スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年7月〜

2013年07月31日 23:59

7月31日(水) *『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション情報公式発表。
 米ワーナー・ブラザーズ・ホーム・エンターテインメントは、『思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションの詳細についてプレスリリースを発行しました。
アメリカでの発売日は7月5日、ダウンロード販売は10月22日とのこと。拡張シーンは13分と短めですが、9時間に及ぶ映像特典が含まれています。
日本版の発売についても同日、ワーナー エンターテイメント ジャパンから発表がありました。2Dブルーレイ、DVDそれぞれ5枚組セットが7,980円、11月13日販売となります。 【HDRF】 【Blu-ray.com】


*Wetaスタチュー付き限定版については、公式発表は未だされておりませんが、米amazon等で取り扱い予定になっています。
7月30日(火)
*ビヨルンの画像がネット流出。
 スペインの玩具(映画のタイアップグッズ)メーカー、SD Toysが、『ホビット スマウグの荒らし場』2014年カレンダーの画像をfacebookにて紹介。その裏表紙の画像には、逞しい上半身を剥き出しにした、人の姿をとっているときのビヨルンが含まれており、これが最初のビヨルン(人型)写真の流出となりました。
他にも同カレンダーには、いずれも小さいながらも、ビルボやトーリンの初お目見え画像が複数含まれています。 【facebook(SD Toys)】
7月29日(月) *ニュージーランド政府、『ホビット』制作会社に6700万NZドルを払い戻し。
 『ホビット』の制作会社である3 Foot 7は、ニュージーランド政府より6700万NZドルの現金の払い戻しを受けました。これは、ニュージーランドの映画制作及び資金調達を行うニュージーランド映画振興委員会(New Zealand Film Commission:NZFC)が主体になって行う資金援助により、大型予算映画制作助成金(LBSP)が適用されたもので、映画制作のためにニュージーランド国内で支出した費用(Qualifying New Zealand Production Expenditure[QNZPE])が1500万NZドル以上であること等が条件になります。3 Foot 7は『ホビット』3部作のために現時点でおよそ4億4700万ドルを使用しており、その15%にあたる6700万NZドルが払い戻しとなりました。
なお、経済開発省の事務局は、『ホビット』3部作が1000万ドル近い補助金を申し込んだことを7月29日に確認しています。QNZPEが2億ドル以上の映画については、最高975万ドルの追加 補助金を得る資格があるとのことです。 【Radio NZ News】
7月26日(金) *『ホビット』追加撮影終了。
 ピーター・ジャクソン監督はfacebookにて、ベッドから起き上がった時から深夜の帰宅まで、撮影最終日の出来事をfacebookに投稿。ファンと最終日の感動を共有しました。
「…終わったよ!ぼくがこれを書いている間に、更にテイクを撮り進めて、終了だ!リチャードは素晴らしかった。サブユニットも殆ど同時に終わったよ。笑顔と喜びと…そして悲しみ。あぁくそっ!すごく悲しいじゃないか」 【facebook(Peter Jackson)】
7月25日(木) *追加撮影、「明日(26日)が最終日」と『ホビット』キャスト・クルーが報告。
 23日にドワーリン役のグレアム・マクタビッシュが「あと3日」とツイートしたのを裏付けるように、ボンブール役のスティーヴン・ハンターはTwiterにて「そろそろ中つ国にさよならを言う時間だ!」と報告しています。またオーリ役のアダム・ブラウンも「明日は、世界で最高の仕事における最終日!」とツイートしました。 昨日(24日)には、ノーリ役のジェド・ブロフィーがfacebookにて、「ゴールが見えてきた。そこには涙があるだろう。この経験がどんなだったかを説明するのは難しいね。だけど身体は覚えていて、ぼくはその歳月を感じている。無数のオークたちは激怒しただろう。中つ国での最後の日、ぼくはとても幸福だ」と報告しています。
そしてピーター・ジャクソン監督も、新しいREDカメラ(その名も“DRAGON”)を試用した件をfacebookで報告した際に、「あと2日となった『ホビット』の撮影には使用しないが…」と書いており、追加撮影の最終日が26日であることを明らかにしています。 【Twitter(Stephen Hunter)】 【Twitter(Adam Brown )】
7月23日(火) *グレアム・マクタビッシュ、追加撮影終了まであと3日とツイート。
 5月21日から(一部スタッフとキャストはそれ以前から)始まった『ホビット』の追加撮影も最終の第10週目を迎えました。
ドワーリン役のグレアム・マクタビッシュは、残りの撮影期間はあと3日で、既に撮影を終えたドワーフ役の俳優もいることをTwitterにて報告しました。
「ゴールが見えてきた。あと3日だ。ドワーフの兄弟たちの何人かに別れを告げた。彼らとこれを共有出来たことを誇りに思うよ」 【Twitter(Graham McTavish )】
7月21日(日) *中央ニュージーランドでM6.5の地震発生。『ホビット』キャスト・クルーに怪我人なし。
 19日金曜日の朝から続いていたニュージーランドの北島と南島の間の海域を震源とする群発地震によって、震源地に近い首都ウエリントンは、度々強い揺れに見舞われました。
ウエリントンのストーン・ストリート・スタジオで『ホビット』の追加撮影を行っているキャストやクルーには怪我人はなく、撮影も引き続き行われたと複数のキャストがTwitterにて報告しています。
中央ニュージーランドでは、19日午前にはM5.7の、21日夕方にはM6.5の地震を観測し、ウエリントン市内で落下物等によって4人が負傷したとのことですが、幸い深刻な被害は伝えられていません。 【stuff.co.nz】
「ここウエリントンはM5.7の地震で揺れた!全員無事だよ。だけど、ここしばらくのうちで一番でかかったね!」 【Twitter(Stephen Hunter )】
7月12日(金) *ピーター・ジャクソン監督、マーティン・フリーマンの撮影終了を報告。
 ピーター・ジャクソン監督はfacebookにて、主役のビルボ・バギンズを務めるマーティン・フリーマンの全ショットの撮影が終了したことを報告しました。

