の業績を発表し、ワーナー・ブラザーズ映画の『ホビット 竜に奪われた王国』や『ゼロ・グラビティ』、またテレビドラマシリーズ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』等のヒットもあって、85億6千万ドルの収益を上げ、昨年度の81億6千万ドルから4.9%の上昇となりました。ただし、純利益は出版不況などが影響して12%減とのことです。 【THE WRAP】
2月4日(火) *『ホビット 竜に奪われた王国』2月第1週末のアメリカでの興行成績は第15位に。
 世界同時公開から8週間、『ホビット 竜に奪われた王国』の本国アメリカでの週末の興行成績は、$1,235,102を記録して第15位となりました。
『竜に奪われた王国』の1月の興行収入は5180万ドル。第1部『思いがけない冒険』の昨年1月の興収は6570万ドルでした。第1部のアメリカでの総興収は3億3百万でしたが、現在の興収は2億6千万程度で、最終的には3億ドルに届かないものとみられています。 【Box Office Mojo(News)】 【Box Office Mojo(Weekend)】

*『ホビット 竜に奪われた王国』の日本公開劇場と上映形式が発表に。
 HFR3D上映は全国で46館、IMAXは16館、IMAXシアターで吹替え版が上映されないことがファンの間で物議を醸しています。 【Theaters】
2月1日(土) *『ホビット 思いがけない冒険』、第41回アニー賞でキャラクターアニメーション賞を受賞。
 2月1日、国際アニメーション協会(ASIFA)主催の第41回アニー賞の授賞式がロサンゼルスのUCLAロイスホールで開催され、『ホビット 思いがけない冒険』のゴラム(Weta Digital)が、“実写制作におけるキャラクターアニメーション賞”を受賞しました。 【COMINGSOON.net】

『ホビット』今月の動き〜 2013年11月後半

2013年11月30日 23:59

11月30日(土) *NZ政府観光局、“Book of New Zealand”と題する企画で、 ロサンゼルスのホテルに『ホビット』セット設置。
 ニュージーランド政府観光局は、「100% Middle-earth, 100% Pure New Zealand」キャンペーンの一環として、『ホビット 竜に奪われた王国』とタイアップした“Book of New Zealand”と題する企画を展開。ロサンゼルスのビバリーヒルトンホテルに、湖の町、森の川、ビヨルンの館、そして隠された入江(Hidden Bay)の4箇所のセットを設置しました。
このイベントには、ピーター・ジャクソン監督を始め、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ルーク・エヴァンズ、ディーン・オゴーマンとエイダン・ターナー、及びエヴァンジェリン・リリーも参加ました。
この展示は2月1日から招待制で公開、一般のファンが見られるチャンスは12月4日(最終日)のみとのことです。 【New Zealand Tourism】



*ワーナー・ブラザーズ、The Hobbit公式facebookで、D・オゴーマンとA・ターナーのQ&Aライブ開催を発表。
   twitterに続いて、フィーリ役のディーン・オゴーマンと、キーリ役のエイダン・ターナーによるfacebookを利用してのQ&Aライブ企画が発表になりました。
日時は、12月2日 18:30PT(日本時間12月3日 6:30)です。
企画を発表したfacebookの記事のコメント欄に質問を書込んで、開始時間と同時にディーンとエイダンがそれに答えていく仕組みのようです。 【facebook(The Hobbit)】
 *ワーナー・ブラザーズ、「Barrel Escape」(樽での脱出)ゲームのアプリを公開。 【Warner Bros.】

11月29日(金) *BBFC、『竜に奪われた王国』のレーティングを12Aと発表。
 全英映像等級審査機構(BBFC)ニュージーランド政府観光局は、『ホビット 竜に奪われた王国』のレーティング審査の結果を、“中程度の暴力と脅威を含む”として、『思いがけない冒険』同様12A(12歳以上推奨、視聴の際は保護者の適切な指導を必要とする)と発表しました。また、上映時間を161分と公開しています。 【bbfc】

