スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビットの冒険』の撮影期間は370日!?

2008年12月04日 05:43

Hellboy 2: The Golden Army [Original Motion Picture Soundtrack]Hellboy 2: The Golden Army [Original Motion Picture Soundtrack]
(2008/07/15)

商品詳細を見る

『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』のブルー・レイディスク発売を記念して、デル・トロ監督とファンとのライブチャットが Universal Hidef.com にて、先月の23日に行われました。
実はこのチャット、ウェブ対応のBDプレイヤーによって行われ、トランスクリプトの閲覧にも同サイトへの会員登録が必要でありました。
そんな訳で、チャットが23日に行われることは事前に知っていたのですが、会員登録を厭わないマメな英語圏のファンがどこかのサイトにUPしてくれる迄、その内容については“おあずけ”だなぁと指をくわえて待っていたのであります。
最近になって漸くBilboHobbit.com (Special Thanks!)にて、『ホビットの冒険』に関する部分のトランスクリプトが掲載されていることが分かりましたので、こうして記事をお届けすることが出来たという次第です。

前置きが長くなりましたが、その“なんちゃって翻訳”でございます。ドゾ!

  *   *   *   *   *   *   *   *  

Q 「ユニバーサルの発表によれば、『ホビットの冒険』を撮り終えた後のあなたの映画スケジュールはかなり忙しいようですが、我々は『ヘルボーイ3』を観ることが出来るでしょうか?」
GDT 「僕は勿論そのつもりだよ!だけど、最終的には全て会社判断だし、映画会社の体制というものはえてして、非常に急速に変わってしまうものだからね」

Q 「『ヘルボーイ2』で働いたスタッフたちは、『ホビットの冒険』にも加わりますか?」
GDT 「そうあって欲しいね。ミニョーラ(*マイク・ミニョーラ:コミック作家で、原案と製作総指揮を担当)、バーロウ(*ウェイン・D・バーロウ:ビジュアルデザイナー)、スペクトラル・モーション社(*VFX工房)、ギレルモ・ナヴァロ(*撮影)、それに他のスタッフたちも…」

Q 「作曲家のダニー・エルフマンとは、この先のプロジェクトで一緒に仕事をする予定がありますか?」
GDT 「勿論だよ。だけど『ホビット』の後になるね」

Q 「『ヘルボーイ2』は『ホビットの冒険』を撮影する準備として役立ったと思いますか?」
GDT 「技術的な面で言えば答えはイエスだね。挑戦なしに『ホビットの冒険』は撮れないよ。LotR3部作と同じくらい夢中にさせられる、広大な世界の創造と拡張への挑戦なんだ。それは敬意と熱意、そして創造力との正しい調合でもって、トールキンの原作にアプローチすることなんだ」

Q 「『ヘルボーイ2』のようにクールなクリーチャーが、『ホビット』でも見られるでしょうか?」
GDT 「そりゃもう、たくさんね。ゴブリンの王国やスマウグ、それに闇の森のクモたち!
僕たちはクリーチャーを創り出すのに、CGIとアニマトロニクスをシームレスで融合させた最先端の技術でもって、新しい芸術形式を生み出そうと努力しているんだ」
Q 「『ヘルボーイ2』で使われた特定の特殊効果や技術を、『ホビットの冒険』でも使用されますか?」
GDT 「ああ。でも違うやり方でね。これまでにない方法で、驚くべきCGIと人形の混合をお見せするよ!一つのテクニックが終わって他のが始まる境界は、『ヘルボーイ2』や『ブレイド2』、また『パンズ・ラビリンス』のように明確じゃないんだ。どちらも遥かに進歩したものになる予定だよ」

Q 「『ホビットの冒険』の撮影は、いつから始まりますか?」
GDT 「2010年から始まって、370日間かけて撮るつもりでいるよ」

Q 「『ホビットの冒険』を初めて読んだのは、何歳の時でしたか?」
GDT 「10歳から11歳の間だったと思うよ。最初に買った版は1973年の印刷で、“ミノタウロ”と呼ばれている大手出版社から発行された(それは僕の少年期における、SFやファンタジー、そしてホラー本の収集の基準だったんだ)直後に買ったと記憶しているよ」

Q 「『ホビット』のシナリオに、どの位前から着手していましたか?」
GDT 「公式に言うけど、ピーター・ジャクソンも僕も、『ヘルボーイ2』が完全に完成するまで、どんなに僅かなコンタクトも取ることはなかったよ。2007年の12月に映画が完了して初めて呼び出しを受けたんだ。だから『ホビットの冒険』の映像化については、『ヘルボーイ2』の間に先行することはなかったんだよ」

Q 「『ホビットの冒険』でも、ギレルモ・ナヴァロ(*前出の撮影監督)と一緒に仕事をしますか?」
GDT 「そうしたいね!」

Q 「マイク・ミニョーラ(*前出のコミック作家)とは?」
GDT 「彼がデザインの現場で、1~2週間一緒に働いてくれないかと祈ってるところさ」

Q 「あなたにとって、ビルボ・バギンズ役の筆頭候補は誰でしょう?」
GDT 「うまくいけば、僕たちは間もなく、それを明らかにすることが出来るよ!」

  *   *   *   *   *   *   *   *  

という訳で、もうとっくに叶えられないものと思っていた「ビルボ役正式発表クリスマス説」6月5日の記事参照)が、ひょっとしたらまだ有効かもしれない口ぶりでありますね。ギレルモさん、ファンにステキなクリスマスプレゼントをお願いしますよ!
そして、撮影日数370日というのは、通常の映画と比べると異例な長さですね。
それから、キャストだけでなく、スタッフも“デル・トロ ファミリー”が多数参加することになりそうな気配ですが、いずれにしても『ホビットの冒険』に賭ける監督の並々ならぬ熱意が伝わってくるライブチャットでありました(^-^)

*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
なかなか更新できないうちに、お返事遅くなってゴメンナサイです~~~!!
『ピノキオ』、ワタクシも子供心に主人公の愚かさがイヤだなぁと思ったものですが、当時「すごく面白い」と思った物語は悉く忘れ、「納得いかない」と思った物語だけ覚えていますから、普遍的なテーマ性を持った物語というのはそういうものかもしれません。
それにしても、グリムリー版『ピノキオ』、面白そうですよね!ヲタク心をすっごくくすぐられます(笑)
これも『ホビットの冒険』の後になりましょうから、体力つけて一緒に待ちましょうねー♪
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/74-225f3d95
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。