スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜

2013年09月30日 23:59

9月30日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』新予告編、10月1日デビューと公式発表。
 闇の森のビルボとドワーフたちのバナーポスターも公開!
予告編の公開は、日本時間では10月1日22時となります。 【Twitter(The Hobbit)】 【facebook(tThe Hobbit)】
9月28日(土) *『ホビット 竜に奪われた王国』2014カレンダーより、新しいスチル4枚流出。
 
 
  右上のスチルの真ん中に写っている人物には、「このドワーフ誰?」「ノーリじゃない?」「ダインかも!」とTwitter上で様々な意見が交わされましたが、ジェド・ブロフィー本人のツイートで、(おそらく樽での川下りのせいで)すっかり様相の変わったノーリと判明しました。こんな遣り取りをリアルタイムで目の当たりにしていると、すごい時代になったものだとしみじみ思います。 【RichardArmitageNet】 【The Hobbit: The Desolation of Smaug 2014 Calendar】
9月27日(金) *Alberta Film Ratings、『ホビット 竜に奪われた王国』第2予告編の情報掲載。
 Alberta Film Ratingsに『竜に奪われた王国』の第2予告編の詳細がUPされました。それによりますと、予告編の長さは2分23秒、レーティングは第1予告編同様、保護者による手引きを必要とする「PG」になります。
ちなみに、Alberta Film Ratingsとは、カナダのアルバータ州における映画のレーティング機構ですが、審査済みリストに登場した予告編の殆どは近日中に劇場公開となるので、新しい予告編の公開時期を占うにはもってこいなのです(勿論北米で公開予定の作品に限られますが)10月初旬に登場と噂の第2予告編ですが、週明け早々にも公開されるかもしれません。 【Alberta Film Ratings】

9月26日(木) *EMPIRE誌、ビルボの新しいスチルを掲載。
 ビルボが座っているのは木造家屋の中のように見えますが、毛布のようなものを被っているのは、湖の町に到着直後なのでしょうか。 【Empire】

9月25日(水) *『竜に奪われた王国』オリジナルサウンドトラック、12月10日発売の噂。
 『思いがけない冒険』と同じ Watertower から12月10日発売予定とのことです。
現時点では詳細は不明ですが、同レーベルから$13.98(≒ ¥1,374 ASIN: B00FFT182K)と$24.98(≒¥2,455 ASIN: B00FFT1BJ0)の2バージョンが確認されていますので、第1部同様、通常版と特別阪の発売が予定されているのかもしれません。 【ACESHOWBIZ】
9月23日(月) *『竜に奪われた王国』第2予告編、10月初旬公開の噂。
 ロシアのトールキンファンサイトHenneth Annunは、地元の配給会社からの情報として、『ホビット 竜に奪われた王国』の新予告編は既にロシア語字幕を入れたり色補正をする作業に入っており、10月初旬には公開されるだろうと伝えています。 【Henneth Annun】
9月22日(日)
*ジェームズ・ネスビット、娘たちがバルドの子供役で『ホビット』出演と語る。
 ボフール役を務めるジェームズ・ネスビットは9月22日、リリック劇場で開催された、メアリー・ピーターズ・トラスト(北アイルランドの若いアスリートを援助する慈善事業団体)を支援するためのセッションに、友人のジャーナリスト、マーク・カラザースと共に登場しました。舞台には俳優のコンリース・ヒルと、『ホビット』でバルドを演じるルーク・エヴァンズも加わり、ジェームズとルークは観客にデュエットも披露しました。
ジェームズはここで『ホビット』の話題に触れ、彼の2人の娘がバルドの子供たちを演じると話したとのこと。映画の設定では、バルドにはジョン・ベル演じる息子のバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。この2人をジェームズのお嬢さんたちが演じたようです。 【Candid Chaos】

