スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット スマウグの荒らし場』第1予告編公開!

2013年06月12日 08:00

6月11日0AM PDT(日本時間12日午前2時)、待望の『ホビット スマウグの荒らし場』の第1予告編(teaser trailer)が公開となりました。
取り急ぎ邦訳してみましたので、毎度雑な意訳ですが、宜しければご覧下さい。





スランドゥイル(VO)「そなたの旅はどこで終わるのだ…?王国を統べる権利を授けるものを探し…」


スランドゥイル「祖国を取り戻して、ドラゴンを倒すための探求の旅(クエスト)か」


“暗闇を越えて”


レゴラス「わたしが殺さないなどと思わないことだな、ドワーフよ!」


タウリエル「いつ、悪がわたしたちより強くなることを許したというの?」」


レゴラス「我々の戦いではないのだ」
タウリエル「これはわたしたちの戦いよ」

ラダガスト「罠だったらなんとする!?」
ガンダルフ「紛れもなく罠じゃよ」


“荒らし場を越えて”
スランドゥイル「それが悪の本質よ…」


スランドゥイル(VO)「やがて全ての穢れが現れる」
“最大の危機が待ち受ける”


バルド「“獣”を目覚めさせたら、我ら全てを滅ぼすことになるのだぞ!」





ドワーリン(?)「地震か…!?」
バーリン「あれはな、坊や(My Lad)……ドラゴンだ」


“『ホビット スマウグの荒らし場』”


ティーザー・トレイラーということで、これ程多くのシーケンスがみられると思っていなかったのですが、予想に反して盛り沢山な内容の予告編でした。
ビヨルンの館に闇の森の蜘蛛、スランドゥイルの宮殿にレゴラスとタウリエル、樽での脱出からエスガロスのバルド、そして執拗にトーリン一行を追ってくるアゾグ、ハイ・フェルズとドル・グルドゥアを探索するガンダルフ、そしてそして!待望のスマウグの登場です。
物語におけるあまりの“要素”の多さに、いったいどんな構成でどこまで語られるのか心配になる程ですが、スニークピークでピーター・ジャクソン監督が語っていたように、そんな難題に満ちた第2部こそが腕の見せ所と頑張ってくれることでしょう。

日本における公開日は少し先に伸びてしまいましたが、それまではこの予告編を皮切りに、今後次々に公開されるであろうスチルや劇場版ポスターで“飢え”をしのぎたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    ■なない様

    スクショを撮って加工したり画像を選んだりする作業は、面倒ではありますが、改めて予告編に使用されているカットを一つ一つ点検することになり、物語を推測する材料になって結構楽しかったです。

    エルフ語習得法の紹介、ありがとうございました!
    エルフ語関連の本を読んだり学習サイトを覗いたりはするのですが、如何せん語学的な感性に恵まれていないのか万年素人です^^;
    時間が出来たら腰を落ち着けてじっくり読んでみようと思います。

    いつもコメントありがとうございます。
    梅雨時の鬱陶しい陽気が続きそうですが、なないさんも夏風邪を召されませんよう、ご自愛下さいね。

  2. なない | URL | -

    Re:『ホビット スマウグの荒らし場』第1予告編公開!

    「スマウグの荒らし場」予告編の紹介ありがとうございます。いつも丁寧に紹介してくださり、大いに助かり、楽しみにさせてもらっています。止め画像のチョイスがすばらしくてありがたいです。
    ところでご存知かもしれませんが、某サイトでファンによるエルフ語かんたん習得法なるものを見かけたので、貼っておきます。(ここは時々指輪ネタのコラやgifがあるのです)
    http://imgur.com/gallery/fydI0

    蒸し暑くなってきましたが、暑気あたり等にはお気をつけて!これからもブログを楽しみにしております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/404-6abaea97
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。