スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット 思いがけない冒険』のエクステンデッド・シーンを予想してみた!(その1)

2012年12月30日 05:11

『ホビット 思いがけない冒険』公開からはや3週目。足繁く劇場に通い詰め、既に心はエクステンデッド・エディション(以下EE)の発売に向いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
EEの発売の有無については、公式筋からの発表はまだありません*が、ピーター・ジャクソン監督を始めとするスタッフの面々も、「EEに入れたい(カットされた)お気に入りシーンは?」など、発売を前提の質問に当然のように答えておりますし、PJと個人的に親しいライターのエリック・ヴェスペ氏によれば、本編より20〜25分長いバージョンがEEとして制作される予定と聞いているとのこと(Source:Twitter)ですので、おそらく、発売されるものと考えて良いと思います。

(*10月初旬にワーナー・ブラザーズは、創業90周年記念のラインナップの中で、『ホビット 思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションを2013年中に発売と発表しましたが、後に「未確定だった」として謝罪しています)

そこで、撮影について語ったスタッフやキャストのインタビューから、また、予告編やスチル等で確認されていながらも、映画本編には出てこなかったシーンなどから、『ホビット 思いがけない冒険』EEに入る追加映像をピックアップしてみようと思います。宜しければお付き合い下さい。
なお、『ホビット 思いがけない冒険』劇場版をご覧になっておられることを前提に記事を書いておりますので、未見の方や、EE発売まで追加シーンに関する情報を仕入れたくない方はご注意下さいませ。


* * * ↓↓↓ この先ネタばれ注意 ↓↓↓ * * *



【予想その1:緑竜館前の市場】

■ガンダルフの誘いを一旦は断ったビルボは、そのあと市場へ買い物にいく。
■市場でもガンダルフを目撃して隠れたビルボ。だが、不審な行動をサックビル=バギンズ夫妻に見咎められる。


人気映画サイトAin't It Cool News(以後AICN)のライターであるエリック・ヴェスペ氏の連載『ホビット』ロケ現場レポートによれば、灰色のガンダルフと袋小路屋敷の玄関で話をしたビルボは、一旦は逃げ込むようにして屋敷の中へ戻りますが、そのあと緑竜館前の市場へ買い物に出かけます。


《写真:第1予告編から》 © MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.

魚屋で魚(ドワーリンのものになってしまったあの夕食のおかず…)を買ったあと、Worrywortという名の野菜のリヤカーを押しているホビットに出会ったビルボは、魔法使いが周囲をうろついているのを見たかどうかを彼に訊ねます。
その後すぐに、テントの上にガンダルフの尖った帽子が見え隠れしているのに気付いたビルボは、ホビットのカップルの影に隠れます。ビルボに気付かずキスをした2人の陰に隠れてガンダルフには見つからないですみますが、その怪しい行動をオソとロベリア・サックビル=バギンズが目撃していた…という流れのようです。

ちなみにヴェスペ氏は、このシーンでビルボに魚を売る魚屋を演じていましたが、皆さまご覧になった通り、劇場版では市場のシーンごとカットされてしまいました。PJはこの件を彼に謝罪し「EEではきみはスターだ!」と約束したとのことです。

【予想その2:トゥック爺のパーティ】

■トゥック爺の夏至のパーティーを楽しむホビットたち。
■ガンダルフとビルボの初めての出会い--幼いビルボと、ビルボの母ベラドンナ登場。


ガンダルフ役のサー・イアン・マッケランがニュージーランドの地方紙に語ったところによれば、ガンダルフと、ビルボの母ベラドンナに連れられた幼いビルボとの出会いが撮影されたとのことです。何でもこのシーンは、ガンダルフとビルボの関係を示すのに、もう少し背景が必要だと感じたサー・イアン自身の提案を、PJと脚本家陣が受け入れ、撮影がなされたのだそうです。

そんな経緯もあってか、サーは余程このシーンに思い入れがあったとみえます。Empireのインタビューでも“カットされたお気に入りシーン”として、この箇所を挙げていますし、ご自分のBlogでもEEにはベラドンナが登場することを明言しています。


