スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)

2013年09月08日 22:21

8月30日、お馴染みThe One Ring.netに、Deciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題した、3ページに及ぶ考察記事が掲載されました。
これは、『ホビット』の予告編や各種フッテージ映像、また雑誌の記事やキャストのインタビューなどで明らかになった情報の断片を繋ぎ合わせ、それに投稿者であるCaptain Saltさんの推理を合わせて、『ホビット 竜に奪われた王国』のオープニングからエンディングまでを構築してみたものです。

生憎その翌日には、映画のタイアップ本『The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014』のネタばれ満載の中身(2013年9月1日の記事をご参照下さい)がネットに浮上し、話題をもっていかれた感がありましたが、こちらの考察は、言わば今までに登場したネタばれの集大成として、ファンには興味深い読み物になっています。

記事の作者は、情報ひとつひとつのソースに殆ど言及しておりませんので、お節介ながら分かる範囲で、その出所と補足を挟みつつ邦訳してみました(原作のエピソードや、公式予告編に使用されているカットに由来する予測については、特に言及していません)
勿論、実際にこの通りに描かれるかどうかは、映画が公開されてみないことには分かりませんが、高い確立で映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでいると思われます。ネタばれに抵抗がある方は読み進めないで下さいね。(*以下、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)


■プロローグ

わたしたちは、ピーター・ジャクソン監督が、「映画は“よく知られている、しかし予期せぬ”どこかから始まる」と言った(*1)ことを知っています。そして、先日終了した夏の追加撮影の間に、どうやら踊る小馬亭でのシーンが撮影された(*2)ことも分かっています(おそらく、エレボールへの探求の旅を計画しているガンダルフとトーリンのフラッシュバックになるのでしょう)そして、更に多くの材料が、トーリンの父スラインについて存在することが分かっています。
スラインはサー・アントニー・シャーによって演じられ(*3) 、拡大した役割の為にモリアでの戦いを再体験することになっています。両方ともプロローグか、または映画中の他の場面にインサートされることでしょう。

【注1】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。
【注2】スペインのトールキンファンサイト El Anillo Único の記事(2013.5.11)による。
【注3】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。第1部ではスラインをマイク・ミズラーイが演じていましたが、マイクのスケジュールの都合か、あるいは(マイクには失礼ながら)もっと存在感のある俳優を必要とする重要なシーンを追撮したのでしょうか。シェイクスピア俳優として有名な名優アントニー・シャーを改めて起用したようです。

■Act 1

最もありそうな幕開けは、ビヨルンの屋敷に向かうトーリンと仲間たちです。おそらく、アゾグはまだ彼らのあとを追ってくるでしょう。ひょっとしたら、シネマ・コン2012(*4)でのレポートのように、ビルボとガンダルフの間でこんな会話が交わされるかもしれません。

ガンダルフ「あんたはもう、ホビット庄を旅立ったときと同じホビットじゃない。ゴブリンのトンネルの下で、何を見つけたのかな?」
ビルボ「(躊躇い、指輪に指を触れて)ぼくの勇気を」
ガンダルフ「それは結構…この先それが必要となるだろう」

【注4】シネマ・コン2012(2012年4月24日開催)でのレポートとなっていますが、同年7月14日に開催されたサンディエゴ・コミコン2012で上映された『ホビット 思いがけない冒険』のフッテージ映像によるものです。


ブリッジダイレクト社のアクションフィギュアのボルグ。肩当ては熊の足?
トーリンと仲間たちは、ビヨルンの屋敷に到着します。そして、明らかにビヨルンを彼の屋敷に入れないようにするので(*5) 、ビヨルンは怒って彼らを攻撃します。ビヨルンを演じるミカエル・パーシュブラントは、「やっかいな拷問シーン」のために天井に固定された(*6) ことに言及しています。
ブリッジダイレクトのアクションフィギュアによれば、ビヨルンは「彼の種族の最後のひとり」(*7) です。そして、アゾグの息子ボルグの、熊の足を使ったと思われる鎧の肩当てからすれば、ボルグまたはネクロマンサーへの彼の個人的な憎しみがあるというサブプロットが設定されていることも考えられます(これもフラッシュバックになると思います)

あるいは、ビヨルンは『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』のロヒアリムのように仲間の前に現れて、観客に紹介されるかもしれません。そして、明らかにビヨルン自身が、少なくとも一匹のオークを尋問して殺害する場面もあるでしょう。

