スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダンス映画祭2009にて:ドミニク・モナハン編

2009年01月20日 22:58


さて、今年のサンダンス映画祭の会場で確認された(1月20日現在)LotR卒業生には、主人公フロドを演じたイライジャ・ウッド(写真はコチラ)と、そのホビット仲間のメリーを演じたドミニク・モナハンがいます。
モナハンは、映画祭初日に上演された『I Sell The Dead』(監督:Glenn McQuaid)で、主人公の墓荒しを演じており、そのプロモーションのために会場入りしておりました(ちなみに、デル・トロ監督お気に入りのロン・パールマンが武骨な神父役で共演とか)

お馴染みTORnのインタビューに応じたモナハン、「2010年にニュージーランドをぶらつきたいですか?」という質問に対して、
「それは、ピーター・ジャクソンに訊くべき質問だね。でも、そうしたいね。依頼があれば応じるさ!ピーターとギレルモの為なら何でもするよ。勿論、シナリオの問題があるけどね」とのこと。

彼は『ホビットの冒険』が『旅の仲間』以前の出来事であることに言及しましたが、それでも2本の映画のどこかに、LotR3部作出演者の登場シーンが、ほんの短いカットであっても存在するのではないかと考えているようです。

翌日のMTVのインタビューには更に積極的に答えて、
「LotRファンは本当に4人(のホビット)が中つ国に戻ってくるのを待ち望んでいるんだ。そして、僕たちはその可能性が大いにあると思っているよ。勿論、『ホビットの冒険』の原作に4人のホビットたちは登場しない。それでもボスたち(PJ&GDT他製作陣)は、LotR3部作でのファンの支持を心底感謝しているんだ。だから、ファンによく知られ愛されているキャラクターは、出来る限り(『ホビットの冒険』又はその続編に)登場させたいと考えている筈なんだ。(中略)
僕はメリーであることを引退するつもりはないよ。僕に当時と同じメリーが演じられるかどうか心配しているね?でも、一旦ホビットの足とホビットの衣装をつけたなら、役に戻ることはとても簡単だと思うんだ。
LotR3部作の時は、メリーを11歳の男の子のつもりで演じたんだ。この役のために再び童心を呼び覚ますことは、そんなに大変なことじゃないさ」

と出演への熱意を明らかにしました。
「僕はピート(PJ)とフラン(ウォルシュ)、それにフィリッパ(ボウエン)と、僕たちが復帰する件について話したんだ。最初の『ロード・オブ・ザ・リング』3作のファンも、きっとこの世界に戻ることに魅せられる筈さ!」

  *   *   *   *   *   *   *   *  

う~ん・・・・・・、ドムや他の3人のホビット役がどうのと言うより、ギレルモ監督には、前作のキャラクターや役者たちには拘らず、骨太な脚本でもって、己の世界観にとことん拘った映画を作ってくれることの方が、本当の意味でLotR3部作を支持してきた我々ファンの思いに応えることになると思いますし、そうしてくれるものと信じております。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/80-00bc9e80
    この記事へのトラックバック

    ドミニク・モナハン主演ホラーetc

    I Sell the Dead 【出演】ドミニク・モナハン     ロン・パールマン 関連 Ponyo[邦題:崖の上のポニョ][Trailer II] 【監督】宮崎駿 【米国版声優】ケイト・ブランシェット        マット・デイモン        リーアム・ニーソン 関連



    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。