スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション情報

2013年08月02日 06:02


ワーナー・ブラザーズ・ホーム・エンターテインメントは7月31日、『ホビット 思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションの発売についてプレスリリースを発行しました。
同時に日本版を始めそれぞれの国で、発売日や仕様等が明らかにされました。
まずは、米ワーナーのプレスリリースからご覧下さい。


2013年7月31日 カリフォルニア州バーバンク --- 中つ国のファンには、より幅広い体験を手に入れる機会があります。アカデミー賞受賞監督ピーター・ジャクソンによる『ホビット 思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションは、デジタルダウンロードが10月22日から、また、3Dブルーレイとブルーレイ(通常版)、それにDVDは、11月5日からワーナー・ブラザーズ・ホーム・エンターテインメント(WBHE)より発売になります。
ニューライン・シネマとメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の制作によるこの映画の新たなカットは、ファン必見の決定版として、個々のシーンを拡張する13分の特別なフッテージ映像を含んでいます。
エクステンデッド・エディションの全てのディスク・バージョンは、およそ9時間の新しい映像特典を含んでおり、『ホビット』3部作の第2部、『ホビット スマウグの荒らし場』の12月13日の劇場公開の前に、ちょうど役立つでしょう。

「エクステンデッド・エディションが、豊富な映像特典だけではなく、映画本来のショットの、確実に重要な場面を体験してもらえる機会を提供出来ることにわくわくしています」とジャクソンは言いました。「3部作の第2部を観る前に、ファンが完全に映画に熱中出来るようにするために『ホビット 思いがけない冒険』の、拡張され豊かになったバージョンを発表出来ることは、とても刺激的です」

『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディションは、3Dブルーレイとエクステンデッド・エディションブルーレイからなる5枚組の3Dセット(希望小売価格 $54.98)、ブルーレイ3枚組のセット(希望小売価格 $35.99)、DVD5枚組(希望小売価格 $34.99)の3バージョンで発売されます。ブルーレイとDVDはいずれもウルトラバイオレットを含んでおり、コンピューターや互換性をもつタブレットを含む様々なデバイス、スマートフォンやゲーム機、インターネットの接続しているテレビやブルーレイ・プレーヤー等でダウンロードして、即座に高解像度のエクステンデッド・エディションをストリーム再生出来ます。

およそ9時間の新しい映像特典では、ピーター・ジャクソン(監督/制作/脚本)とフィリッパ・ボウエン(共同制作/脚本)によるオーディオ・コメンタリーと、映画と3部作の様々な側面に焦点をあてた各パートのドキュメンタリーである“付録(The Appendices)”を誇ります。


(〜以下、粗筋/脚本/制作/配給と続きますが省略します)

ブルーレイ3D、ブルーレイ及びDVDの、全く新しい特典:
  • ピーター・ジャクソン(監督/制作/脚本)とフィリッパ・ボウエン(共同制作/脚本)による共同解説。
  • 付録(The Appendices)--- 『ホビット 思いがけない冒険』における各パートの年譜:主要部分の撮影開始前から数ヶ月に渡って行われた様々な部門における制作準備期間、メインキャストのためのブートキャンプトレーニング、そして3つの撮影ブロックを通して行われた仕事を年代順で紹介、デジタル効果の世界もカバー。
  • ニュージーランド:中つ国の故郷。
『ホビット 思いがけない冒険』
  • 発売日:2013年11月5日
  • 注文期日:2013年10月1日
  • レーティング:PG-13
  • 本編時間:184分
  • ブルーレイ(3D版):希望小売価格 $54.98(≒¥5,400)
  • ブルーレイ(通常版):希望小売価格 $35.99(≒¥3,530)
  • DVD:希望小売価格 $34.99(≒¥3,440)
 *日本円換算は7/31 23:00現在のレートによります。

(〜以下、ブルーレイについて/ウルトラバイオレットについて/ワーナー・ブラザーズについて/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)についてと続きますが、こちらも省略します)
Blu-ray.comでは映像特典に関して、更に次のような情報を紹介しています。

(中略)技術仕様についてはまだ詳述されていませんが、すぐに明らかになるでしょう。カバーデザインは最終決定されたものです。3Dブルーレイとブルーレイ(通常版)に共通して利用出来る特典には、以下のものが含まれます。
  • 映画制作者のコメンタリー……監督/脚本/制作を務めるピーター・ジャクソンと、脚本/共同制作のフィリッパ・ボウエンは、(3部作の)最初の映画を制作することについて、展望と裏話を提供します。
  • ニュージーランド:中つ国の故郷……マタマタからクイーンズタウンまで、映画制作者たちによって中つ国へと変わる素晴らしい景色の向こう側へ、ピーター・ジャクソンと彼のチームと共に旅します。
  • 付録 その7(*The Appendices Part 7[sic])…『思いがけない冒険』の主要部分の撮影開始前から数ヶ月に渡って行われた様々な部門の制作準備期間、メインキャストのためのブートキャンプトレーニング、そして3つの撮影ブロックを通して行われた仕事を年代順に14の章(チャプター)に分けて紹介。デジタル効果の世界もカバー。
 
  1. 中つ国への帰還の旅
  2. くらやみでなぞなぞ問答:ゴラムの洞窟
  3. 思いがけないお客たち:袋小路屋敷
  4. ヒツジのあぶり肉:トロルの森
  5. 緑の森の砦:ロスゴベル
  6. ちょっとひと息:裂け谷とロンドン
  7. 山の上:霧ふり山脈
 
