スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』キャスティング予想!~MTV編~

2007年12月22日 23:07

12月18日の『ホビットの冒険』映画化正式発表を受けて、MTVが早々にキャスティング予想をUPしております。
勿論、映画化が発表されたばかりの現段階では、“予想”というよりは、映画欄担当者の“希望”であってお遊びに過ぎませんが、各自でお気に入りのキャラクターにお気に入りの俳優をあてて映画を想像してみるのは、なかなか楽しい作業ですよね。
この予想では、LotR3部作に引き続き登場するキャラクターは同じ役者によって演じられるという前提で、『ホビットの冒険』で“新たに”登場する(>時間軸からすると逆だから、説明がややこしいです(^^; )キャラクターのみを予想しております。
果たして皆様のイメージに適いますでしょうか?まずはご一読下さいませ。

  *    *    *    *    *    *    *    *    *   

■スマウグ(の声)★ジェレミー・アイアンズ
(次点)ジェイソン・アイザックス
*スマウグの知性、貪欲さ、ビルボに対する軽蔑、「所有すること」そのものが目的の宝物への愛情、そして他のどの存在よりも己が価値があると信じている自己愛、これらを表現する印象深い声として、ジェレミー・アイアンズを挙げています。
そして、この種の傲慢さや軽蔑を表現するのに誰もアイアンズにかなう者はいないとしながらも、次点(補欠)として、『ハリー・ポッター』シリーズでルシウス・マルフォイを演じているジェイソン・アイザックスも相応しいとしていますね。

■トーリン・オーケンシールド★ブライアン・コックス
(次点)ベン・キングズレー
*LotR3部作でギムリを演じたジョン・リス=ディヴィスが、ドワーフになる為の特殊メイクで悲惨な炎症を起こして苦しんだことを言っているのでしょうが、トーリン役のみならず、「ドワーフのメイクアップをやってもいいと申し出てくれる役者は、誰でも既に英雄だ」との前置きから始まっております。ご、ごもっとも(笑)
そして、誇り高く頑固なドワーフの長、トーリン・オーケンシールドには、その気質、年齢、頑強な体格から、『トロイ』でミュケナイの王アガメムノンを演じたブライアン・コックスを。そして、体形的な問題がなければ、『ガンジー』でタイトルロールを務めたベン・キングズレーも適役だとしております。

■バルド★ライアン・ゴズリング
(次点)ジェラルド・バトラー
*バルドというキャラクターを、厳しい顔付きながらも見栄えのする賢い男性で、ベーオウルフの型のアングロサクソンの英雄、LotRで言えばアラゴルンやファラミアに近いと分析した上で、『きみに読む物語』で主演を務めた若手俳優、ライアン・ゴズリングを適役としています。二番手は、『300』でレオニダス王を演じたジェラルド・バトラーです。またMTVのライターさんは、
「バルド役は、この映画にビッグスターを出演させる最も魅惑的な方法であって、ラッセル・クロウとかクリスチャン・ベールのような“男の中の男”といった俳優が演じるべきキャラクターだ。
しかしながら、かつてピーター・ジャクソンがLotRで、ヴィゴ・モーテンセンやショーン・ビーンを大ブレイクさせたようなキャスティングの妙をもう一度見たい。ジャクソンには是非とも、ライアン・ゴズリングとの関係を修復してもらいたい(注:この記事の2ヶ月程前に、ゴズリングはPJの新作、『ラブリー・ボーン』の主役から降板させられているのです)」と結んでいます。
■スランドゥイル★デヴィッド・ボウイ
(次点)ステラン・スカルスガルド
*曰く、“ドワーフに対しては、決して彼らを信頼せず意地悪でそっけなくもあるが、種族の叡智を湛え、王としての威厳と慈悲も兼ね備えている”---そんなスランドゥイルに相応しい俳優として、デヴィッド・ボウイを候補に挙げています。たとえカメオ出演であったとしても、レゴラス役を引き続きオーランド・ブルームが演じる前提として、親子で並んだ時の印象をも重要視しているようですね。
二番手は、これは半分ジョーク?という気もしないでもないですが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで、オーランドが演じたウイリアム・ターナー・ジュニアの父、ビル・ターナー役のステラン・スカルスガルドを選んでいます。親子役は経験済みで、息もぴったりというわけですねv

■ビヨルン★アルフレッド・モリーナ
(次点)ブルース・キャンベル
*こちらは、サム・ライミ監督が『ホビット』のメガホンをとるという噂を踏まえてのキャスティングでしょうか?『スパイダーマン2』でドクター・オクトパスを演じたアルフレッド・モリーナと、『キャプテン・スーパーマーケット』こと(^^; 、ブルース・キャンベルをご指名であります!
ビヨルン役については、ハリー・ポッターシリーズのハグリッド役としてあまりにも有名でなければ、ロビー・コルトレーンは正に適役とした上で、(一旦激昂すれば)ハグリッドよりずっと激情的で、活発で、脅威的な存在であり、少々狂気すら感じさせる演技が出来る俳優として、アルフレッド・モリーナを適役としています。

さて、最終的に正式なキャスティングが終了した時、MTVの予想はどの位的中していますでしょうか?
何にしろ、こういった話題がネットを賑わすようになると、本当に映画が始動し始めたことが実感されて、しみじみ感動する管理人でありました。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/97-f3b3fbac
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。