スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィゴ、『ホビット』のヒントを語る?

2008年12月05日 21:11

Alatriste [Import]Alatriste [Import]

Viggo Mortensen/Elena Anaya

商品詳細を見る

日本でも『アラトリステ』のロードショーを13日に控えた(尤も、映画は2006年のですけど(^^;)、ヴィゴ・モーテンセンですが、本国アメリカではこの10月に『Appaloosa(アパルーサの決闘)』が公開され、そして『Good』も年末公開を待つばかりと出演作が目白押しで、今や押しも押されぬ売れっ子&実力派俳優となった感がありますね。

今回は、Aint it Cool Newsが10月に行ったという新作に関するインタビューの中から、エンタテイメント欄担当の記者ならば訊かずには終われない(^o^ 『ホビットの冒険』に関する質問の部分を、抜粋してお届けです!

  *   *   *   *   *   *   *   *  

インタビュアー「さて、私はこれについて訊かない訳にはいきません。でないと職を失うので…」
ヴィゴ「『ホビットの冒険』かい?(笑)」
インタビュアー「そうです。ピーター・ジャクソンは、あなたに未だ連絡していないものと推測しますが、それでも『ホビット』に出演の意志がおありですよね?」
ヴィゴ「そうだね…原作通りなら、最初の映画には僕の出番はないよね」
インタビュアー「ええ、そうですね」
ヴィゴ「2番目の映画なら、物語を面白くする上でも、興行収入上の理由でも、監督たちは僕の出番を考えているだろうね。
彼らは合法的に使用権がある『指輪物語』の追補篇を使用すると思うよ。例えば『シルマリルの物語』から望むもの全てを使用する権利があるとは思えないからね。
例えば、僕たちは(LotRで)こんなシーケンスを撮ったんだ。
リヴ・タイラーと僕はロリアンを漫ろ歩いている。僕は黙りこくっていて、レゴラスが着ていたようなエルフの服を着ている。鬚はなくてね。髪は長くて部分的に三つ編みで、エルフの若い殿様のように見えるんだ。そして、僕は確か裸足で、彼女と花の中を歩いている。
二人は婚約前で、古めかしい衣装のせいで似通って見えるんだ。そして僕は普段より若く見える。鬚がないことや、他の全てのことでね。
そう、それは追憶の中のことで、彼女を回想する時の一つの瞬間として使用される筈だったんだ。でも、それは使われなかったんだよ。だから彼らはそれを使用することも、その手法で他のことを撮ることだって出来たんだ。それがどんなものになったかは分からないが、彼らがトールキンの精神に基づいたものを作ろうとしていたことを確信して疑わないよ。
人々は皆多くのことを僕に訊きたがる。そして僕は言うんだ、はっきりと。『誰も僕のところには来てないよ』ってね。でも、僕は監督たちのすることを、僕の目から見て正しいと思えば、少しも驚かないだろうね。
勿論、オリジナルの映画でアラゴルン役を演じた俳優として、この仕事を--良いシナリオも、ろくでもないことも含む全ての仕事を、やり遂げたいと思っているよ。他の役者がそれをするのを見るよりはね」
インタビュアー「ええ、勿論。誰もあなた以外を望まないでしょう」
ヴィゴ「つまり、僕は原則的には、君の読者の何人かがそう思うのと同じくらい、この計画には興味があるってことだよ(笑)」

  *   *   *   *   *   *   *   *  

2012年公開予定の二番目の映画では、“エルフの若殿”ルックの麗しいアラゴルンが、今度こそ見られるのでしょうか?楽しみに待ちたいと思いま~す(*^^*)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/75-2645d546
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。