スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(前半)

2013年10月16日 02:38

10月15日(月) *ニュージーランド航空、機内ビデオで『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション上映。
本編の拡張シーンのレポートがネット上で話題に。特に裂け谷でのドワーフたちのユーモラスなエピソードが圧巻です。 【tumblr(forty-six hours in a day)】

*TORn、『竜に奪われた王国』のワールド・プレミアは12月2日ロサンゼルスと報告。
 TORnは既に今年8月の時点で、信頼出来る筋からの情報として、『ホビット』第2部のワールドプレミアの開催地をロサンゼルスと伝えていましたが、今回はそれが12月2日であると伝えています。
12月1日にはTORn主催のワールドプレミアパーティーをロスにて開催予定とのことで、公式からの発表はまだですが、どこか確かな筋からのソースによるものと思われます。 【TORn】

10月12日(土)
*『ホビット 竜に奪われた王国』2014公式カレンダーより、バルドの娘たちのスチル流出。
 映画では原作と違って、弓の名手バルドにはバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。ボフール役のジェームズ・ネスビットがリリック劇場のセッションで語ったところによれば、彼のお嬢さんたち(Peggyさん15歳とMaryさん11歳) がこの2人を演じたとのこと。
写真を見た感じでは、バインにはしっかり者のお姉さんと、愛らしい妹がいるようですね。 【fasebook(TORn)】 【El Anillo Único】
 
10月10日(木)
*『竜に奪われた王国』TVスポット第3弾(30秒)公開。
  第1弾、第2弾同様、劇場用予告編2本で使用した映像を再編集したものですが、スランドゥイルやガンダルフ、そしてビルボの新しい台詞を聞くことが出来ます。
なお、スポットの終わりには「11月21日前売り券発売」の字幕も入り、アメリカでのチケット発売が来月21日から始まることも明らかになりました。 【facebook(The Hobbit)】
 *『ホビット 竜に奪われた王国』2014公式カレンダーより、スランドゥイル他未公開画像流出。 【tumblr(The Heirs of Durin)】

 
10月8日(火) *NZポスト、『ホビット 竜に奪われた王国』の記念切手及びコインを、10月中旬より予約開始と発表。 【facebook(New Zealand Stamps and Coins)】

10月7日(月) *ニュージーランド交響楽団、『竜に奪われた王国』サントラのレコーディング・セッション終了の噂。
 映画音楽の作曲家であり、またオーケストレーター(管弦楽の編曲家)でもあるコンラッド・ホープ氏は、今回『ホビット 竜に奪われた王国』のサウンドトラックでは、作曲家のハワード・ショアと共に働いています。
彼がfacebookで語った(*該当記事が確認出来ないので、噂扱いにしています)ところによりますと、7日の夜サウンドトラックの収録のためのセッションが無事終了したとのことです。
ポープ氏は、「 NZSOと音楽を制作することは素晴らしかった。再び彼らと仕事をするのが楽しみだ。彼らは素晴らしいコンサート・オーケストラであるばかりではなく、注目に値するフィルム・オーケストラでもある」と絶賛したとか。 【TORn forum】
10月4日(金)
*ビヨルン(人間時)の画像がネット流出。
 イタリアのトールキンファンサイトHobbit Filmにおいて、『ホビット』シリーズのトップシークレットキャラクターの一人である、熊の人ビヨルン(ミカエル・パーシュブラント)の人間時の姿の写真が掲載されました。
これは、Danio社のThe Hobbit 2014 A6 Diary(The Hobbit: The Desolation of Smaug Desk Diary 2014)をデジタルカメラで撮ったもので、同日中には他のページの画像もUPされ、エレボールの秘密の入り口の地図と鍵をもったトーリンなどの未公開画像も紹介されました。 【HobbitFilm.it】(ビヨルン)(他の画像)
 
 *『ホビット』の制作費はLotR3部作の倍以上とAP通信が報告。
 New Zealand 's Companies Officeがオンライン上で公表しているfinancial documentsによれば、映画『ホビット』の制作にかかった費用は、今年3月末時点で6億7600万NZドル(5億6100万米ドル)で、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のおよそ2倍とのこと。
この金額には、この夏行われた追加撮影と、第2部及び第3部のポスト・プロダクション作業の費用は含まれておらず、最終的にこの数字は更に大きくなることは必至です。豪華な配役によるスターたちの出演料よりも、HFR3Dの新技術を開発・導入したことが制作費の増大に繋がったようです。 【abcNEWS(AP)】
10月3日(木) *米デニーズ、『ホビット 竜に奪われた王国』キャンペーンで「最高の中つ国ファンを探そう」ビデオコンテスト開催発表。
 昨年も『思いがけない冒険』をイメージしたメニューや、メイキング映像の独占公開などのキャンペーンが話題になった米デニーズですが、今年も『竜に奪われた王国』のタイアップメニューを11月5日から各店舗で展開すると共に、「最高の中つ国ファンを探そう(The Seach for Middle-Earth's Greatest Fan)ビデオコンテスト」を開催すると発表しました。
これは、自薦他薦を問わず「我こそは究極のホビットファン!」であるというアピールを60秒以内の動画にまとめて応募するというもので、大賞は最終候補者の中からピーター・ジャクソン監督自身が選出するとのこと。
賞品は『ホビット』キャスト&クルーと一緒の『竜に奪われた王国』ワールドプレミア上映会にペアで招待(2泊3日の旅の航空チケット、ホテル宿泊及び500ドルのお小遣い、そしてオークなし!)をはじめ、『ホビット』ファンには非常に魅力的な内容になっています。
生憎アメリカ居住者にしか応募資格はありませんが、アメリカにお住まいのファンの皆さまは、チャレンジされてみるものよろしいかと。 【Denny's】

