スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(後半)

2013年10月31日 23:59

10月29日(火) *『竜に奪われた王国』上映時間160分の噂。
 TORnはイギリスの映画関係者からの情報として、『ホビット 竜に奪われた王国』の上映時間を160分(2時間40分)と伝えています。この上映時間で映画館の上映プログラムを組んでいるのだとか。10月17日にはBoxOffice.comのフォーラムに156分の情報が投稿されていましたが、ワールドプレミア直前まで編集を続けるとしても、だいたいこの位の長さで最終調整されるのでしょう。 【TORn】
10月28日(月) *米デニーズ、『ホビット 竜に奪われた王国』のメイキングビデオ独占公開。
 『ホビット』のタイアップメニューを11月5日から展開予定の米デニーズは、『竜に奪われた王国』のメイキングビデオを独占ネット公開しました。
ビヨルンの館のドワーフたちの撮影風景や美術セット、そしてキャストのインタビューと興味深い内容になっています。森の動物を象ったチェスセットが可愛い…! 【Youtube(Denny's)】



*EMPIRE、『ホビット 竜に奪われた王国』特集号を5種類の表紙で発売。
 イギリスの代表的な映画雑誌EMPIREは、最新号である2013年12月号で『ホビット 竜に奪われた王国』を特集しました。
『竜に奪われた王国』特別号は、ビルボ、ガンダルフ、トーリン、そしてバルドのキャラクターをあしらった表紙の他に、定期購読者用の限定版を含む5種類の表紙で発行。特集記事には、表紙になった4人(マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、イアン・マッケラン、それにルーク・エヴァンズ)のスペシャル・インタビューも含まれています。 【EMPIRE】 【Comic Book Movie】
 
  
10月27日(日) *『ホビット 竜に奪われた王国』第3、第4TVスポット公開。 【YouTube(#4)】 【YouTube(#5)】
10月26日(土) *『竜に奪われた王国』ワールドワイド・ファンイベント開催の発表。
 ワーナー・ブラザーズは、11月4日月曜日 14:00 PT/17:00 ET(日本時間:11月5日 午前7時)に『ホビット 竜に奪われた王国』の世界的なファンイベントを開催すると発表。ニューヨークやロンドンなど4つのホスト映画館に、ピーター・ジャクソン監督を始め『竜に奪われた王国』のキャストのメンバーが出向き、それぞれを衛星回線で結んで、世界同時にQ&Aライブとフッテージの上映を行うというもの。
この様子はライブ・ストリーミング配信も行われる予定で、イベントへの参加方法の詳細は後日、公式facebokやTwitterを通して発表になるとのことです。 【fasebook(Peter Jackson)】 【The Hobbit Movie】
10月22日(火) *『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション、デジタルダウンロード版発売開始。 【iTunes】

10月21日(月) *ニュージーランド・ポスト、『竜に奪われた王国』のキャラクターをあしらった切手とコインのラインナップ発表。
 ビルボやトーリンなど『思いがけない冒険』でお馴染みのキャラクターを始め、バルドやレゴラス、タウリエルといった第2部に登場するキャラクターがデザインされた切手と、スマウグやドワーフたち、それにスランドゥイルやアゾグなどの姿が刻まれたコインのセットがそれぞれ発表になりました。
切手は2013年11月1日発売、コインは11月半ばから12月の発売を予定しており、いずれもラインナップ発表と同時に予約を受け付けています。 【NZ Post(切手)】 【NZ Post(コイン)】

10月19日(土) *『竜に奪われた王国』サウンドトラック、アナログレコード予約開始。
 ニュージーランド交響楽団による録音作業が終了した『ホビット 竜に奪われた王国』のサウンドトラックですが、通常のデジタルCDの他に、アナログレコード(LP盤)でも発売されることが明らかになりました。2枚組で2013年12月3日発売予定です。
なお、『ホビット 思いがけない冒険』同様、2枚組の特別版(Special Edition )CDがWaterTower Musicより12月10日発売予定であることが確認されていますが、“特別版”に対して、第1部同様“通常版”の発売があるのかどうか、まだ明らかになっていません。 【Amazon.co.jp(LP)】 【Amazon.com(CD)】
 
10月17日(木)
*ワーナー・ブラザーズ・ドイツ、『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディションのトレーラーを公開。
 トゥック爺の夏至パーティーでのガンダルフの花火、裂け谷で踊るドワーフたちなど、拡張シーンの一部が見られます。英語版(オリジナル)もおそらくⅠ〜2日中に公開されると思います。 【YouTube(WB.Deutschland)】



*『ホビット 竜に奪われた王国』上映時間156分の噂。
 BoxOffice.comのフォーラムにおいて、あるユーザーは、ハリウッド関係者の間で回覧されている『ホビット 竜に奪われた王国』の “For Your Consideration ”(「ご検討お願いします」の意で、映画制作者がアカデミー賞会員に向けて投票を懇願する広告のお決まり文句)用小冊子に、156分の上映時間が記載されていたと報告しています。
第1部では、前半がやや冗長だという批判もあったことや、日本での興行上の不振で上映時間の長さを指摘する声もあったことを思えば、14分短い上映時間は妥当なのかもしれません。 【BoxOffice.com】

*オーストラリア国際映画祭2013で、『ホビット 思いがけない冒険』リアルD賞受賞。
第69回AIMC(Australian International Movie Convention)において、『ホビット 思いがけない冒険』は、オーストラリアで最も興収を上げた3D映画として、リアルディー賞(Real D Award)を受賞しました。
また、『ホビット 思いがけない冒険』の撮影監督でLotR3部作の撮影も手掛けたオーストラリア人のアンドリュー・レスニーは、マレー・フォレスト賞(Murray Forrest Award)を受賞しました。 【The Australian】
10月16日(水) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 竜に奪われた王国』の新バナーを公開。 【fasebook(The Hobbit)】

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/433-b5faa202
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。