*ワーナー・ブラザーズ、『竜に奪われた王国』の“For Your Consideration”ページを公開。
 ワーナー・ブラザーズは、まだ公開前にも関わらず、『ホビット 竜に奪われた王国』の“For Your Consideration”のウェブページを公開しました。
“For Your Consideration”とは、アカデミー賞会員へ向けて投票をお願いする宣伝広告(の決まり文句)です。WBはここで、最優秀作品賞を始め、監督賞、脚色賞、主演男優賞他、計16部門への投票を呼びかけています。 【Warner Bros.】
11月27日(水) *ドルビーラボラトリーズ、ドルビーシアターにて『竜に奪われた王国』ワールドプレミアが開催されることについて公式声明発表。
 ドルビーラボラトリーズ社とワーナー・ブラザーズは、12月2日に行われる『ホビット 竜に奪われた王国』のワールドプレミアが、ハリウッドのドルビーシアターにおいて、ドルビー3D&ドルビー・アトモスにて開催されることを共同声明しました。 【TORn】

*ワーナー・ブラザーズ、「Become an Elf」のアプリを公開。
 ワーナー・ブラザーズは、『竜に奪われた王国』のプロモーションの一環として、ライブカメラで取り込んだ顔写真を合成してエルフ風にしてくれるアプリ、「Become an Elf」(エルフになろう)を公開しました。『思いがけない冒険』のときにはドワーフにしてくれるアプリを公開していましたが、それのエルフ版ですね。 【Warner Bros.】
 *ワーナー・ブラザーズ、Google+Hangoutで、ジャクソン監督や『ホビット』スターとのQ&Aライブ開催を発表。
  ワーナー・ブラザーズは、Google+Hangoutでも『ホビット 竜に奪われた王国』Q&Aライブを開催すると発表しました。こちらの出演者はピーター・ジャクソン監督を始め、主役を務めるマーティン・フリーマン、それにタウリエル役のエヴァンジェリン・リリーの3人です。
Q&Aイベントの他に、未公開の独占クリップもあるとのこと。開催日時は12月4日10:15PT(日本時間 12月5日3:15)です。 【facebook(The Hobbit)】 【Google+】
11月26日(火) *ワーナー・ブラザーズ、The Hobbit公式Twitterにて『ホビット』キャストのQ&Aライブ開催を発表。
昨年も第1部の公開と前後して、マーティン・フリーマンやイアン・マッケラン等によるtwitterのタイムラインを利用したQ&Aライブが評判になりましたが、ワーナー・ブラザーズは、今年も第2部公開に合わせてQ&Aライブを開催すると発表しました。
今回の参加スターは、スマウグ役のベネディクト・カンバーバッチ、ビルボ役のマーティン・フリーマン、それにバルド役のルーク・エヴァンズです。
日時は、12月2日 18:30PT(日本時間12月3日 6:20)ベネディクト、14:00PT(同 7:00)マーティン、そして14:20PT(同 7:20)ルークです。質問のハッシュタグはそれぞれ、#AskSmaug、 #AskBilbo、それに#AskBardになります。 【Twitter(The Hobbit)】

 *ワーナー・ブラザーズ、『竜に奪われた王国』ワールドプレミアのライブ配信を発表。
  ワーナー・ブラザーズは、12月2日にロサンゼルスで行われる『竜に奪われた王国』のワールドプレミアのレッドカーペットイベントを、昨年同様世界に向けてライブストリーミングで配信すると発表しました。
配信開始は12月2日18:30PT(日本時間 12月3日11:30)、The Hobbit公式facebook他で見られます。 【facebook(The Hobbit)】
11月25日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』TVスポット第9弾公開。
【YouTube(Warner Bros. )】



*TT Games、LEGO『ホビット』のTVゲームを2014年発売と公式発表。
 LEGOブロックのキャラクターによるアクション・アドベンチャーゲームで知られるTT Gamesが、LEGO『ホビット』のTVゲームをリリースすると正式発表しました。
このゲームは、『ホビット 思いがけない冒険』と『ホビット 竜に奪われた王国』の2本の映画をベースにしており、WindowsとMacパソコン、ニンテンドー3DS、プレイステーション3及び4、それにプレイステーション ヴィータ、Wii U、Xbox 360とXbox Oneのいずれのプラットフォームも2014年に発売されることになっています。 【Polygon】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年11月後半]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。