スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダンス映画祭2009にて:GDT編

2009年01月19日 23:55

インディペンデント系映画の世界最大のイベント、サンダンス映画祭が、今年も1月15日から米ユタ州パークシティで開催となりました。
今年で25回目を迎える同映画祭ですが、世界的な不況の中、例年より静かなマーケットとなっているとのことで、オファーが殺到するような作品は見られず、バイヤーたちも買い付けにはかなり慎重になっているようです。

がしかし!、そんな会場の雰囲気はノープロブレムとばかり、どこまでも陽気でハイテンションなアミーゴ4人組が・・・!(>いえ、ワタクシの主観ではなく、ソースの記者さんがそんなふうに書いているんです(笑))
サッカーをテーマにしたコメディ映画 『Rudo y Cursi』 を引っさげて映画祭に乗り込んだメキシコ映画界の大物たち---監督と脚本を担当したカルロス・キュアロン、主演男優の一人のディエゴ・ルナ、そして同作のプロデューサーで自身も映画監督であるアルフォンソ・キュアロン(*カルロスの兄)、そして同じくプロデューサーとして名を連ねているギレルモ・デル・トロその人であります。

16日の夜、ワインがふんだんにふるまわれたディナーの後、車に乗り込む4人の馬鹿騒ぎっぷりが、EW.comにUPされております(ムービーのカメラマンはEW誌の記者さんのようですね。ちなみに、「我々は誰も飲酒運転をしませんでした。まったく素面の運転手によって運転されました」と後日わざわざ更新されていましたですよ☆)
デル・トロ監督、仲間の3人に、「ギレルモはニュージーランドでピーター・ジャクソンと一緒に『ホビット』のシナリオを書いてなきゃいけないのに、放ってきたんだぜ!」てなこと言われてからかわれております。
この記事で『ホビットの冒険』に関係する部分はそこだけ(笑)なんですが、妙に可笑しかったので御紹介。

そのギレルモ監督、映画祭の会場ではやはり『ホビットの冒険』に関する情報を知りたい記者たちに追い掛け回されていたようですが、これでなかなか口が堅い。
MTVによるインタビューで、『ホビットの冒険』の続編のタイトルやキャスティングについて問われた監督。リポーターが何とか聞き出すのに成功した情報は、監督の胸の内では、ビルボ・バギンズ役の俳優は4人の候補に絞られているということのみでありました。その中に、以前噂になったジェームズ・マカヴォイやダニエル・ラドクリフ等の名があるのか否かは全く不明であります。

*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
昨年も沢山のコメント、有難うございました(^-^) こちらこそ、今年も宜しくお願い致しますね。
サーのガンダルフについての見解が正しいか否かはさておき(笑)、観衆の心を一瞬で掴んでしまう堂々たる話しっぷりとカリスマ性は凄いですね。
『ホビットの冒険』で、LotR3部作とはまた違ったガンダルフの顔が見られることを、本当に楽しみにしています♪
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/79-1d9a3b6c
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。