スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンのキモチ~TORnのアンケートから~:その1

2009年01月27日 22:07

『ホビットの冒険』映画化における目下の最大の作業は「脚本執筆」であります。
これの目処がつくまではキャスティングも進行しないでしょうし、従ってそれ程大きなニュースも出てこないと思われますので、その間に、映画化を待つ「ファンの意識調査」をちょっとばかりご紹介したいと思います。

以下のデータは、ご存知トールキンファンサイトとしては世界最大規模であり、ピーター・ジャクソン監督の公式ファンサイトも兼ねている The One Ring.net(TORn) が常時トップページで展開している Poll Question をソースとしています。
この種のアンケートコーナーは、特に海外のファンサイトでは、お国を問わず必ずといっていい程そのトップページの片隅に設けられてます(で、情報収集の傍らポチしてくるのが長年の日課なんです♪ )
特にTORnのように、全世界のトールキンファンが多数アクセスしてくるサイトは、当然票数そのものも多いですし、PJのファンサイトも兼ねているから映画礼賛のファンばかりが多いのかな?と思いきや、意外と辛口で骨太な原作ファンの本音が垣間見えたりと興味は尽きません。
アンケート自体はLotR3部作公開前から延々と続いておりますが、『ホビットの冒険』映画化についての質問が登場するようになった一昨年秋以降の投票結果からお届け致します。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

●映画『ホビットの冒険』映画化の公式発表はいつになると思いますか?
【投票開始日:2007年10月17日 投票総数:2,007票】

■2007年末頃682票34%
■2008年前半671票33%
■2008年後半273票14%
■そんな日は決して来ないよ134票7%
■いつあってもおかしくないね129票6%
■2007年11月中118票6%

ちなみに、緑色のフォントは管理人が投票した箇所でございます(以下のアンケートも同様)
その後、『ホビットの冒険』映画化の公式発表は2007年12月18日に行われ、ピーター・ジャクソン監督とそのパートナー、フラン・ウォルシュをエグゼクティブ・プロデューサーに、2本の映画が作られることが明らかになったのでした。
世界のトールキンファンの多くは、日頃から関連ニュースを収集・分析しながら、映画化の発表時期を正しく予測していたのですねv
では、続けてどんどんいきますね~♪

●ハロウィン記念の質問です。あなたにとって、中つ国で最も怖いクリーチャーは?
【投票開始日:2007年10月27日 投票総数:3,058票】

■ナズグル1,014票33%
■シェロブ810票26%
■バルログ716票23%
■闇の森のクモたち189票6%
■ウルク=ハイ171票6%
■ワーグ61票2%
■ゴブリン38票1%
■トロル (『旅の仲間』でモリアにいた)28票1%
■じゅう17票1%
■トロル (『ホビットの冒険』で石になった)14票0%

たまには、こういうお遊び的な質問も~♪
う~ん、やっぱバルログだと思うんだけどな。かのガンダルフも相討ちだったし、レゴラスをして、
「ありとあらゆるエルフの禍いのうち、暗黒の塔に座すかの者を除き、これほど恐ろしい物はありませぬ」(Book2,Chap.7)と言わしめた存在ですからね。まぁ、質問が「あなたにとって」と訊いている以上、それを言ってみたところで始まりませんが(^^;
尤も、バルログがモリアの深部へのこのこ入っていかなければ出くわさないのに対して、ナズグルはどこで追っかけられるか分かりませんからね。くわばら、くわばら★
シェロブはその脅威もさることながら、「超でっかいクモ!」ということの嫌悪感の強さで票が集まっているのだと思います…て、こんなこと真面目に分析してしまった(笑)
●映画『ホビットの冒険』で、レゴラスは登場すべきでしょうか?
【投票開始日:2007年11月6日 投票総数:3,991票】

■はい。でも、無名のエルフや、スランドゥイルの副官
といった脇役として
1,017票25%
■いいえ。だって原作には登場しませんから944票24%
■はい。でもカメオ出演的にチラッとだけ581票15%
■トールキンが『指輪物語』を『ホビットの冒険』の延長
にある物語として書き、レゴラスというキャラクターを生
み出した以上、どんな扱いにしろ登場すべきです
572票14%
■レゴラスは登場しなくちゃいけません。そして
スランドゥイル役はデヴィッド・ボウイでね!
564票14%
■ごめんね、どっちでもいいわ~☆179票4%
■勿論です!戦闘シーンでは存分に活躍して、観客の
目を釘付けにしてくれなくちゃ♪
134票3%