9月18日(水) *ケイト・ブランシェット、ガラドリエル登場は第3部と語る。
 Yahoo! UKは映画『ブルー・ジャスミン』のプロモーション(イギリスでの公開は9月27日)で訪英中のケイト・ブランシェットにインタビューを行い、『ホビット』へのガラドリエル登場シーンについて尋ねました。これについてケイトは、「第2部に登場するかどうかは分からないの。第3部になると思うわ」と答えています。白の会議のドル・グルドゥア攻撃は、あるいは第3部になるのかもしれません。
また、『ホビット』における彼女の撮影日数は8日間で、『ホビット 思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションについても「3人の息子たちもわたしの登場を望んでいるけど、話すことは出来ないわ」とも語っています。 【Yahoo! Movies UK & IRELAND】

9月17日(火) *ピーター・ジャクソン監督、ニュージーランド勲章を受勲。
 ピーター・ジャクソン監督は、ニュージーランドの最高位の勲章であり、ニュージーランド国王(イギリス国王が兼任)とニュージーランド国民に対し公共功績を残した民間人および軍人に与えられる勲章であるニュージーランド勲章(ONZ: The Order of New Zealand)を、総督官邸にて授与されました。
ジャクソン監督は昨年の6月4日にThe Queen’s Birthday Honoursの受賞者に選出され、ニュージーランド勲章を受勲することが決定していました。
ONZの正受賞者は最大で20名で、正受賞者(Ordinary members)の他に補助受賞者(Additional Members)と名誉受賞者(Honorary Members)が存在します。PJは、重要な王室行事や国家行事を記念して選任することが出来る補助受賞者ですが、地位は正受賞者と同等とのことです(現在のONZ 26名の全リスト
ジャクソン監督は、「最高の気分です。これは驚くべき名誉です。そして、家族と共にここにいることを素晴らしく思います。今日自分がどこにいるのか、まだ信じられません。これは映画に携わる全てのニュージーランドの人々に対する賛辞だと受け止めています。プケウラ湾で映画を作っていた子供であった遠い昔と、今日の私が違っているとはまったく思えません。わたしが(映画制作を志す若者にとって)何がしかの先例になり得るのなら、それは素晴らしいことだと思います」とコメントしました。 【Fairfax NZ News】


Photo: KEVIN STENT/Fairfax NZ ジェリー・マテパラエ ニュージーランド総督と握手するPJ。
9月16日(月) *ビリー・コノリー、前立腺ガンの手術を受けたことを公式HPで報告。
 ドワーフのダイン2世(鉄の足のダイン)を演じているビリー・コノリーは、ごく初期の前立腺ガンと診断され、先日アメリカにて手術を行ったことを自身の公式ホームページで報告しました。手術は成功で、完全に回復しているとのことです。
彼はまた、パーキンソン病の兆候もあって治療をしているとのことですが、そのいずれも仕事には影響がないと専門家は判断しており、近い将来にTVシリーズの映画化と、新年にはニュージーランドでの舞台ツアーも予定しているそうです。 【Billy Connolly.com】
9月15日(日) *IBCイノベーション賞授賞式にて『ホビット 竜に奪われた王国』のHFR3D予告編上映。
 9月15日、IBCイノベーション賞2013の授賞式がアムステルダムで開催されました。ピーター・ジャクソン監督は、IBC国際栄誉賞の受賞が先月中に確定していましたが、授賞式には参加出来ずビデオでの挨拶となりました。
また、PJの制作会社であるパーク・ロード・ポスト・プロダクションも『ホビット』3部作でのHFR3Dの仕事が評価されてIBCイノベーション賞:コンテンツ・クリエーション部門を受賞しており、式典では『ホビット 竜に奪われた王国』のHFR3D予告編が上映され、喝采を浴びたとのことです。
授賞式の参加者から「新しい予告編」との情報もTwitterを通じて入ってきていますが、先頃全英映像等級審査機構で審査を受けた未公開の第2予告編と同じものかどうかは明らかではありません。 【THR】 【IBC】

