スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴代アカデミー作品賞、その頂点は!?:その2

2009年03月03日 23:47

第2ラウンドへ参ります(^-^)
第1ラウンドでの計40作品の中から、AからHまでの8グループから選出された8作品が、互いに票を競い合います。
AグループとBグループの“勝者”が対戦し、表の多かった作品が第3ラウンド(準決勝)へ進出となります。同様にCとD、EとF、GとHグループそれぞれから選出された作品が対戦した結果は、下記の通りとなりました。

《第2ラウンド(準々決勝)》
【Aグループ】  
作品タイトル  年度 監督
★ ゴッドファーザー Part261% 1974 フランシス・フォード・コッポラ
□ タイタニック39% 1997 ジェームズ・キャメロン
    
【Bグループ】  
作品タイトル 年度 監督
□ フォレスト・ガンプ/一期一会50% 1994 ロバート・ゼメキス
★ ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還50% 2003 ピーター・ジャクソン
    
【Cグループ】  
作品タイトル 年度 監督
□ サウンド・オブ・ミュージック33% 1965 ロバート・ワイズ
★ シンドラーのリスト67% 1993 スティーヴン・スピルバーグ
   
【Dグループ】  
作品タイトル  年度 監督
★ ゴッドファーザー67% 1972 フランシス・フォード・コッポラ
□ ロッキー33% 1976 ジョン・G・アヴィルドセン
   
我らがPJの『王の帰還』、ロバート・ゼメキス監督の『フォレスト・ガンプ/一期一会』と熾烈な戦いを繰り広げました!
投票締め切り(2月11日)の時点で辛うじて投票数の多かった前者が第3ラウンドへ進みましたが、その後も続けられた投票結果では、日によっては順位が入れ替わることも。
アメリカの現代史を縦軸に、ひたむきで純粋な主人公の活躍を描いた“アメリカ人のファンタジー”には、アカデミー賞本国の人々にとっては相当な思い入れがあった様子。両者それぞれを支持するコメントも殺到し、最後まで何かと物議を醸し出した一戦となりました。

《第3ラウンド(準決勝)》
【Aグループ】  
作品タイトル  年度 監督
□ ゴッドファーザー Part245% 1974 フランシス・フォード・コッポラ
★ ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還55% 2003 ピーター・ジャクソン
    
【Bグループ】  
作品タイトル 年度 監督
□ シンドラーのリスト39% 1993 スティーヴン・スピルバーグ
★ ゴッドファーザー61% 1972 フランシス・フォード・コッポラ
    
この種の「歴代ベスト」を決定する投票でいつも指摘されることは、“記憶に新しい近年の作品の方が有利である”ということですが、特にインターネット投票という性質上、投票者の年齢層も他の媒体と比べて若いことが推測されます。
そんな中で、公開から既に30余年。1972年と'74年に続けて作品賞を受賞した、名匠フランシス・フォード・コッポラ監督の『ゴッドファーザー』シリーズ2作の強さが光ってますね!
第3ラウンドも何とか勝ち抜いた『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』は、この名作にどこまで食らいつくことが出来るでしょうか。
この結果はCMの後!---じゃなくて、後半(追記)へと続きます/(^.^;
《第4ラウンド(決勝)》
作品タイトル  年度 監督
★ ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還54% 2003 ピーター・ジャクソン
□ ゴッドファーザー46% 1972 フランシス・フォード・コッポラ
    
“一つの映画は全てを統べる(One film to rule them all)”
「そもそも、こういう結果でなかったら、『ホビット』Blogで取り上げないでしょ?」なんて突っ込んではいけません(笑)
合計70万票以上を集めて競われた The Ultimate Best Picture(究極の作品賞)を決める試みは、2003年度の受賞作品 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』が選ばれ、歴代アカデミー作品賞の頂点に立ちました~!拍手~!!(管理人が別の作品に投票していることは、こそっとスルー(^^:

3部作全体で30のアカデミー賞候補に挙がり、合計17個のオスカーを獲得したこの作品は、驚異の視覚効果と大迫力の戦闘場面、そして俳優たちの偉大なパフォーマンスによってYahooユーザーのハートをがっちり捕らえたようだ。また、274日の撮影期間のうちに、150の場所を7つのユニットを使って3作同時に撮り上げた手腕(*およそ60億ドルとされている興行収入は言うに及ばず★)に、アカデミー会員はYahooユーザー同様圧倒されただろう、とYahoo担当者はコメントしております。(Source

ところで、トーナメント方式というのは、その組み合わせに大きく左右されるのが欠点の一つですが、最後の最後にダメ押しでこんな質問が(^o^;

●あなたは、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』が“究極の作品賞”に選ばれて満足ですか?
 □ はい!それは本当にピカイチの作品です!!55%
 □ いいえ、他に相応しい映画があったと思います45%
*投票総数79,524票(3月4日現在)

さて、皆さまのご感想は、このうちどちらでありましたでしょうか???
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/93-64612c7a
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。