スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年4月

2013年04月28日 18:18

4月25日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』劇場上映終了。総興行収入は10億1700万ドルに。
 2012年12月14日に世界同時公開された『ホビット』3部作の第1作目は、19週133日に及ぶ劇場上映期間を終了し、10億ドルヒットを記録した史上15番目の映画となるなど、シリーズの成功を占う上で幸先の良いスタートとなりました。
4月25日までのアメリカ国内の興収は$303,003,568、海外興収の総額は$714,000,000でした。 【BOX OFFICE MOJO】

4月23日(火) *英ビデオチャートで、『ホビット 思いがけない冒険』2週連続1位に。
 4月8日に『ホビット 思いがけない冒険』のブルーレイ/DVDが発売されたイギリスでは、2週間で116万セットを売り上げ、発売開始からの2週連続でビデオチャートのトップを記録しました。 【Official Charts.com】
4月22日(月) *ニュージーランドの外国人観光客13%増『ホビット』も貢献。
 ニュージーランド統計局は、2012年3月からの1年間の外国人観光客が前年より月13%増えたと発表。
これには、2月初旬から3月下旬まで行われたイングランド・クリケットツアーの英国からの観戦客に加えて、『ホビット』3部作の公開に合わせて梃入れしてきた観光キャンペーンが貢献したと、ニュージーランド政府観光局の最高責任者であるケヴィン・ボウラー氏は発言しました。 【BIG POND NEWS】
4月17日(水) *米ホームビデオチャートで『ホビット 思いがけない冒険』再び1位へ。
 3月19日にブルーレイ/DVDが発売されたアメリカでは、登場第1週目は売り上げトップを飾ったものの、2週目、3週目は『レ・ミゼラブル』、『ライフ・オブ・パイ』などの人気作品の登場に押されて3位の成績でした。4週目にして再びトップに返り咲き、息の長い人気ぶりを見せています。 【THR】

*『ホビット 思いがけない冒険』日本版ブルーレイ/DVD 発売。
 レンタルも同時開始。クラブワーナーでは、《ホビット3部作》横断キャンペーンを実施。ブルーレイ/DVDに封入されているキャラクターカードを全5枚集めると、中つ国カードボードがもらえるというもの。 【ワーナーホームビデオ】 【クラブワーナー】
4月16日(火) *シネマコン2013で、『ホビット スマウグの荒らし場』フッテージ映像上映。
 4月15日から18日までラスベガスにで開催されたシネマコン2013(CinemaCon 2013:全米劇場主に向けての、ハリウッド映画スタジオによる新作ラインアップ発表会)において、ワーナー・ブラザーズは16日、ザック・スナイダー監督の『マン・オブ・スティール』やギレルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』等の新作紹介を行いました。
『ホビット』3部作の2作目となる『ホビット スマウグの荒らし場』のプレゼンテーションでは、エヴァンジェリン・リリーとオーランド・ブルームが登場するいくつかの短いクリップ付きビデオが紹介され、ビデオの中でピーター・ジャクソン監督は、これが完全なフッテージでないことを詫びると共に、今後数週間のうちに予告編の準備が出来ているべきだと述べたとのことです。また、THRのレポートでは「ジャクソン監督の事務的なプレゼンテーションは昨年と対照的だった」とも伝えています。
エヴァンジェリン(タウリエル)とオーランド(レゴラス)が登場するビデオということは、先月の『スマウグの荒らし場』で紹介されたものと、それ程違わないフッテージだったのでしょうか?
昨年は新シリーズとHFR3Dを劇場オーナーに売り込む為に自らラスベガスまで出向いたPJでしたが、仕上げ途中だった48FPS映像を酷評される結果となったのは記憶に新しいところ。シネマコンには良い印象がないのか、第1部が10億ドルヒットとなった今、劇場主へのアピールはそこそこでも大丈夫と判断したのかもしれませんね^^; 【ComingSoon.net】 【THR】

*アンディ・サーキス、ジョルジュ賞2013で特別賞受賞。
 『ホビット 思いがけない冒険』でゴラムを演じたアンディ・サーキスは、そのモーション・キャプチャーの仕事を評価され、ジョルジュ賞2013(Жорж 2013:SFXの創始者とされるフランスの映画制作者ジョルジュ・メリエスに因んだ、ロシアの映画ファンによる賞)を受賞しました。ロンドンのサーキスは、ロシアのファンに向けてビデオで感謝のメッセージを伝えました。 【STARSLIFE】
4月14日(日) *『ホビット 思いがけない冒険』のビルボ、MTVムービーアワードのベストヒーロー賞受賞。



