スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年1月

2013年01月31日 23:59

1月31日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』の1月末時点の世界興行収入は9億4千万ドルに。
  1月末時点の興行収入は$940,592,520。『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を抜いて、歴代19位まで上昇。 【Box Office Mojo】



*LotRスロットマシーンを巡る訴訟で、ソウル・ゼインツ社、トールキン・エステート及びハーパー・コリンズ社を反訴。
 昨年11月、J.R.R トールキンの著作権管理を行うトルキーン・エステート及び出版社であるハーパー・コリンズが、ワーナー・ブラザーズを含む『ロード・オブ・ザ・リング』/『ホビット』映画の制作者が著作権を侵害しており、その権利を逸脱したことにより契約に違反したと主張し、8000万ドルを求める訴訟を起こした件(Source)について、権利を所有しているソウル・ゼインツ社は、1969年に交わした協定には製品、サービス、スタイルのどの性質においても何ら制限を設けておらず、トールキン・エステートはこの訴えによって、誠実かつ公正な取引の暗黙の契約を違反したとして反訴しました。 【THR】
1月27日(日) *『ホビット 思いがけない冒険』の世界興行収入が9億3千万ドルを突破。
  1/27時点で$939,548,000の興行収入を記録し、『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』($926.0)と『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を抜いて、世界興行収入の歴代20位となりました。
最後の大口マーケットとなる中国での公開が2月22日となっており、最終的な興行収入は10億ドルを越えると予想されています。 【Box Office Mojo】
1月17日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』、第60回ゴールデン・リール賞(アメリカ映画音響編集者組合賞)に3部門ノミネート。
 ノミネートされたのは、音響編集賞:長編映画音楽、音響編集賞:ダイアログとADR(アフレコ)、音響編集賞:音響効果とフォーリーの3部門。授賞式は2月17日ロサンゼルスにて。 【Motion Picture Sound Editors】

*『ホビット 思いがけない冒険』、第15回アメリカ衣装デザイナー組合賞のファンタジー映画部門にノミネート。
 衣装デザイナーはアン・マスクレイ。同部門の候補には他に『白雪姫と鏡の女王』の石岡瑛子氏も。授賞式は2月19日ロサンゼルスにて。 【Costume Designers Guild】
1月16日(水) *仏ワーナーホームビデオ、『ホビット 思いがけない冒険』のスチールブック仕様のブルーレイを4種発売予定と、ブルーレイ紹介サイトが報告。
 2D版(2D本編ディスク+ボーナスディスク+DVD)が、ビルボ、ガンダルフ、ゴラムの3パッケージ、3D版(3D本編ディスク2枚+2D本編ディスク+ボーナスディスク)のパッケージはガンダルフでレンティキュラー仕様。発売は2013年4月17日予定。 【HI-DEF Ninja.com】



*Weta Digital、『ホビット 思いがけない冒険』のメイキングビデオ3本を公開。
 Los Angels Timesにて「『ホビット 思いがけない冒険』:ゴラムの技巧」と「ゴブリンの王の技巧」及び「アゾグの技巧」」の3本を公開。 【LA Times】




1月15日(火) *『ホビット 思いがけない冒険』の海外興行収入の総額が6億ドルを突破。
 この成績は、公開後一ヶ月にして『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』(5.56億ドル)及び『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』(5.84億ドル)の海外興行成績を抜いたことになります。国内分(北米)を合わせると8億ドルを越えており、2月公開の中国での興行収入を合わせると10億ドルを越える見通しとなりました。 【Box Office Mojo】
1月14日(月) *『ホビット』の世界的なヒットを受けて、NZ政府内に補助金返済を要求する声。
 ニュージーランドの元副首相で、ニュージーランド・ファースト党の党首であるウィンストン・ピーターズ氏は、「『ホビット』は一作目にして10億(NZ)ドル以上を稼ぎ出しており、ワーナー・ブラザーズはニュージーランド人の納税者から得た6700万ドルの助成金を返済するべきだ」と発言。また、昨年11月にキーNZ首相の「『ホビット』によっておよそ3000人の雇用が新たに発生した」という発言についても、「数字上のマジックであり、実際にニュージーランド人であったかどうかも疑わしい」と疑問を呈しました。
これに対しキー首相の公報担当者は、「3000は『ホビット』制作に直接携わった人数であり、更に6750本の国内便、93000人の宿泊、1800台のレンタカー、1650台の仕事用車両、食品と建設資材でそれぞれ150万ドルと900万ドル等の具体的な経済効果が認められた」と反論しました。 【stuff.co.nz(1/14)】 【stuff.co.nz(1/15)】
1月13日(日) *『ホビット 思いがけない冒険』に多数の海賊版とNZ地方紙が報道。
 Sunday Star-Timesによれば、あるファイル共有サイトでは1月12日の時点で230バージョンの海賊版がアップロードされており、2バージョンをアップロードしたあるユーザーのアカウントでは、一晩のうちに18万超のDLがあったとのこと。 【stuff.co.nz】
1月10日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』第85回アカデミー賞に3部門ノミネート。
 ノミネートされたのは、メイクアップ&ヘアスタイリング、プロダクション・デザイン(美術)及び視覚効果。授賞式はハリウッドのドルビー・シアターにて2月24日開催予定。 【Oscar.go.com】
1月 9日(水) *『ホビット 思いがけない冒険』、英国アカデミー賞(BAFTA Film Awards)に3部門ノミネート。
 ノミネートされたのは、メイクアップ&ヘア、音響、及び特殊視覚効果。授賞式はロンドンのロイヤル·オペラ·ハウスにて2月10日に開催予定。 【BAFTA Film】
1月 8日(火) *『ホビット 思いがけない冒険』、アメリカ映画音響組合賞 (The Cinema Audio Society Awards / CAS Awards)にノミネート。
 ノミネートされたのは、劇場用長編実写映画部門 サウンド・ミキシング。授賞式はロサンゼルスのミレニウム・ビルトモア・ホテルにて2月16日に開催予定。 【Cinema Audio Society】
1月 7日(月) *『ホビット 思いがけない冒険』、第11回視覚効果協会賞(VES Awards)に6部門計7項目がノミネートに。
 ノミネートされたのは、VFXが主導的な役割を果たした長編映画部門、実写長編映画アニメキャラクター部門(ゴブリンの王、ゴラムの2項目)、環境クリエーション長編映画部門、撮影(Virtual Cinematography)実写映画部門、FX/シミュレーション・アニメーション長編実写映画部門、合成長編映画部門。授賞式はビバリーヒルズのビバリー・ヒルトン・ホテルにて2月5日に開催予定。 【Visual Effect Society】
1月 3日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』、第12回美術監督組合賞にノミネート。
 ノミネートされたのは、長編映画プロダクション・デザイン賞のファンタジー映画部門。授賞式はビバリーヒルズのビバリー・ヒルトン・ホテルにて2月2日に開催予定。 【Art Directors Guild】
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/376-50b44f28
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。