スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンのキモチ~TORnのアンケートから~:その5

2009年02月22日 14:58

前置きもなく、TORnアンケートの紹介、第5回目を始めさせて頂きます。

2008年5月末、デル・トロ監督の、「ビルボ役の俳優についての意見は、PJ(&フランたち首脳陣の考え)と一致している」との発言を受けて、イギリスのタブロイド紙「デイリー・エクスプレス」が、その筆頭候補の名前をリーク(…なのか、まるっきりのでっち上げだったのか?)しました!
その名はジェームズ・マカヴォイ
スコットランド出身の若手実力派俳優で、『つぐない』の演技でロンドン映画批評家協会賞英国主演男優賞を受賞するなど、今後の活躍が大変期待されている役者さんです。何より、ファンタジーファンには『ナルニア国物語』の心優しいフォーン、タムナスさん役で顔を知られておりましたね。
ただ、候補者リストの中には、ダニエル・ラドクリフやジャック・ブラックも含まれていた とあって、信憑性については大いにギモンではありましたが---そんな噂を受けて、次のアンケートです。

●最近噂になった俳優のうち、誰がビルボ・バギンズ役に相応しいと思いますか?
【投票開始日:2008年5月29日 投票総数:5,101票】

■ジェームズ・マカヴォイ3,029票59%
■マーティン・フリーマン1,347票26%
■ジャック・ブラック454票9%
■ダニエル・ラドクリフ271票5%

マカヴォイさん強し…!
正直、名前が浮上するまで考えても見なかった役者さんでしたが、演技力については折り紙付ですし、何となく気が弱そうな風貌だけれど、アクションだってロマンス映画だって、キメるところはばっちりキメて主役としての華もあるぜ!というところが(>超勝手な主観)、成程ビルボというキャラにはぴったりかも知れないと思うのでした。
それにしても、ハリー・ポッターことラドクリフくん、ジャック・ブラックより票が少ないというのは、ちょっと可哀そうですね。確かにビルボ役には若すぎますし、別のファンタジー大作で主演をはっている役者を使うのは、あまりにも節操ない感じもしますが---キレイな子はスクリーンの中にいくらいても結構よ♪とウェルカムカムな管理人でございました(>つまるところはそこかよ!) ええ~っと、次いきます!

『ホビットの冒険』には、LotR3部作以上に多種多様なクリーチャーたちが登場します。そして、その多くが我々人間と同じように言葉を持ち、あまつさえ彼らとの“会話”が物語の中で重要な役割を果たします。竜のスマウグしかり、ツグミや鷲たちしかり。
ですが、映画の表現としてそれらをどのように処理するのでしょう?PJ版LotRでは、トロルやワーグは言葉を持っていたのかもしれませんが、人間には解らない“唸り声”でありました。そこで次の質問です。

●『ホビットの冒険』に登場するヒューマノイド型以外のクリーチャーは、どんなふうに“喋る”のがいいと思いますか?
【投票開始日:2008年6月18日 投票総数:5,856票】

■普通に喋ってしまってOK!『ナルニア国』のキャラみたいにね2,859票49%
■『スターウォーズ』の旧シリーズのように、
人には解らない“異語”を字幕で表現したらどうでしょう?
1,849票32%
■喋るなんてとんでもない!絶対にやめて!!660票11%
■口は動かさないでテレパシーで448票8%

解剖学的?な見方からすれば、人の言葉を喋るには、人間と同じようなの骨格と声帯、舌や唇等が必要になるのでしょうが、『ナルニア国』の映画では、ビーバーもネズミもごく自然にリップ(ん?)シンクしていたように思います。となるとむしろ問題は、動物たちが口をきかなかったLotR3部作との世界観の統一かもしれません。
また、『ホビット』に登場するクリーチャーの中では、お気に入りは断然スマウグだというデル・トロ監督、監督就任発表直後のライブチャットの折にも、早々にドラゴンの“喋り”について触れておりました。

“ものをいうドラゴン”のよくある失敗例の一つは、無理矢理リップシンクさせるために、獅子鼻の類人猿みたいな口にしてしまうことだね。『エラゴン』では精神的なリンクにして、うまく難を逃れていたけれど

理想とするドラゴン、スマウグの造形美の為に、そして自然なストーリー展開のために、これらの難題をクリアするアイデアを、デル・トロ監督は既に持っているのかもしれませんね。
さて、8月になって脚本執筆も始まる頃になると、映画化に向けての大きなニュースは殆どなく(勿論、水面下では色々な動きもあるのでしょうが)、アンケートの内容も、特にニュースに即したものでもなければ、一問ごとの投票期間も長くなりました。
そんな訳で、何となくネタ切れっぽい---もとい、基本に返った質問でございますm(_ _;)m

●トールキンの著作の中で、どれが一番のお気に入りですか?
【投票開始日:2008年8月6日 投票総数:13,771票】

■『指輪物語』8,436票61%
■『ホビットの冒険』2,452票18%
■『シルマリルの物語』1,868票14%
■特定のお気に入りはありません515票4%
■『フーリンの子らの物語(Children of Hurin)』263票2%
■『終わらざりし物語』109票1%
■『中つ国の歴史(The History of Middle-earth)』76票1%
■その他52票0%

特にコメントすることもありませんよね。 誰もが予想通りの結果だったのではないでしょうか。
そして、現在投票受付中のアンケートは次の通りです。

●ピーター・ジャクソンが監督した『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のプロットのうち、もし一箇所だけ変更、または追加出来るとしたら、次のうちどれを選びますか?
【投票開始日:2008年11月19日 投票総数:19,882票(2009年2月21日現在)】

■トム・ボンバディルを登場させます!
■フロドをブルイネンの渡しに連れて行くのは、グロールフィンデルで
■何も行動を起こさないと決定するエントムート
■サルマンの最期はホビット庄で
■ホビット庄の掃討
■マゴットじいさんとの夕食
■末つ森でのギルドールとの出会い
■キリス・ウンゴルで、サムに「シャイアに帰れ」と言うフロド
■フロドとサムを、ヘンネス・アンヌンからオスギリアスへ連行するファラミア
■その他
■映画は完璧です。何も変える必要などありません!

これについては、原作ファンは色々物言いもございましょう。
そういう自分も、別のIPアドレスで複数回投票したい位なんですが(笑)、やっぱり一番はフロドの旦那度を上げて欲しいってことに尽きるかな?
投票がお済みでない方は、今すぐTORnのトップページへGO!

ひとまず今回で、TORnのアンケート特集はおしまいです。年に一回くらいやると、同時に映画制作の過程のおさらいになって、個人的には有意義かなと思っております(^^)
お付き合い本当に有難うございました。最後のアンケートの集計結果は、投票期間が終わった後にまたお伝えしますねv
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/91-31e791f1
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。