 一般投票によって受賞者が決定する「ベストヒーロー賞」の12日間に及んだ投票合戦は、投票3〜4日目からマーティン・フリーマン演じるビルボと、クリステン・スチュワート演じるスノーホワイトとの一騎打ちの様相を呈し、抜きつ抜かれつの激しい首位争いを繰り返した結果、投票締め切り前にはビルボが2位に10万票以上の差を付けて「ベストヒーロー賞」を受賞しました。
この一騎打ちは、先にトップに躍り出たスノーホワイトに票を投じていたのが、ステファニー・メイヤー原作のベストセラー小説『トワイライト』シリーズのファンたち(クリステンは映画化された同シリーズのヒロイン、ベラ役でブレイクした)だったことから、ビルボを支持するトールキンファンの闘魂に火をつけることとなりました。
アメリカを中心に、若い『トワイライト』ファンが情熱的にスノーホワイトへの投票を繰り返すのに対抗して、世界最大級のトールキンファンサイトであるThe One Ring.net(TORn)は、世界中のトールキンファンと、Tolkien Brasilなど提携を結んでいる海外のファンサイトへ応援を呼びかけました。
また、英BBCの人気TVドラマシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』のファン(マーティンはジョン・H・ワトソンを演じている)からの熱心な投票もあって、最終的にファン層の広さで大量票を獲得するに至りました。
アメリカの若者向けのケーブルテレビ・チャンネルが主催する映画賞でありながら、アイアンマンやバットマンなど、アメコミ出身のヒーローを蚊帳の外に繰り広げられた首位争い。同アカウントから何票でも投票可能なシステムなど、今後の課題も多いSNSを使った実験的な投票でしたが、『ホビット』ファンには海外の同士との交流も楽しい「お祭り」となりました。
なお、同じく『ホビット 思いがけない冒険』のビルボ役でマーティン・フリーマンがノミネートされていた「Best Scared-As-S**t Performance」 は受賞を逃しました。 【MTV】

4月12日(金) *喫煙シーンがある『ホビット』を援助するのは許されないと、反喫煙運動家ニュージーランド政府を非難。
 カリフォルニア大学サンフランシスコ医学校教授のスタントン・グランツ氏は、11日にダニーデンで開催された健康科学公開講演にて、「何十万人もの世界中の子供たちが、この映画によって煙草を吸い始めるかもしれない。政府は喫煙を描いた映画に少したりとも納税者の金を使うべきではない」と『ホビット』に政府の助成金を支払ったことを非難しました。
グランツ氏は世界的に有名な反喫煙運動家で、2010年公開映画『アバター』でも、シガニー・ウィーバー演じる植物学者の喫煙シーンがあったことからこれを公的に非難し、若者向け映画での喫煙シーンの根絶と、煙草が登場する映画をR指定にすることを映画界に求めています。 【Otago Daily Times】
4月2日(火) *『ホビット 思いがけない冒険』のビルボ、MTVムービーアワードのベストヒーロー賞候補に。
 MTVが主催するMTVアワード2013のベストヒーロー賞の候補に、マーティン・フリーマン演ずるビルボがノミネートされました。投票はTwitter及びInstagramといったSNSを介して行われ、ハッシュタグの集計で受賞が決定します。
他にノミネートされたのは、『スノーホワイト』のスノーホワイト、『ダークナイト・ライジング』のバットマンとキャットウーマン、『アベンジャーズ』から、アイアンマンとハルクの5ヒーロー。授賞式は4月14日午後9時(EST)。 【MTV】
4月1日(月) *ピーター・ジャクソン監督、『ホビット スマウグの荒らし場』スニークピーク編集版を一般公開 。
PJ、facebookにおいて、3月24日に行われた『スマウグの荒らし場』のスニークピークライブの編集版を公開。ゲストとジャクソン監督とのQ&Aを中心に構成された6分の短いバージョンでしたが、エイプリル・フール用のジョークを含んだカットも挿入されていました。 【facebook】

*『ホビット 思いがけない冒険』日本版ブルーレイ/DVD ダウンロード先行発売開始。 【ワーナーホームビデオ】
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/397-12b574e9
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。