スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』に関する最近の小ネタ色々/その3:ビヨルンの姿を推理する

2013年09月21日 14:45

■その3:撮影現場目撃談から、ビヨルンの姿(人間時)を推理する

7月末にスペインの玩具メーカー SD Toysが、自社製品の『ホビット スマウグの荒らし場』2014年カレンダーの画像をfacebookにUPしました。その裏表紙には人の姿をとっているビヨルンが含まれており、小さな画像ではありましたが、これが最初のビヨルン写真の流出となりました(同社は現在、商品画像の掲載を差し控えています)

さて、最近になってThe One Ring.netが、2011年後半にクイーンズタウンのグレノーキーに建設されたビヨルンの館のオープンセットにおいて、偶然撮影を見ることが出来た関係者による“ビヨルン目撃談”を紹介しました。その“人相書き”によりますと…。

ミカエル・パーシュブラントの6フィート以上ある体格は、灰色がかった茶色の「たてがみ」のせいでさらに恐ろしく見えました。
彼は俳優のためのドレッシングガウンを着て、クルーがそこら中を駆け回って家畜の世話をし、場面のセッティングをしている間、サー・ピーターの傍で辛抱強く立っています。
同様にパーシュブラントの両の頬から顎へと伸びる剛毛の顎鬚も人目を引きます。それはマトンチョップ(*もみあげとつながり、上端が細く下端は広がった頬髭)をはるかに越えていますが、完全なフレンチフォーク(*口髭と、頬髭に続く2つに割れた顎鬚を特徴とするひげのスタイル)ではありません。実際のところ、この顎鬚は猪の牙に似ていて、好戦的に見物人のほうへ突出しています。
荒々しいぼさぼさの眉毛は、ビヨルンの顔を作り上げ、彼の目に深くくぼんだ、鋭い表情を与えています。小さなビルボには、さぞかし恐ろしいことでしょう。

TORnの記者はこの報告による描写が、今年のトールキンカレンダーに載っていたジョン・ハウとアラン・リー両画伯の共作によるイラストレーションに描かれた人物と似ており、これはビヨルンのコンセプト画ではないかと推理しています。下の画像の、中央右側の筋骨逞しい髭面の人物です。


*このイラストについてジョン・ハウは自身のサイトにて、「トールキン・カレンダー2013のためのアラン・リーとのコラボレーションの成果。もし、誰がどれを描いたか当てられるなら無料でどうぞ。いやいや、勿論冗談です(でも、推測してみる分には何の差し支えもないですよ)」と説明しています。チャレンジしてみては如何でしょう。



また、撮影時の現場のスナップから、小さく写っているミカエル・パーシュブラントを拡大した写真も、TORnのコメント欄にUPされました。上の画像の右側2枚がそうです。
いずれも不鮮明ではありますが、最初に流出した写真(上画像左端)とこれら全てを統合してみると、映画版ビヨルンの姿をかなり具体的に思い描くことが出来そうです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/425-6d5086f1
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。