《写真:「The Hobbit: An Unexpected Journey Chronicles: Art & Design」から》
左からビルボの母ベラドンナ、幼いビルボ、ロベリア・サックビル=バギンズ、ロトとロベリア・サックビル=バギンズ夫妻。


先日発売となったWeta Workshopによる「The Hobbit: An Unexpected Journey Chronicles: Art & Design」の中には、プロダクション・デザイナーのダン・ヘナーによって、更に詳しくこのシーンの説明がなされています。

“ビルボがまだ幼い少年であったとき、トゥック爺のパーティーで初めてガンダルフと出会います。それは湖の近くの果樹園での夏至のパーティーで、子供たちには人形劇と花火、大人たちにはビールが供されています。
ガンダルフはちょっとしたトリックで彼の袖からドラゴンを出して見せ、子供たちはビルボ一人を除いて皆逃げ出します。ドラゴンに興味津々なビルボの様子は、ガンダルフに勇敢な小さなホビットとしての印象を与えました”


更に同書には、衣装デザイナーのアン・アン・マスクリーの話として、ガミッジじいさん(Old Gammidge:サムワイズ・ギャムジーの曾祖父)とトゥック爺(ちなみにこの役は、プロダクション・デザイナーのダン・ヘナー氏が演じているそうですよ)、そして年配のホビットたちが、ビールを飲みながらガンダルフの到着についてお喋りするシーンや、ホビットの若い女性たちが踊るシーンも撮られたと書いてあります。


《写真:「The HobbitL: An Unexpected Journey: Official Movie Guide」から》
ガンダルフの左の、青い生地にピンクの花柄のドレスを着た若いホビット女性が、ケイティ・ジャクソン嬢。


「The HobbitL: An Unexpected Journey: Official Movie Guide」の写真によれば、踊る少女たちの中には、PJとフラン・ウォルシュのお嬢さんケイティ・ジャクソンの姿もあります。子煩悩な(故にLotR3部作では、3作全部に彼女を登場させた)PJのことですから、このシーンは必ずやEEに入るものと睨んでおります。

【予想その3:トロルの岩屋】

■トロルの岩屋を見つけるビルボ
■トロルの犠牲者たちの死体や武器


こちらもAICNの『ホビット』ロケ現場レポートによれば、3匹のトロルが岩になったあと、トロルが犠牲になった哀れな旅人たちからの略奪品や食料を溜め込んでいた岩屋を発見したのは、ビルボだったとのこと。発見のくだりが、もっと丁寧に描かれるかもしれません。


《写真:Ain't It Cool Newsから》

また、岩屋の中にはロヒアリムの錆びた剣を含むいくつかの武器や、人間、エルフ、そしてドワーフたち犠牲者の複数の遺体(多分写真のように白骨化したもの)、櫃などがあったそうですから、このあたりの要素はPJ好きに違いない!と確信しておりますので、追加シーン候補としたいと思いますv

====================================


さて、「エクステンデッド・シーン予想」を仕上げて新しい年を迎えたかったのですが、管理人は故郷の親族にこき使われるべく今朝の新幹線で帰省致します故、続きは年明けとさせて頂きます。申し訳ございません。また、『ホビット』関係のニュースも、11月以降は怒濤の情報量に圧倒されて、「今月の動き」やワールドプレミアのまとめなど、書きかけで更新出来ないでいる記事が多数あることも合わせてお詫び申し上げます。
ですが、映画の公開前後などは、放っておいてもプロのライター諸氏による良質の記事が、読み切れないほど巷に溢れます故、仕事を抱えた個人ブログの管理人が一人であくせくする必要はないと半ば開き直りましてございます^^;
これからも、管理人のペースで、管理人の趣味嗜好による偏った情報をお届けすることになると思いますが、宜しければ来年以降もお付き合い下さいますようお願い申し上げます。

それでは、今年も大変お世話になりました。どちら様も暖かくして、健やかで平和な新年をお迎え下さいませ。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/374-1d93182b
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。