スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)

2013年09月13日 07:20

8月30日にThe One Ring.netに掲載されたDeciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題したCaptain Salt さんによる考察の後半です。
こちらも前編同様、あくまでも「予想」ではありますが、映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでおります。ネタばれに抵抗がある方はご注意下さい(*なお、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)

■Act 2

ある時点で、ドワーフたちはエルフの地下牢から脱出します(LEGOのプレイセットは、このシーケンスが原作にある程度忠実なのを伝えています)



タウリエルは閉じ込められていたドワーフたちが逃れたのを知って、「独房は空です!」とエルフ語で報告します(*19) 樽での脱出は、原作とは全く対照的に、ビルボとドワーフたちはとても人目を引きます。逃走の間中、トーリンと仲間たちは、レゴラスとタウリエル及び森のエルフたち、それにアゾグとオークの追っ手たちとの三つ巴の交戦を繰り広げます。これはかなり大きなアクションシーンとなります。

【注19】2011月10月2日、『リアル・スティール』のワールドプレミア会場で、エヴァンジェリンはインタビューに答えて、エルフ語で「Come Now!」と「The cells are empty!」を披露しました(動画参照)

ガンダルフの調査は、彼をドル・グルドゥアへと導きます。「罠」であることを知っているにもかかわらず、彼は砦へ向かい、ここで気が狂った、あるいはアンデッドのスライン(*20)と出会います(その後、スラインを追ってドル・グルドゥアの迷路に入り込むようです)
ブリッジダイレクト社のガンダルフとボルグのアクションフィギュアのセットでは、ボルグを「ネクロマンサーの尋問者」と説明しています。このことは、ネクロマンサーの領地で、ガンダルフがボルグと出会うことを意味しています。

【注20】Captain Saltさんは最新の投稿(TORn 9月10日の記事参照)でも、スライン、そしてアゾグについても、ネクロマンサーの術で命を吹き込まれた(生き返った)という映画設定の可能性について示唆しています。そこから発展して、そもネクロマンサーの「死人占い」または「死人遣い」とはどんな能力なのか、術による蘇生はナズグールとどう違うのか等々、コメント欄でも物議を醸しております。

おそらくガンダルフは、ある時点でラダガストによって救出されます。わたしの考えでは、彼はここで窮地に陥り、ラダガストは彼の能力を使ってガンダルフの脱出を助けるのでしょう。
このあたりで、ラダガストの警告と合わせて、ガンダルフはネクロマンサーの正体を見つけ出すか、結論を導き出すと思われます。そして、ナズグルや他のモンスターは、ガンダルフのドル・グルドゥア調査の間、この部分に登場することも考えられます。また、ラダガスト以外に、ビヨルン、それにレゴラスとタウリエルも関与するかもしれません。

トーリンと仲間たちは、明らかに川の土手で弓遣いのバルドによって拾われ(*21)、湖の町に連れていかれます。オークたちは彼らの後を追ってエスガロスに入り(レゴラスとタウリエルが彼らを追跡します)、タウリエルが後ほど助けることになる少女(名前はおそらくティルダ(22*)です)に怪我を負わせるようです。
湖の町の統領は、表面上は仲間たちを歓迎しますが、彼の手下の“狡猾な役人"であるアルフリードがどのような役割を果たすかは分かっていません。
森のエルフたちによって地下牢で身包み剥がれたあと、ここでビルボとドワーフたちは新しい衣装で装います!

【注21】『The Hobbit:The Desolation of Smaug』スニークピークライブには、岸辺に辿り着いたずぶ濡れのドワーフたちとビルボに声をかけるバルドのシーンが紹介されていました(2013年3月26日の記事参照)
【注22】タウリエルが少女を助ける件については「EMPIRE」2013年8月号の記事に、ティルダという名の少女がバルドの3人の子供のうちの一人であるのは『The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014』に紹介されています(2013年9月1日の記事参照)

バルドは、明らかにこのクエストに関わるのを差し控えているように見えます。おそらくそれは、彼の若い息子のバインとの関係によるのでしょう。
バルドはちょっとした"無頼漢"です。観客は最初、彼がヒーローであるかどうか分かりません。彼はブラガ(マーク・ミッチンソンによって演じられるエスガロスの衛兵長(*23))によって追われます。ブラガは基本的に『ホビット』においてギャムリング(『二つの塔』で、角笛城でヘルムの堤防を守っていた歩哨隊の指揮者)のような位置付けになるでしょう。
どうやらバルドは(少なくとも始めは)湖の町の衛兵ではなく、湖の町の統領の怠慢に逆らってエスガロスの人々を助けるロビン・フッドのような人物で、衛兵の上官であるブラガと争っています。

