スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット 思いがけない冒険』興収10億ドル突破へ!

2013年03月04日 21:19

先週末の総計で、『ホビット』3部作の最初の作品である『ホビット 思いがけない冒険』の世界総興収が、10億ドルを越えたことが分かりました。【source:THR

これには、海外興行における最後の大口市場となった中国でのヒットが大きく貢献しています。昨日までの10日間でおよそ3,730万ドルの売り上げを達成し、興収10億ドルを突破した史上15番目の映画へと押し上げたのです(ちなみに『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』は、11億2千万ドルを記録して歴代6位です)

『ホビット 思いがけない冒険』の10億ドルの興行収入のうち、アメリカ国内が3億110万ドル、海外興収がおよそ7億ドルです。
海外市場はドイツが9,000万ドル、イギリスが8,430万ドル、フランス4,490万ドル、オーストラリア4,430万ドル、そしてロシアが4,380万ドルと続きます(ちなみに日本は、9週に及ぶ上映期間の総計がおよそ1,920万ドルです *Box Office Mojo調べ

「この驚くべき水準点に達したことを誇りに思わずにはおられません。わたしたちのパートナーであるMGMとニューライン・シネマ、そしてワーナー・ブラザーズは、ピーター・ジャクソンと彼のクルー、そしてキャスト全員に、この映画の非凡な成功に対するお祝いの言葉を捧げます」と、ワーナー・ブラザーズのダン・フェルマン国内配給部長はスタジオ3社の共同声明の中で述べています。
また、ベロニカ・クワン・ヴァンデンバーグ国際配給部長は、「ベルリンから北京まで、『ホビット 思いがけない冒険』の公開が世界中の観客にとって素晴らしいイベントであったことに、とても満足しています。3部作の2作目の映画の公開が近づくにあたり、それは刺激的な指標となります」と語りました。

『ホビット』3部作の完結編である『ホビット ゆきて帰りし物語』の公開予定日が、2014年7月から12月に延期されたニュースは先日お伝えしたばかりですが、これは制作の遅れ等によるものではなく、興行戦略的なものであるとワーナー・ブラザーズは説明しています。2014年の夏休み映画には、人気SFシリーズの最新作『X-Men: Days of Future Past』などの公開が控えており、ぶつかり合いを避けるためとのことです。

いずれにしても、この10億ドルヒットの勢いに乗って、第2部、第3部とも興行的に成功し、あわよくば『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』のように映画史に残る金字塔として記憶される名作となりますよう、ファンとしては期待せざるを得ません。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***

■3月2日:Nさま
『ホビット』シリーズの公開日の変更に伴って、拙ブログの終了予定も1年延び2年延び、とうとう3年延びることとなりましたが、何のかのいっても、誰に頼まれた訳でもなく、好きなことをやって皆さまにエールを頂いているのですから、幸せな人間だと思います*^^*
いつも記事を読んで下さって有難うございます。これからもどうぞ、お気軽にお声をかけてやって下さいませ。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/389-2812d5fe
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。