スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット ゆきて帰りし物語』2014年12月公開に

2013年03月02日 02:11

2月28日(日本時間3月1日)、ニューライン・シネマとメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)及びワーナー・ブラザーズは、『ホビット』シリーズの第3部である『ホビット ゆきて帰りし物語』の公開日を2014年12月17日とする共同声明を発表しました。
昨年8月末には、2014年7月18日リリースと公式発表されましたから、ファンは丸5ヶ月楽しみを先延ばしされたことになります。まずは、今回のプレスリリース(の邦訳)をご覧ください。【Source:TORn


『ホビット ゆきて帰りし物語』は2014年12月17日に公開されます。

2013年2月28日 カリフォルニア州バーバンク
--- 不朽の名作『ホビットの冒険』をピーター・ジャクソン監督によって映画化した3部作の完結編である『ホビット ゆきて帰りし物語』は、2014年12月17日の公開となりました。共同声明は本日、ワーナー・ブラザーズのダン・フェルマン国内配給部長とベロニカ・クワン・ヴァンデンバーグ国際配給部長によって行われました。

映画は、以前予定されていた夏公開の枠から移動して、10億ドル規模の世界的大ヒットとなった超大作『ホビット 思いがけない冒険』や『ロード・オブ・ザ・リング』3部作と同じように、クリスマス休暇の公開パターンとなります。『ホビット』3部作の2作目『ホビット スマウグの荒らし場』も、2013年12月13日に公開されます。3部作の3本の映画はいずれも、ニューライン・シネマとメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の作品です。

フェルマンは、「世界中の映画ファンのクリスマス休暇の楽しみとして、それを開始したのと同じ方法で3部作を完結出来ることに興奮しています」と語りました。

クワン・ヴァンデンバーグは、「 最初の映画のクリスマス休暇の封切りは、この素晴らしい3部作に成功の先例を作りました。わたしたちは、同じ時期に公開するという決定に到ったことを喜んでいます」と付け加えました。
 (*この後、監督、脚本家、プロデューサーの紹介、スタジオと配給会社の紹介と続きます)


---7月公開とアナウンスしたことなどなかったかのようにしれっと仰っておりますが、フェルマン、ヴァンデンバーグ両氏はちょうど半年前、第3部の公開日を7月とした経緯を公式発表の中でこう語っていたのですよ。

フェルマン氏「2作目と3作目の間の期間を短くしたかったのです。7月公開は夏の超大作として完璧なだけではなく、ファンにとってはこの壮大な冒険のフィナーレを待つ時間が短くなりますからね」 そしてヴァンデンバーグ氏「『ホビット ゆきて帰りし物語』は、スペクタクルで3部作の最終章として感動的な結末を描いています。夏の公開は世界中のファンにとって、最高のビッグイベントとなることを約束します」【Source:THR】おーい……。

“大人の事情”を推測しますに、第1部のホリディシーズン興行の成功に味を占めたことは勿論ですが、LotR3部作の完結編である『王の帰還』が史上最多のオスカーを獲得したように、『ホビット』の最終章で賞が獲得出来るよう、賞レースで有利とされる年末公開に枠を移動したのかも知れません。
そして何より、これから撮影が開始される本シリーズ最大のクライマックス、五軍の合戦をじっくり時間をかけて撮り、納得がいくまで拘った絵作りをするためとファンとしては思いたいですね。

そんな訳で第3部『ホビット ゆきて帰りし物語』が観られるのは少しばかり先となりましたが、スチールや予告編、それに第2部のエクステンデッド・エディションの話題などを皆さまと楽しく共有しているうちに、あっという間に公開日となることでしょう。

当ブログも2007年末に開設した当時は、2部作の完結編が2011年公開とされておりましたので、エクステンデッド・エディションの情報まで発信しても今頃は役目を終えていた筈なのですが、これも3年の延長となりました。そそっかしいのも貧弱な英語力も改善しそうにありませんが、事情が許す限り細々と続けてまいりますので、これからも宜しくお願い申し上げます。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***

■2月28日:Kさま
『ショーン・オブ・ザ・デッド』、ワタクシも大好きですよ〜!これと『ホットファズ』に続く、エドガー・ライト監督とサイモン・ペッグ、それにニック・フロストの3人がタッグを組んだ新作『ザ・ワールズ・エンド』にもマーティンは出演しているそうですね。今度は少しは出番が増えているといいな(笑)公開が楽しみですv
ヴィゴやショーンは今回は登場しませんでしたが、固い絆で結ばれた彼らLotR共演者のことですから、今後PJ作品に限らず、どこかで共演しないとも限りませんよ*^^* そんなニュースにも注意していけたらと思っています。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    ■03月03日 11:06にコメント頂いたゲストさま

    いらっしゃいませ。コメントありがとうございました。
    一日も早く完結編を観たいと気持ちは逸りますが、それだけ長い間『ホビット』の話題で皆さまと楽しみを分かち合えると思えば、それも良いものですね*^^*

    生憎Lineはやっておりませんが、Twitterはアカウントをもっております。
    『ホビット』の新着ニュースの発信と、何よりこのブログの記事を書く為の情報収集に活用しておりますので、大変申し訳ないのですが、フォローして下さる皆さま全員をフォローバック出来ずにおります。
    ですが、メンションはチェックしておりますので、宜しければお声をかけてみて下さいませ。アカウントは@angela_1002です。

  3. | URL | -

    半年くらい、ボビット大好きな私にとってはどうってことないです(о´∀`о
    先日ショーンがでてるグーニーズを見ました!
    とっても面白かったです(*^^*
    あと私って超洋画マニアやなーとあらめて実感しました笑

    あと作者さんはlineやツイッターはやってらっしゃらないのですか?
    もし、よければ絡みましょう!
    おすすめの洋画など教えてくださるとありがたいですっ!

  4. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    ■Thaunさま

    Thaunさま、こんばんは。いつもコメントありがとうございます*^^*
    すったもんだの原因となった火種が、第一部公開後もまだ時折燻るのを気にしつつも、映画は大ヒットして制作は順調と思っていたところにコレですよ(笑)
    でも今回の延期は、配給側の興行戦略的な決定か、もしくはもっと作り込みたいPJの創造的欲求によるところ(あるいは両方)だと思っておりますので何も心配はしていないのですが、ふと我に返ると、一銭にもならないことにどれだけの時間を費やして他を顧みないできたことだろうと、そんな自分が可笑しいのです。

    きちんと…訳せていないことは誰よりも自分が分かっているのですが、あまりに同じ言訳を繰り返すのも読んで下さる皆さまのほうが辟易だろうと、最近は意識して書かないようにしているのです^^;
    でも本当は、きちんと基礎も分かっていらっしゃる英語力のあるThaunさまが心底羨ましいです。
    こちらこそ、勉強させて下さいませ。これからもよろしくお願い致します。

  5. Thaun | URL | -

    Re:『ホビット ゆきて帰りし物語』2014年12月公開に

    こんばんは。
    先日は拙サイトにお越し頂きありがとうございました。

    映画化までのすったもんだが異様に長かったので、待つのは慣れた、半年くらい何てこたぁないさ、の心境です(^^)
    今回の発表で、改めて、慌てず騒がず嘆かず放り投げずにやっていく覚悟を新たにしました。
    あんじぇ様はきっちりと訳されているので、私も勉強させてもらっています。
    何とかがんばりましょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/387-e7b53dd4
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。