スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年6月後半〜

2013年06月30日 23:52

6月29日(土) *エヴァンジェリン・リリーとオーランド・ブルーム、『ホビット』撮影終了。
 ジャクソン監督はfacebookにて、タウリエル役のエヴァンジェリン・リリーとレゴラス役のオーランド・ブルームも登場シーンの撮影が全て終了したことを報告しました。
「ガンダルフとタウリエルにさよならを言った翌日、レゴラスと別れる時間となった。なんて素晴らしい日だったろう。オーランドの重要なオークとのバトルシーンは計12時間に及んだ。3番目の『ホビット』映画のための五軍の合戦の部分だ。一日が漸く終わったとき、ぼくたちはオーランドにさよならを言って、ビールを少し飲んだ…そして、これをやるのを抗えなかったんだ!」 【facebook(Peter Jackson)】
---という訳で、何をしたかというと、その動画がコチラ↓
かつてネットで大評判になった『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』のMAD、「They're taking the Hobbits to Isengard」を、10年の時を経てオーリィが歌い(?)ます!
  *ケイティ・ジャクソン、『ホビット』ビデオブログ新作はあと2日以内に公開と発言。
 ピーター・ジャクソン監督のお嬢さんで、『ホビット』にも若いホビット女性役で出演している(EE登場予定)ケイティ・ジャクソンさんが、Twitterでファンの質問に答えて、『ホビット』プダクション・ダイアリー(ビデオブログ)はあと2日以内に公開とツィートしています。 【Twitter(Katie Jackson)】
6月28日(金) *ピーター・ジャクソン監督、ガンダルフの登場カットを全て撮り終えたことを報告。
 ジャクソン監督は6月28日夜、サー・イアン・マッケラン扮するガンダルフの最後のショットを撮り終えたことを、サー・イアンとのツーショットと共にfacebookにて報告しました。
「ちょっと前に、ガンダルフの最後のショットを撮り終えたよ。1999年に始まった驚くべき冒険の終わりだ。ぼくは今、とても悲しく感じているよ」
サー・イアンの額に傷のようなメイクが見えますから、最後のショットは五軍の合戦の一場面だったのかもしれませんね。LotR3部作と『ホビット』3部作、ガンダルフの出演シーンを全て演じきったサーの、感極まった表情に目頭が熱くなります。 【facebook(Peter Jackson)】

6月26日(水) *第39回サターン賞発表。『ホビット 思いがけない冒険』は映画部門の美術賞受賞。
 映画、TVドラマ、ホームビデオ等の優秀なSF、ファンタジー&ホラー作品に送られるサターン賞の第39回受賞作品の発表が6月26日にありました。
『ホビット 思いがけない冒険』は映画部門において、ファンタジー映画賞、主演男優賞(マーティン・フリーマン)、助演男優賞(イアン・マッケラン)、監督賞、美術賞、音楽賞、衣装デザイン賞、メイクアップ賞、特殊効果賞の計9部門にノミネートされていましたが、美術賞(ダン・ヘナー)のみの受賞となりました。 【Saturn Awards】
6月25日(火) *イライジャ・ウッド、『ホビット』第2部、第3部に出番なしと語る?
 フロド・バギンズ役で『ホビット 思いがけない冒険』のプロローグに登場したイライジャ・ウッドが、『ホビット』3部作の残り2作には登場しないと語ったとiamROGUE.comが伝えています。
記事によれば、『ホビット』続編のどちらかに参加しているかどうかをイライジャに尋ねたところ、彼は「いいや、参加していないよ」と答えたとのこと。
更に、既に撮影済みのシーンは全て第1部に使用されたのかと尋ねることで、記者が念押ししたところ、「 拡張シーンを作る予定でない限り、ぼくの出番は最初の映画(第1部)の中だけだった筈だよ」と答えたとのことです。
しかし、「親愛なるフロド」と、『ホビット』3部作の主人公であるビルボから、LotR3部作の主人公であるフロドへの呼びかけで始まるこの映画が、冒頭でビルボ111才の誕生日の2人を描いたのなら、結末に再び“現在”に戻って、何らかの形でフロドの運命を示唆しないのは、物語の構成上とても不自然だと思われます。
イライジャがどう答えていようが、少なくとも第3部には出演シーンがあることを(希望的観測でもって)信じております。 【iamROGUE.com】
6月24日(月) *アゾグ役マヌー・ベネット、ウエリントン入りを報告。新キャラクターNarzugも紹介。
 アゾグ役のマヌー・ベネットは『ホビット』3部作の仕事の為に、ウエリントン入りしたことをツイッターで報告しました。
また、友人でニュージーランド人俳優のベン・ミッチェルとテーブルについている写真をUPし、ベンのことをNarzug役と紹介しています。原作には登場しないキャラクターですが、名前からするとアゾグの部下のオークかもしれません。 【Twitter(Manu)】

