スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サー・イアン・マッケラン、GDTとディナー&ガンダルフはゲイ!?

2009年01月17日 23:25

映画『ホビットの冒険』の公開を心待ちにしている同士の皆さま、
あけましておめでとうございます!(遅すぎです★)
今年も先取り情報とネタばれ収集に奔走してまいりますので、お付き合いの程宜しくお願い申し上げま~す!
さて、今年第一回目の記事ではありますが、実際のところ『ホビット』関連の情報については、クリスマス休暇前から殆ど動きがございません。脚本の進行具合と同時にキャスティングが気になるところですが、春頃まではそんなに大きな動きはないものと予測されます。
そんな訳で、今回はキャストに関するこぼれ話的な内容でありますが…、

先週、アメリカのテレビ批評家協会(TCA)が主催する「2009 TCAウインター・プレス・ツアー」(全米各テレビ局の報道関係者に向けた新作番組のお披露目イベント)が、カリフォルニア州はロサンゼルスにて開催されました。
1月7日の初日には、“グレート・パフォーマンス・バージョン”の『リア王』を引っさげて、我らがサー・イアン・マッケランも出席されたのであります♪
そこで、会場のリポーターから(ジョークのつもりで?)『ロード・オブ・ザ・フライ』(オイオイ!)にまた出演されますか?」との質問を受けたサー、

「『蝿の王』(*1954年に出版された、ウィリアム・ ゴールディングの小説)だって?それより私は「やぁ、ダンブルドア!」って、よく言われるんだよ。だから訂正して、「いやいや、それはマイケル・ガンボンだよ」って答えるんだ。私が演じるのは本当の魔法使いなんだ。最高の魔法使いさ。ローリングが、ダンブルドアはゲイだったと発言した(当時のニュースはコチラ)せいで混乱を招いたんだろうが、ガンダルフがゲイかどうかはまた別の問題だね。でも原作では彼の妻はまったく言及されていないんだ。それに彼は7000歳なんだよ。セックスの経験くらいあったろうさ」
と、ちょっぴり問題発言(^^; そして、

「我々は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのリメイクをしようとしているんじゃない。『ホビットの冒険』を撮るんだよ。ガンダルフの行動も、シナリオの場面ごと、また一行一行にいたるまで3部作とは異なるものだし、舞台も新たな場所で展開することになるんだ」
と完全に新しい脚本であることを強調。更に、現在LA滞在中のギレルモ・デル・トロ監督にディナーに招待されていることも明かしました。
「招待されたことをとても嬉しく思っているよ。彼は私のことを忘れていなかったんだ」
(Source:HITFIX
さて、イギリスで上演された『リア王』の舞台では、タイトルロールを演じた彼のヌードシーンが話題となりましたが、アメリカで一般向けにTV放映されるヴァージョンからは外されるとのこと。
サー・イアンは元々、この舞台でヌードになることには懐疑的だったようで、
「一般的に男性、または女性が舞台の上で服を脱げば、観客の注意は必然的に普段隠された部分に集まるだろう。でもその瞬間、その場面から重要な何かが失われることになると思うんだ。それがただ、散漫な観客の注意を集める為に意図されたのなら、こんなに割に合わないことはないね」
と語っております。(Source:The Huffington Post

ご存知の通りサー・イアン・マッケランは、ゲイであることをカミングアウトしてから20年来、同性愛者の権利擁護活動に積極的に携わってきました(*ちなみに、ナイトに叙勲されたのはカミングアウト後なんですよ)。今回の“ガンダルフはゲイかもね”発言も、『リア王』でのヌードを、彼が同性愛者であることに暗に絡めて必要以上に煽るマスコミへの、サーの反骨精神の顕れというか挑発だったのかもしれません(昨年11月に同州で可決された、同性結婚権廃止への抗議が念頭にあったのかも…というのは深読みし過ぎ?)

翌8日には、米ケーブルチャンネルAMC制作のTVミニシリーズ、『プリズナーNo.6』(*1967年に放送された英国カルトTVシリーズの金字塔。今回はそのリメイクで、サーはNo.2と呼ばれる監視役を演じます)のグループインタビューにおいて、次のように話しました。

「12時間(インタビューのタイミングが)早かったね。デル・トロ監督との夕食は今晩なんだ。私は(『ホビットの冒険』への)出演を約束されたよ。大好きなニュージーランドで撮るんだ。私のためにあるような理想的な仕事じゃないか。本当に幸運だよ」(Source:SCI FI Wire

その晩、ギレルモ監督とサー・イアンとの間でどのような話し合いがもたれたのか大変気になるところですが、ファンとしては、公式な出演契約に向けて、更なる前進があったと信じて疑いません。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
拍手コメントを下さったご当人も忘れそうな頃にお返事……すびばせんm(_ _;)m
本当に公開年延期の噂には驚きましたよね。予定通り2011年末でも長い道のりですが、その間こうして皆さまと盛り上がれて嬉しい時間でもあります。
アドベントカレンダーの応援も有難うございましたv 今年の待降節頃には、この冬と比べ物にならない量の情報が出ているものと思われますので、今から体力と英語力(…こっちは無理そう★)付けて頑張りたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/78-f76d7fd2
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。