スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビットの冒険』の音楽は、やっぱりハワード・ショア???

2008年04月01日 23:05

The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring (Complete Recording) [Includes DVD Audio]The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring (Complete Recording) [Includes DVD Audio]
(2005/12/12)
David / Long, David / Roche, Steve / Roddick, Donaldson、

商品詳細を見る

3月31日付のAin't It Cool News (以後AICN)にて、映画『ホビットの冒険』の音楽は、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作で、中つ国を壮大なシンフォニーで彩った作曲家、ハワード・ショアの参加が確認された!との記事がUPされておりました。
情報源は管理人のハリーさん宛に届いた投稿メールらしいのですが、それによりますと・・・。

スイスのルツェルンで行われた"The Lord of the Rings:The Fellowship of the Ring - Score Performed Live to the Epic Motion Picture" (映画『ロード・オブ・ザ・リング』(第一部:旅の仲間)の映像に合わせてFotRのサントラを全部演奏しちゃうという、とっても羨ましいコンサート♪)を“昨日”聴きに行ったクリスさん。
そのミニセッションの最後に、ファンの質問にショア氏が答える機会があったのだそうですが、その折、参加者の一人が『ホビット』への参加について訪ねたのだそうです。
それに対して氏は映画への参加を認めたとのことで、『ロード・オブ・ザ・リング〜二つの塔』制作中から既に作業に取り組んでいたとしております。

作曲家のハワード・ショアに関しては、それこそ『ホビットの冒険』の映画化が噂話に出始めた頃から、インタビュー等で問われる度に作曲への意欲を表明してきましたから、決して意外なニュースではないのですが、“『キング・コング』ボツ事件”(思うに、あの映画のスコアとしては上品過ぎたんじゃないかと(^.^; )以後もピーター・ジャクソン監督との関係が良好らしいと確認出来ただけでも、ファンには嬉しいニュースですね。

ただ、これと殆ど同じ内容の投稿(こちらの投稿者もクリスさん。同一人物かな?)を、TORnが先月の24日に紹介(Source)しており(“昨日”っていつの昨日!?)、こちらでは投稿者は、ワールドプレミア初日のサイン会の折にショア本人に確認したと書いております。

そんなこともあってか、AICNの記事をTORnは少々懐疑的な調子で紹介しておりますが、どちらの見解も、様々な障害(著作権団体からの訴訟やニューライン・シネマのワーナー・ブラザーズへの吸収合併等)があっても、明らかに事態は新しい---そして明るい局面へ向かっているとのことです。ええ、本当にそうあって欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/8-f8e3b681
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。