  1. 山の下:ゴブリンの町
  2. 森林の岩棚:一難去って…
  3. ホビット村へ帰って:ホビット庄
  4. シーン88の壮大な場面:ストラス・タイエリ
  5. モリアの戦い:アザヌルビザール
  6. 荒れ地の国の端:追加撮影と見張り岩
  7. わが家は後ろ、世界は前に
  • 付録 その8(*The Appendices Part 8[sic])…中つ国への帰還:ドキュメンタリーと短編映画のもうひとつのセレクション。更に『思いがけない冒険』の開発、デザイン、及び制作について詳述。
    • トーリンの仲間たち---ドワーフの5組の家族の人物とその背景、及びはなれ山へ探求の旅をするトーリンの一行に選ばれた俳優の仲間たち。
      1. ドワーフの招集
      2. トーリン、フィーリとキーリ
      3. バーリンとドワーリン
      4. オインとグローイン
      5. ドーリ、ノーリとオーリ
      6. ビフール、ボフールとボンブール
    • バギンズ氏:14番目の仲間---カリスマ的で才能あふれる主演男優マーティン・フリーマンについて徹底分析。
    • ドゥリンの一族:ドワーフを作る---『ホビット』のドワーフのデザイン、コンセプトとその具象過程。
    • 中つ国の人々と生き物たち---第1部に登場する新しい登場人物とクリーチャーについて、そのキャスティング、性格描写、フィジカル及びデジタルデザイン化に注目。
      1. 石になったトロル
      2. 茶のラダガスト
      3. ゴブリン
      4. 穢れの王アゾグ
    • 第3紀の国々:袋小路屋敷からゴブリンの町まで---中つ国の景色作成。コンセプトデザインからセットと小道具まで、リアリティのある完全なデジタル構築の過程を追跡。
      1. ホビット村
      2. ロスゴベル
      3. 霧ふり山脈
      4. ゴブリンの町
    • 『ホビット』の歌:『思いがけない冒険』におけるトールキンの歌の実現。

■3Dブルーレイ
 
■2Dブルーレイ
 
■DVD

各バージョンの技術的な仕様や、各国の発売日情報、限定版のパッケージ内容など、詳細が分かり次第続報をお届けしますね。
尚同31日、日本版についても、ワーナー エンターテイメント ジャパンより公式発表がありました。発売日は11月13日とのこと。詳細はこちらでご覧下さい。それでは、今回はこれにて。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
■7月31日 21:51にコメント頂いたゲストさま
 拍手ありがとうございました!仕事の都合等で更新が滞ることもありますが、第3部のEEが発売されるまで、細々続けていくつもりでおりますので、気長にお付き合い下さいませv
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Thaunさま

    残暑お見舞いありがとうございます!
    今日は列島中、凄まじい猛暑でしたね。夜になってもベランダに出る気もしません^^;

    追加撮影の終了後、『ホビット』関連の情報もしばらく途切れていましたが、ここ2〜3日また新たなスチルや予告編情報が出てまいりましたね。
    ワタクシもThaunさま同様、『スター・トレック』情報をみればスマウグとネクロマンサーを、『パシフィク・リム』を観ればデル・トロ版『ホビット』を思うこの頃でございますv

    毎日耳をそばだて、目を皿のようにして『ホビット』新情報をキャッチしても、本編が見られるのは他の国々より3ヶ月もあとなんだ…と思うと、夏バテにも似た脱力感におそわれることもしばしばですが、乗り掛かった船ですので最後まで頑張ってまいりますw

    まだしばらく猛暑続きそうですから、Thaunさまもくれぐれもご自愛下さいませ。
    いつもコメント、大感謝です*^^*

  2. Thaun | URL | -

    Re:『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション情報

    残暑お見舞い申し上げます。

    1週間ほど首都で自主学習をしておりました。パソを持ちあるくという習慣もなければ、スマホも持っておりまん故、ホビット情報と隔絶してしまっており、何が起こっているのかさっぱり分からなくなってしまいました。あちこちに「スタートレック」の広告、特に、ベネディクト・カンバーバッチがあちこちで凄まじいほどの迫力で睨みをきかせていて、その度にじーーーーーーっと眺めてしまうのでした。ああ、あなたがスマウグで、ネクロマンサーなのですね、と。

    しかし、何ですね、様々second part of The Hobbit情報が出てくるわけですが、それらを見るにつけ、3か月余計に待たなきゃならん、という、妙なお預け感というか、飢餓感というか(大げさ?)が募るような気がするのは私だけでしょうかねぇ。

  3. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Narumiさま

    ありがとうございます。頑張ります。

  4. Narumi | URL | -

    更新楽しみにしてます!!

  5. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Narumiさま

    コメントありがとうございました。
    何度繰り返し読んでも胸に深く響く原作と、クルーやキャスト一人一人の熱意が伝わってくる映画の、世に稀なコラボだと思います。
    これからも、映画情報発信して参りますので、また覗いてやって下さいね。

  6. Narumi | URL | -

    LotR-Hobbit大好きー

    LotRとHobbitおたくです(*´∀`)w
    Hobbitはとても素晴らしい映画だと思います!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/416-eb4e0754
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。