「今夜、マーティン・フリーマンはビルボ・バギンズとしての最後のショットを撮り終えた。素晴らしい2年半の終わり。この役柄---マーティンが育み、愛と素晴らしい技能でもって作り上げたキャラクター---を別の誰かで想像することなど出来ないね。
エルフと人間、それに魔法使いたち、そして今ホビットにもさよならを告げた。現在、追加撮影の最後の2週間に入ったところで、あとはドワーフたちでいっぱいだ。
追加撮影はとても厳しくて激しいものだった。だけど撮影にはとても満足しているんだ。次の2本の映画はかなり素晴らしいものになると思うよ!」



撮影を終えてカメラに手を振るマーティン、笑顔が素敵ですね。スタジオの大道具からすると、最後に撮ったシーンはエレボールのホールでしょうか。そして、こんな↓訪問者も…!


PJのキャプションによれば、「スマウグ、ビルボの足に感嘆する」だそうです。 【facebook(Peter Jackson)その1】 【facebook(Peter Jackson)その2】

*『ホビット スマウグの荒らし場』のサウンドトラックを、ニュージーランド交響楽団が担当と地元メディアが報道。
 The Dominion Postが伝えたところによれば、『スマウグの荒らし場』のサウンドトラックの演奏は、従来のロンドン交響楽団ではなく、ニュージーランド交響楽団(NZSO)が担当することになったとのこと。録音は9月にウエリントンのタウンホールで行われる予定です。
サントラファンの間では、ロンドン交響楽団との力量差を懸念する声もありますが、NZSOは『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』で「カザド=ドゥムの橋」なども演奏しています。
ピーター・ジャクソン監督は、「ハワード・ショアによる『ロード・オブ・ザ・リング』のための壮大なスコアの、まさにその最初の音楽は、2001年にここ、ウエリントンのタウンホールで録音されたんだ。旅の仲間の、モリアの坑道の部分のために書かれた曲は、ニュージーランド交響楽団によって演奏され、100年の歴史を誇る建物に素晴らしい音色を披露したんだ」と、故郷での演奏を歓迎するコメントをしています。 【The Dominion Post】
7月11日(木) *LotRスロットマシーン訴訟において、連邦判事、トールキン・エステートによるWB反訴の却下依頼を退ける。
 LotRスロットマシーンをめぐる訴訟(詳しくは、2013年3月の動きをご参照下さい)について、ソウル・ゼインツ・カンパニーとワーナー・ブラザーズ双方から反訴されたトールキン・エステートは、連邦判事に反訴の取り下げを求めていましたが、裁判所はこれを拒否しました。トールキン・エステートがこの決定を上訴するかどうかは、まだ分かっておりません。 【Variety】

*ルーク・エヴァンズ(バルド役)、『ホビット』における撮影終了を報告。
 バルド役を務めるルーク・エヴァンズは11日の撮影開始前に、Twitterにてニュージーランドでの仕事の最終日であることを報告しました。ちなみに、翌12日には新作『ドラキュラ』(2014年8月公開予定)の仕事に入る旨ツイートしています。【Twitter (Luke Evans】
7月10日(水) *バイン役のジョン・ベル、撮影終了を報告。
 バルドの息子バイン役を務めるジョン・ベルは、10日午後Twitterにて、『ホビット』における彼の登場シーンの全撮影を終えたことを報告しました。撮影を終えた記念に、ニュージーランド特産のグリーンストーン(翡翠)で出来たマオリ族の手斧(Toki-Maori)をもらったそうです。強さと勝利を象徴するお守りとか。 【Twitter (John Bell)】
また、バルド役のルーク・エヴァンズは、7月5日にメイン・ユニットにおける最後の撮影が終わったと報告しています。ビルボや13人のドワーフたちを残して、主要メンバーも順繰りに、そして順調に『ホビット』の追加撮影を終了しつつあるようです。 【Twitter (Luke Evans】
7月9日(火) *ドワーリン役のグレアム・マクタビッシュ、『ホビット』の撮影はあと3週間と語る。 【Twitter (Graham McTavish)】
7月2日(火) *ピーター・ジャクソン監督、谷間の国のオープンセットの夜明けと日没の写真を公開。
 プロダクションダイアリー第11弾を公開した7月2日、ピーター・ジャクソン監督は、撮影中の谷間の国のセットの夜明け頃と日没頃をとらえた写真もfacebookにUPしました。冬のニュージーランドの、肌を刺すような寒気が伝わってきます。 【facebook(Peter Jackson)7/2 AM】 【facebook(Peter Jackson)7/2 PM】
 
「今朝の谷間の国。午前7時開始に関して、滅多にない素晴らしいことのうちの一つ!」by. PJ

「谷間の国の夜。そして11時間後、まだ撮影は続いている」by. PJ
  *『ホビット』プロダクションダイアリー、第11弾公開。
 ピーター・ジャクソン監督はfacebookにて、『ホビット』のプロダクションダイアリー(ビデオブログ)の第11弾を公開しました。
このブログでは、5月下旬に始まった追加撮影の最初の1~2週間の現場の様子が紹介されていましたが、PJはまた、ビデオの冒頭で、今年のコミコン・インターナショナルの『ホビット』パネルをキャンセルする旨をファンに報告しました。 【facebook(Peter Jackson)】
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/411-9142a349
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。