【注23】マーク・ミッチンソン演じるブラガがどんなキャラクターなのか、名前だけが明らかになってからファンの間で様々な推測がなされてきました。ミニチュアメーカーのゲームズ・ワークショップの新作リリースプランとされる文書が2012年8月9日にネット浮上した際、その中に「Grey Mountain Dragons: Braga & Goldscale Worshippers(灰色山脈の竜:ブラガと“黄金の鱗”の崇拝者)」という項目があり、ブラガはオークではないかと噂されました。
後日、ピーター・ジャクソン監督が2012年7月23日に公開したプロダクションダイアリー第8弾の短いインサートの中に、ドワーフのプロステティックスを施されてはいますが、明らかにマーク・ミッチンソンと思われる俳優が映っている(画像)ことをファンが発見しました(実際に『思いがけない冒険』でエレボールの宝石工の1人として、このドワーフが見られます)
しかし、内部事情に詳しいと思われるファンから「詳細は言えないが、ブラガはドワーフではない、人間だ」との声(Source:TORn Forums)もあがり、どれも確たる証拠がなく推測止まりになっていた---筈だったのですが、Captain Saltさんがエスガロスの衛兵と断言するからには、どこか独自の情報源をお持ちなのかもしれません(どなたかソースご存知でしたら教えて〜^^;)

おそらく湖の町は、トーリンの相続人であることを明らかにされるフィーリとキーリにとっての「晴れ舞台」になると思われます。キーリがエスガロスまでの道でオークによって傷を負った(*24)ので、トーリンははなれ山に出発する前に、彼らをここに残す予定でいるのかもしれません。また、季節が秋から冬に変わることは、仲間たちが長い間湖の町で過すことを意味していると思われます。

【注24】『The Hobbit:The Desolation of Smaug』スニークピークライブによる。樽から出て舟の上で身を寄せるドワーフたちとビルボとの会話で、キーリが脱出中に負傷したことが語られます。



キーリ「何でもない。ただのかすり傷だ」
ビルボ「(かすり傷だって十二分に正当な外傷だよ。ゴブリン、トロル、ワーグ、そのどれも契約にはなかった〜」

■Act 3

ついにトーリンと仲間たちは、はなれ山へ向けて出発します。そして谷間の国の廃墟を通過して、エレボールの入口のドワーフ像を登ります。
おそらく彼らは鍵と隠された岩戸を使うでしょう。そして、ビルボが入口へ入るのを許可します。ビルボはスマウグと遭遇し、正面切って顔を合わせます。それが原作とどのくらい似たシーケンスになるのかは知られていません(ビルボは途中でドラゴンを避け、同様にすごい速さで宝の部屋を通り抜けます)


巨大なドワーフ像を登るトーリン一行(『ホビット 竜に奪われた王国』第1予告編から)

映画の終盤のどこかで、ガンダルフとラダガスト、そしておそらくガラドリエルは(もしかすると他の登場人物も)ネクロマンサーを追い払おうとして、ドル・グルドゥアを攻撃します。
ここで“ガンダルフ人形”が撮影に使用されたということはすなわち、ガンダルフがしばらくの間能力を奪われて、ガラドリエルに運び出されることを意味しているようです(*25)

【注25】「EMPIRE」 2012年12月号の記事より。「「ケイト(・ブランシェット)が運んでいた実物大のガンダルフ人形だが--勿論、本物のわたしを運ぶことなど彼女に出来ないからね、それをわたしたちは、マイケル・ガンボンと呼ぶことにしたんだよ」(イアン・マッケラン)
マイケル・ガンボンとは言わずと知れた、『ハリー・ポッター』シリーズでパート3からダンブルドア校長役を務めた俳優さんです。作者のJ・K・ローリングが2007年に「ダンブルドアはゲイ」発言をしたことから、当時同様に有名なファンタジー小説の魔法使いを演じており、ゲイであることをカミングアウトしているサー・イアンを、公式の場でわざと間違えてマイケル・ガンボンと呼ぶ不埒な輩もいたとのこと。撮影用のガンダルフ人形にマイケル・ガンボンと名前をつけたのは、サーのブラック・ジョークであり反骨心の現れですね。

ピーター・ジャクソン監督はプロダクションダイアリー第1弾で、ネクロマンサーの奥まった部屋のようにみえるものを短く見せています。PJはここで、「彼」(おそらくサウロン)が、「戦いに出て」いって「人々を突き刺す」と話しています。これは兵士たち--おそらく森のエルフたち(ブログでレゴラスとタウリエルがオークたちと戦う古い岩の場面(*26))のことだと思います。






【注26】ブログとありますが、『The Hobbit:The Desolation of Smaug』スニークピークの映像(上画像)や、第1予告編に登場する砦のような岩場の場面だと思われます。

おそらく、ドル・グルドゥアでの戦いと並行して展開するのは、エレボールの斜面(そして壁?)の上での、トーリンと仲間たちとスマウグとの対決です。そこでドワーフたちは竜と敵対して、あらゆる種類のドワーフ流“大砲”や爆薬を使います(*27) これはPJのキャリア上、「最大の」場面であると評されます(これは非常に控えめな表現でしょう)

【注27】「RMPIRE」 2013年8月号による。

今のところ、ビルボとドワーフたちがはなれ山で動きのとれない状態になり、スマウグが湖の町へ飛び立ち、ガンダルフと白の会議はネクロマンサーをドル・グルドゥアから追い出したところで、『竜に奪われた王国』は終わりそうです(しかし、ネクロマンサーを打ち破るには到らず、様々な噂と憶測にもかかわらず、『ゆきて帰りし物語』に彼が登場するかどうかはまだ知ることが出来ません)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/423-a7858387
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。