【9月20日追記】 3D FOCUSの記事によれば、HFR3Dによる新予告編には、スマウグの全身像が含まれていたとのことです。
9月6日(金) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット』第2部の邦題と、公開日変更を公式発表。
 ワーナー・ブラザーズは、2012年11月に公表した『ホビット』第2部のタイトル『ホビット スマウグの荒らし場』を『ホビット 竜に奪われた王国』と変更したことを公式に発表しました。これは、原作ファン以外の多くの人々にも作品に興味を持ってもらいたいという思いから、ピーター・ジャクソン監督とも話し合った上で変更したとのこと。
また、今年5月末に「3月春休みロードショー」と発表した日本における映画公開日についても、2月28日(金)に変更されたことを、同時に明らかにしました。 【シネマトゥデイ】 【facebook(映画『ホビット』シリーズ)】


*タイトルが差し替えられ、公開日を加えた日本版予告編も同日公開。
9月3日(水) *ニュージーランド交響楽団、ウエリントンのタウンホールで『ホビット』第2部サントラのレコーディング開始。
 NZSO(ニュージーランド交響楽団)は、ウエリントンのタウンホールにて、『ホビット』第2部のサウンドトラックのレコーディングを開始しました。サントラの収録は10月いっぱいまで行われる予定です。
 ウエリントン市議会は9月3日付の公示において、NZSOがレコーディングをしている間、タウンホールは「厳しいセキュリティ」において管理され、一般の立ち入りを禁止すると発表しました(*タウンホールの所有者はウエリントン市議会なのです)これは、セリア・ウェイド・ブラウン市長も例外ではなく、ホール内の会議室やその他どの部屋の使用も、マイケル・ファウラー・センターの受付を通さなければならないとのことです。 【The Dominion Post】


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***

■9月2日 22:01にコメント下さったゲスト様

ネタばれの扱いに対するご意見、ありがとうございました。
ネタばれの扱いについては、勿論最大限に神経を遣うべきところではありますが、そもそも当ブログは、ピーター・ジャクソン監督による『ホビット』の出来映えが気になって夜も日も明けない(管理人のような)トールキンファンの皆さまと、逸早く映画情報をシェアすることを目的とした「ネタばれ紹介ブログ」であることをご理解下さいませ。

そのことを承知で(むしろそれを目当てに)お越し下さっている方が大半だと認識しておりましたが、検索等で偶然辿り着かれる方も当然いらっしゃることでしょう。ネタばれの存在には念には念を入れて警告する、可能ならばネタばれ部分が目につかないよう配慮することは、管理人として考えて然るべきだと思います。以前からタイトルバナーに記載していた警告を、もっと目立つようにレイアウトを変更してみました。記事冒頭にSpoiler(ネタばれ)アイコンをつけることも、現在検討しております。

ただ、何をもってネタばれとするかは、お越し下さる皆さま一人一人の状況によって異なります。原作はもとより、映画『ホビット』シリーズをこれから初めてご覧になる方と、古くからの原作ファンで、作者の未邦訳テキストにも精通された方とでは、自ずと定義も違ってくるでしょう。
当ブログの方針としては、映画『ホビット』シリーズと、その前シリーズである『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の原作である『ホビットの冒険』と『指輪物語』を読了していることを前提に、映画で改変されたり、新しく付け加えられたプロットや、原作に登場しないキャラクターの情報については、本文に入る前に特に注意を促すようにしております。

また、ネタばれを記述する際の方法も、「記事を折り畳む」ことや「白フォントで記入した部分を反転して読んでもらう」ことなど、開設以来様々な方法を試してまいりましたが、その都度「見難い」、「操作が二度手間」、「ブラウザや閲覧端末によっては効果がない」等のコメントを頂戴することになりました。現在の形式は、6年近くの間に皆さまからお寄せ頂いたご意見と、ブログの機能との妥協点で成り立っていることも、重ねてご理解頂けたらと思います。
原作未読の皆さまには、ご要望に添えないことも多々あると思いますが、出来る範囲で改良を続けていきたいと思っておりますので、今後も忌憚ないご意見をお寄せ頂けたら幸いです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/421-a4017392
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。