【注5】『The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014』によれば、ビルボとドワーフたちは、ビヨルン自身によって、ビヨルンの屋敷に追い込まれるようです。(2013年9月1日の記事をご参照下さい)
【注6】スウェーデンのタブロイド紙「Aftonbladet」の記事(2011.9.1)による。原文は「hissas upp i taket」(天井まで吊り上げられた?)
【注7】「EMPIRE」2013年8月号や、『The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014』にも同様の記述があります(同じく、2013年9月1日の記事をご参照のこと)

ガンダルフが、いや増すネクロマンサーの影を調査するために離れている間に、トーリンとその仲間たちは闇の森に入ります。ビデオブログの一つ(*8)によれば、何か差し迫ったことが起こったので、ガンダルフは急遽出発するようです。

ガンダルフ「馬が要る!」
オーリ「どうして?どこへ行くんです!?」
ガンダルフ「答えを捜しにだ!」

おそらく、ビヨルンによってガンダルフに伝えられた情報は、彼をサイドクエストに駆り立てます。そして、何らかの理由で明らかに狼狽して、ここに仲間たちを置き去りにするのです。
ビルボとドワーフたちは闇の森で、原作にある様々な出来事に遭遇します。例えば、魔法のかかった川に落ちて他のドワーフたちに運ばれるボンブール、トーリンの牡鹿、そしてビルボの木登りと蝶たち(この中の一部は、エクステンデッド・エディションになるかもしれません。あるいは簡単なモンタージュの展開になりそうです)

どこかこの方角で、オーリがポーチウィッチ(*9)を見つけて、ドーリを驚愕させる(あるいは興奮させる)かもしれません。

【注8】プロダクションダイアリー第8弾による。主要部分の撮影における最終カットがこのシーンでした。
【注9】ポーチウィッチ(pouch witch)とは何なのか、調べた範囲では分かりませんでした(コメント欄にも What's a pouch witch? と質問が出ておりました)ドーリが驚くのなら、貴重な薬の材料になる珍しいキノコ…とか???(←テキトー)

一方、ガンダルフはラダガストとともに王の墓(ナズグルの地下室)を調査しますが、そこが空であることが判明するだけ(*10)です。以前ドル・グルドゥアを探るガンダルフとエルロンドのことが言及されていました(*11)が、これはガンダルフの助手として、ラダガストと入れ替えられたようです。

【注10】『The Hobbit:The Desolation of Smaug』スニークピークライブ(2013年3月24日配信)で公開されたフッテージ映像:High Fellsを探索するガンダルフから(2013年3月28日の記事参照)
【注11】「EMPIRE」2011年8月号の記事による。

ビルボとドワーフたちは、蜘蛛たちと遭遇します。ドワーフたちは蜘蛛によって糸で絡みとられますが、彼らが捕えられるより前に、明らかに獣たちによって追跡されています。間違いなくビルボは逃れて、蜘蛛たちと対決します。ここでおそらく「つらぬき丸」は名前をつけられるのでしょう。
レゴラスとタウリエルを含む森のエルフたちは、映画では蜘蛛退治に絡んできます(*12)ドワーフたちは捕えられ投獄された後、トーリンはスランドゥイルと緊迫した対面をします。

【注12】LEGOの『ホビット』シリーズ「闇の森の巨大クモ」のプレイセットには、捉われたドワーフたちと、蜘蛛と戦うレゴラスとタウリエルの姿があります。

サブプロットには、エルフ王の衛兵の長であり、レゴラスが彼の父親に倣って最初は孤立主義者であるのに反して、“悪の台頭”(ネクロマンサーのいや増す力への潜在的な反応)への介入について強く考えている、若いシルヴァンエルフであるタウリエルの存在が含まれています。
その上、タウリエルに関するロマンチックな物語が用意されているとの専らの噂です。おそらく、キーリは彼女に魅了されます(*13)(もっとも、わたしたちが知る範囲ではこれは一方通行で、ギムリのガラドリエルへの想いに似たものです)また、レゴラスとタウリエルのロマンスという根強い噂もあります。そして、わたしが最も興味深いと考えているのは、タウリエルがスランドゥイルに報われない愛を抱いているという噂(*14)です。