これは結構意外な結果でしたね。
どんな条件にしろ、『ホビットの冒険』でもレゴラスに登場して欲しいと願うファンは全体のおよそ3/4。このことは予想した通りでしたが、レゴラスというキャラクターの、そして今や飛ぶ鳥を落とす勢いのオーランド・ブルームの人気ぶりならば、
「原作になくてもガンガン活躍させて!もう、レゴラスがビヨルンの背に乗って戦って、死人うらない師にとどめを刺したっていう展開だっていいわっっ!!」(>それはないと思う(^o^; )
という声が、もっともっとあるんじゃないかと思ってました。
原作ファンは思いの外保守的であります。『ホビットの冒険』で中心になるべきドラマは別にあると、皆弁えているのですね。
ちなみに、「スランドゥイルはデヴィッド・ボウイで」というのは、設問者のジョークでしょうね。
実はLotR3部作のキャスティングが行われていた当時、デヴィッド・ボウイがエルロンド役を強く希望していたという噂があったのです。
「彼はエルロンドというより、どっちかっていうとスランドゥイルよね」ということなのでしょうか。あるいは、「エルロンドはウィービングで決定だから、スランドゥイルでどう?」ってことなのかな?(笑)

●「感謝祭」の精神に則って、あなたが『指輪物語』への情熱を今も変わらず抱き続けていられることを、誰に感謝したいですか?(3つまで選択可能)
【投票開始日:2007年11月21日 投票総数:8,170票】

■J・R・R・トールキン3,026票37%
■ピーター・ジャクソン2,300票28%
■映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのキャストとスタッフ1,130票14%
■クリストファー・トールキン629票8%
■アラン・リーやジョン・ハウなどの“指輪画家”たち597票7%
■ニューライン・シネマ 182票2%
■Houghton Mifflin社
(アメリカにおけるトールキン関連書籍の代表的な出版社)
103票1%
■ゲーム会社86票1%
■カードなどコレクターグッズの会社44票1%
■ファン集会や展示会など37票0%
■Harper Collins社
(イギリスにおけるトールキン関連書籍の代表的な出版社)
36票0%

アメリカの11月第4木曜日、感謝祭(Thanksgiving Day)にちなんだ設問であります。
「あのRing Geekの隣人がいなければ、今のボクはなかった!」という人の為に<■その他>の項目があってもよかったのではとは思いますが(笑)、原作ファンと致しましては当然、中つ国を始め“トールキン・ワールド”そのものを生み出したイルーヴァタールの如きトールキン教授と、教授の死後莫大な遺稿を編纂して下さったクリストファー氏に。
日本人のファンとしては瀬田貞二氏及び評論社に感謝したい方々も多いのではないかと思いますね(やっぱ<■その他>は必要だわ)
その項目がないのでと言ったら失礼ですが、それまでただぽつねんと、『指輪物語』を心の中の宝物として墓まで持っていくつもりだった自分が、映画化のおかげで皆さまとこうして日々楽しく交流出来るのは、ピーター・ジャクソンその人の並外れた情熱のおかげに他なりません!!
そんな訳で、大、大感謝をこの場で捧げながら、今回はこれでお開きです~♪
長文にお付き合い有難うございました。アンケートのネタはこの先もずっとありますので、近々続きをUPしたいと思います(^-^)

そうそう、アンケートの中で、「私ならこれを選んだけどな、こう答えたけどな」というご意見・ご感想などございましたら、是非是非教えて下さいませ♪


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
スタッフやキャストの情報が一つ一つ明らかになるにつけ、本当に映画化の実感が湧いてきますよね。 実はこの時間がファンにとっては一番楽しいんじゃないかと、LotR3部作公開前からネタばれ情報を追い続けている自分なんかは思うのであります(笑)
今週末のSEE3作一挙上映、暇はありますが、体力と“つれ”がない寂しい身の上です。
『ホビットの冒険』2作+3部作一挙上映の暁には(ちょっと凄そう☆)、ぜひ東京へ泊まりがけでお越し下さいねー。そして一緒に劇場へ繰り出しましょう!(^^
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/83-c557eaa7
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。