スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その3)

2013年03月28日 22:47

■第2部フッテージ映像公開:High Fellsを探索するガンダルフ
ここで、ピーター・ジャクソン監督は、『ホビット スマウグの荒らし場』の予告編はまだ作られておらず、公開は夏になることをファンに報告します。
その代わり今回は、『思いがけない冒険』でラダガストがもたらした、ドル・グルドゥア探索時にアングマールの魔王と共に葬られたモルグルの剣で襲撃されたという報告が意味するところを確かめるために、“9つの指輪”を所持していた9人の王たちが葬られたHigh Fellsと呼ばれる場所を、ガンダルフが確かめに訪れたシーンが公開されました。


杖の灯りを頼りに、四角い内壁に沿った通路を降りるガンダルフ。


9つの墓室全ての柵が破られているのを確認。気配を感じて振り返ると…。


そこに立っていたのはラダガスト。「何故わしはこんなところに?会うに相応しい場所ではないのに」
ガンダルフは、この墓所が9人の王たちのうちの1人の、名もなき悪しき召使いによって建てられたと説明。


「このような穢れた場所に誰が侵入したというのだ?」とラダガスト。
「誰も」とガンダルフ。「墓は全て内側から開かれておる…」

ラダガストの帽子の中の小鳥は、家族が増えておりましたv
このシーンだけSEを含むポスト・プロダクション作業が完全に終了しているというのは、やはり第1部に組み込まれる予定だった部分なのでしょうね。

■エンディング/メイキングシーンのモンタージュ
開始からおよそ50分、プログラムはほぼ終了し、ピーター・ジャクソン監督とジェド・ブロフィーから世界中のファンに向けての別れの挨拶と、ブルーレイ/DVD購入者への感謝の言葉がありました。PJはまた、『ホビット スマウグの荒らし場』でもプロダクション・ダイアリーが動き出しているとも話していました。

ライブイベントのエンディングは、第2部のメイキングシーンから、沢山のカットのモンタージュで構成されていました。ここで見ることが出来た映像には、
  • 樽に入って川を流れるドワーフたち
  • 落ち葉の上を滑るように移動するレゴラスのアクション
  • ビヨルンの屋敷
  • 眠ってしまったボンブールを運ぶドワーフたち
  • 闇の森のクモに捕えられたドワーフたち
  • 樫の木の上から周囲を見渡すビルボ
  • はなれ山で竜の咆哮を聞くドワーフたち
…等々ありましたが、一番印象的だったのは、雪の舞うエスガロスに到着し、自らの身分と目的を、湖の町の統領やバルド、そして驚く町の人々を前に大声で宣言するトーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)の演技でした。




「我らはエレボールのドワーフだ。祖国を取り戻すために来た…!」

“王の帰還”が巻き起こすドラマと、ビルボの成長と、そして結局今回はその姿を拝めなかったスマウグ(の全身像)やビヨルンなどのクリーチャーの姿を見るのが本当に楽しみです。
12月公開の本編を観るその日まで、ビデオブログに予告編と、『ホビット』ファンの皆さまと情報を出来るだけ沢山共有していきたいと思っておりますので、これからも宜しくお願い致します。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***

■3月28日:Sさま
今回、日本においては当選者のみのコード配布というのが納得出来ず、いささか感情的にネタばれし過ぎたな(ヤバいかもしれない)と、やっちゃってから蒼くなったりしているのですが、自分のやることはいつだって後の祭りです/^^; せめて皆さまに楽しんで頂ければ幸いに思います。いつも励ましのコメント、ありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Re:『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その3)

    Thaunさま、こんばんは!
    ワタクシも、削除される前に某所にUPされていた全編動画を観ることが出来ましたが、今回WBの削除要請が半端ないですね。勢いで記事を書いたのはいいですが、チキンなのでちょっぴり後悔しております/^^;;

    そうそう、プレビズ部門のモニターに映ってたの「ヒックとドラゴン」に登場した竜でしたね。あと、Tレックスに羽つけたようなのもいましたね。
    ファンの誰もが、一番見たいと思っているのが分かっていてやっているのが憎らしいですw
    ワタクシも、バルドはとっても気になりました。PJのことだから、ホントにロビンッフッドみたくアウトロー集団の首領で義賊だったりしたらどうしようかと(笑)
    PJは「キング・コング」のときの例外を除いては、撮影中は太るタイプみたいですね。
    クランクイン前は体重が落ちてカッコ良かったですが、映画の創造的な悩み以外で胃に穴があくようなストレスで苦しんで欲しくないので、まぁヨシとしましょう^^

    いつもコメントありがとうございます!
    毎日の気温差も激しいこの頃ですが、お身体に気を付けてお過し下さいねv

  2. Thaun | URL | -

    Re:『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その3)

    プレビューのオンタイム試聴&解説記事3連発お疲れ様でした。

    私は某所でUPされていた「全編まるっと録画」動画を観て、リスニング教材にしておりました(と言えば学習熱心な感じがして聞こえはいいですが、要は、何言ってるか分からんから、ええい、聞き流せ~!なだけです)。
    途中でちらっと映っていたドラゴンって「ヒックとドラゴン」の中の一匹(一頭?一羽?)ですよねぇ。サーPJ、ファンの反応で遊んでますなぁ。

    ちょっと心配なのが、Bardのキャラクターについて(何故追っかけられなければならないのか&何故ドワーフを船に乗っけてギコギコ漕いでいるのか)と、またコロンコロンしてきているサーPJの体形だったりします。後者はとっても余計なお世話なわけですが、クランクイン直前に胃に穴空いて緊急手術した人があんなにコロコロしていていいのだろうかと(^^;)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/395-0681605d
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。