【注13】TOTAL FILM 2012年夏号による。「宝物を追うだけじゃなく、キーリはエルフの女性、タウリエルのことも追い続けているんだよ。彼は照準を高く設定し過ぎていると思うかい?ぼくは、キーリが決して二人の間に何も起らないことを分かっていると思うんだ」(エイダン・ターナー)
【注14】MoviesSpoilerTV.comが2010年1月にリークした「The Hobbit - Official Casting Call and Plot Details(公式出演者募集、そのプロット詳細)によれば、イタリル(タウリエルに決定する前の名前)は「若いエルフの領主(young ELF LORD)と初めて出会い一目で恋に落ちる…」とありました。

クレイグ・ホールが王の執事ガリオンにキャスティングされ、一方エリー・ケントは「レスイン」という名のエルフを演じます。ロビン・カーも「エルロス」という名前をつけられた(おそらく裂け谷の)エルフを演じるといわれています(*15)しかし、言うまでもなく、彼らがどのように映画に登場するのかは分かりません。

【注15】それぞれの配役のソース--- クレイグ・ホール(ガリオン):Actors.co.nz(FILM – PRE, POST & IN PRODUCTION参照)、エリー・ケント(レスイン):eCster(RESUME参照)、ロビン・カー(エルロス):JONSON & LAIRD

一つまたはそれ以上の場所で、エルフたちはオークたちと戦闘を繰り広げます。森の王国の胸壁、ドル・グルドゥア、川の流れのどこか、またはこれらのオプションの組み合わせで。また、少なくとも一匹以上のオークは、エルフたちによって捕えられて取り調べを受けます。

レゴラス「オークから聞き出せることが、もっとあったのではありませんか」
スランドゥイル「奴がわたしに話せることなど、もう何もない!」(*16)


【注16】『The Hobbit:The Desolation of Smaug』スニークピークライブから。

アゾグとその手下のハンターたちは、『竜に奪われた王国』で引き続きトーリンとその仲間たちを追い続けます。思うに、「The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014」に載っている、最初はアゾグの副官となる筈だったフィンブル(*17)が、おそらく死んだヤズネグよりも大きな役割を演じることになるでしょう。
ベン・ミッチェルも『思いがけない冒険』には登場しなかったナルズグ(*18)という名のオークを演じます。コナン・スティーヴンスの演じるボルグは、アゾグだけでなく、ネクロマンサーのストーリーに関しても、オークの中で目立った役割を果たすでしょう。


○で囲ったオークが、アゾグの部下のフィンブル。

ゲームズ・ワークショップのミニチュアによるナルズグ。

【注17】スティーヴン・ユア演じるフィンブルは、映画の公式設定によれば「ワーグの乗り手たちを指揮」するオークの筈でしたが、この役割は『ホビット』3部作化にともなうアゾグの拡張で少し変更になっています。アゾグ役にマヌー・ベネットを新たに迎えたため、最初にアゾグを演じていたジョン・ロールズは急遽ヤズネグという名のオークとなり、フィンブルに代わってトーリン追跡のリーダーを務めました(そして任務に失敗してワーグのごはんになりました)
【注18】こちらも原作には登場しないオークですが、ゲームズ・ワークショップのミニチュアの説明には、「ナルズグは射撃の名手だ。彼は忌まわしきワーグの背にまたがり、走りながら正確な射撃を行うことができる。(中略)図太い神経の持ち主で、革紐や腰布のような単純なものしか身につけていない」とあります。演じるニュージーランド人俳優のベン・ミッチェルはアゾグ役のマヌー・ベネットの友人で、マヌーは6月に追撮でNZ入りした際、ベンと一緒にテーブルを囲んでいる写真をTwitterにUPしていました。

(---後編へ続きます---)

*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***

■9月7日 11:04にコメント下さったゲスト様

ネタばれブログも長くやっておりますと、読者の皆さまが寛容なのをいいことに、ついつい初心を忘れて基本的な措置を怠ってきた部分も多々あったと思います。今回頂いたご指摘は、ちょうどよいタイミングで届いた天声と受け止めて今後のブログ運営に生かしていきたいと思っています。
暖かいエールのみならず、お返事へのお気遣いまでありがとうございました。どうぞまた、お気軽にお声をかけてやって下さいませ*^^*
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/422-0896df3c
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。