*『竜に奪われた王国』60秒TVスポット2本、アメリカで公開。 【The Movie Box】
10月1日(火) *イアン・マッケランとオーランド・ブルーム、「TODAY」に出演、『竜に奪われた王国』について語る。
 10月1日に予告編が解禁されたことを受けて、米NBCの番組「TODAY」にガンダルフ役のサー・イアン・マッケランと、レゴラス役のオーランド・ブルームがゲスト出演。『ホビット』撮影中のエピソードなどを語りました。
オーランドは、「グリーンスクリーンの前でワイヤーに逆さまに吊られて、自分が何をしているかさっぱり分からなかったよ。飛び跳ねて空中で何かを刺して…それがようやく(ポスト・プロダクション作業を経て)映像になると、ぼくが考えていたよりすごくいい出来なんだ!嬉しかったね」と語り、サー・イアンは「ピーター・ジャクソンは、彼がこれまでに作った全ての作品の中でも、この映画はお気に入りだと言っていたよ」と話しています。 【TODAY.com】

Visit NBCNews.com for breaking news, world news, and news about the economy

*『ホビット 竜に奪われた王国』第2予告編公開。
 10月1日6am PT(日本時間22時)、『竜に奪われた王国』の第2予告編がオンライン公開されました(翌日には日本語字幕版も公開)
尺は第1予告編よりも22秒長い2分23秒、噂のスマウグはその姿を現しませんでしたが、ベネディクト・カンバーバッチの地の底から響くような恐ろしげな、それでいてどこか甘くて幻惑されそうな竜の声が印象的でした。 【facebook(The Hobbit)】



*『竜に奪われた王国』キャラクターバナー全5種公開。
 ワーナー・ブラザーズによる「10月1日『ホビット 竜に奪われた王国』新予告編公開」の発表があってから、予告編の期待を更に高めるかのように、第2部で活躍するキャラクターをあしらったバナーポスターが、数時間置きに次々とお目見えしました。
この日公開されたバナーは結局、闇の森のビルボとドワーフに続いて、スランドゥイル、弓を構えるバルド(背景には湖の町の統領とアルフリードの姿も)、ドル・グルドゥアのガンダルフ、そしてレゴラスとタウリエルの計5種類となりました。 【facebook(The Hobbit)】(第1弾)(第2弾)(第3弾)(第4弾)(第5弾)
 
 
  
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Re:『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(前半)

    kikiさま、はじめまして。

    ライブ配信を見ながら、同時にTwitterのTLに流れてくる各国の様子を、片っ端から「お気に入り」にして眺めておりました。
    ですから、こうして参加された方の生の声が(しかも母国の言葉で)聞けるとは、どんなにか嬉しいことでしょう!ありがとうございます*^^*

    ファンイベント独特の楽しげな空気が伝わってきて、羨ましい限りです。
    配信されたもの以外に、20分もの新しい映像を堪能されたのですね!
    しかも重要なシーンとは、PJは本当に気前がいいですね。
    仰る通り、作品に自信がなければ出来ないことですよね、否が応でも期待が高まります。

    残業の疲れも吹き飛ぶ、嬉しいレポートをありがとうございました!
    日々仕事をこなしながらの更新ですので、情報ブログとしてはあまり機能していなかったりするのですが、宜しければこれからも覗いてやって下さいね。
    トロントにお住まいになっていらっしゃるのでしょうか?
    そちらはもう、東京の冬並みの冷え込みと思いますが、くれぐれもご自愛下さいませ。

  2. kiki | URL | -

    Re:『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(前半)

    あんじぇさん、はじめまして!

    いつも大変お世話になっております。
    PjのThe Hobbitの第一作目公開前から、こちらに何度もおじゃましては
    いろいろ情報を頂いていました。この場を借りてお礼を言わせて下さい。
    いつも本当にありがとうございます。

    こちらに書くのは場所違いかとは思いましたが、
    昨日、Tronto会場でThe Hobbitのイベントに参加してきました。
    少しだけ様子をお知らせします。
    16時開場でしたが、15時前から30名くらい並んでいたでしょうか。
    チケット取得権はあるものの、早く来たものから配布で確証はないとのことで
    早めに着きましたが、Tronto会場はまだまだ受け入れの余裕がありそうでした。
    ポップコーンとソフトドリンクが振舞われ、The Hobbitロゴ入り、
    イベントの日付、会場の場所入りのTシャツとスポンサーのヴァージン社の
    首掛けストラップ。1m以上はあるなが~いバーナーを頂きました。
    17時開演で、映画館の大画面にライブ中継が映し出され、内容は、
    ネットで皆さんがご覧になったものと同じだと思います。
    ライブは18時に終了しましたが、その後で、PJから、
    くれぐれもスポイルしないようにとの注意を受けた後、件の主題歌の披露が
    あり、その後で、新作の場面を3カ所位計20分位に渡り見せて頂きました。
    内容はPJとの約束で言えませんが、とてもとても面白かったです。
    前作を更に更に上回ると思います。ご披露頂いたシーンは、映画の中でも
    大変重要な場面だったんじゃないかと思いますが、惜しげもなくw
    ってことは、それ以上におもしろいはずです。

    子供の書くようなお粗末なレポですみません。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

    不適切なコメの様でしたらどうぞ消去して下さいね。

    kiki

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/429-1d102a59
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。