*EMPIRE誌、『ホビット スマウグの荒らし場』を特集した最新号の表紙を公開。
 イギリスの代表的な映画雑誌であるEMPIREは、6月27日販売予定の2013年8月号の表紙を公開しました。
『ホビット スマウグの荒らし場』を特集した最新号の表紙を飾るのは、シリーズ初登場となるタウリエルを始め、闇の森の3人のエルフたちです。
逸早く記事本文をチェックしたファンサイトでは、記事のスキャン画像もUPしており、『ホビット 思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションの追加カットについても語られていることが明らかになっています。
また、同サイトがツイートしたところによれば、EMPIRE誌には、EEの発売日は2013年11月13日と記載されているとのことです。北米版の発売日と噂される11月12日と同時期ですが、これがイギリスでの発売日なのか詳細は不明です。 【EMPIRE】

6月22日(土) *『ホビット スマウグの荒らし場』ワールドプレミア、モスクワで開催の噂。
 シドニーで開催中のスーパーノヴァ・ポップ・カルチャー・エキスポ会場において、エイダン・ターナー(キーリ役)とジェド・ブロフィー(ノーリ役)がファンの個人的な質問に対して、『スマウグの荒らし場』のワールドプレミアは、モスクワか、あるいはヨーロッパの他の都市になるかもしれないと答えたと、複数のファンがレポートしています。 【Writing Haven】 【LonelyMountain】

*ピーター・ジャクソン監督、facebookで撮影現場のスチル公開。

 PJは、撮影したばかりの映像をテントのモニタでチェックする彼とドワーフ役のキャストたちの写真を公開しました。曰く、「最新ショットを再生して見るために集まったドワーフの集団。やれやれ、BO(悪臭)レベルがテントの天井を突き抜けたよ!」 【facebook(Peter Jackson)】
【6/25追記】オーリ役のアダム・ブラウンのツイートによれば、このとき彼は、ドワーリンことグレアム・マクタビッシュの膝の上に乗っていたそうです。
6月21日(金) *パーク・ロード・ポスト・プロダクション、IBCイノベーション賞にノミネート。
 ピーター・ジャクソン監督のポスト・プロダクションであるパーク・ロード・ポスト・プロダクションは、世界初のハイフレームレート・ステレオ・コピック3Dを用いた長編映画である『ホビット 思いがけない冒険』での仕事を評価され、IBCイノベーション賞2013にノミネートされました。
この賞は、技術的、商業的または創造へのチャレンジに革新的かつコスト対効果に優れたソリューションを実現し、受賞した各社と技術会社およびユーザー間の協力関係に対する評価に対して贈られる賞(…成程分からん)とのことです。授賞式はアムステルダムにて9月15日に開催されます。 【SGO.es】
6月18日(火) *ピーター・ジャクソン監督、facebookで新ビデオブログ公開を予告。

 PJは、闇の森のクモの巣を被ったジェームズ・ネスビット(ボフール役)の写真をfacebookに投稿すると共に、ウエリントンでの追加撮影は継続中であり、新しいビデオブログは完成の最終段階で、もうじき投稿出来るとコメントしています。
撮影現場での、スタッフやキャストの最新映像に期待が高まります。 【facebook(Peter Jackson)】
6月17日(月) *『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション(北米版)、11月12日発売の噂。
 Blu-ray.comでは、ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション(Special Extended Edition:Blu-ray 3D + Blu-ray)の発売日を、2013年11月12日としています。
今回日付が掲載されたのは、3D版を含むブルーレイ4枚とDVD3枚の計7枚セットとのことですが、劇場版のように、3Dブルーレイ版、2Dブルーレイ版、DVDオンリーなど複数のバージョンが発売されるのかどうか等、詳細については明らかになっていません。
また、拡張されたカットについては、20〜25分の尺があるとのでしたが、本編時間がどれだけ増えたのかも、現時点では不明です。 【Blu-ray.com】
6月16日(日) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット スマウグの荒らし場』各国公開日を公式サイトに掲載。

 日本における『ホビット スマウグの荒らし場』の公開日は2014年3月7日(金)とのことです。
世界同時公開日は2013年12月13日ですが、ベルギーやフランス等一部のヨーロッパの国では12月11日、韓国や香港、それにニュージーランド等では12月12日公開となっています。
尚、中国の公開日についてはまだ明らかになっていませんが、『ホビット 思いがけない冒険』の公開日が2013年2月22日でしたから、第2部も2014年になるかもしれません。いずれにしても、改めて日本の公開日だけが遅いのを目にするのは、切ないものがありますね。 【thehobbit.com】
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Re:『ホビット』今月の動き〜 2013年6月後半〜(更新中)

    周芳さん、いらっしゃいませ。いつもコメントありがとうございます!
    他の国々と比べて、日本だけが大幅に公開が遅いとは…ファンにとっては犬がお預けくらったみたいに堪え難いものがありますが、せめてその分、公開時のイベントが充実していて欲しいですね。
    映画におけるドワーフのパーティ以上に豪華な面々が来日してくれることを祈っています^^
    エルフも竜もどんとこい!

  2. 周芳 | URL | -

    Re:『ホビット』今月の動き〜 2013年6月後半〜(更新中)

    Angelaさん、こんばんは。
    楽しく読ませていただきました。
    日本だけ公開が遅いのは、主演の俳優(ドワーフ13人組ワンセットとかも)連れて来てくれるからだよねPJ?

    (^O^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/409-36433dd7
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。