スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2012年11月前半〜

2012年11月14日 23:59

11月14日(水) *『ホビット 思いがけない冒険』公開まで、あと1ヶ月となりました。

*ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット第6弾を公開。 【YouTube(WarnerBrosPictures)】

*IMAXシアター、12月14日公開の『ホビット 思いがけない冒険』上映前に、『スター・トレック・イントゥ・ダークネス』の9分間フッテージを上映。 【COMINGSOON.net】

*日本版TV30秒スポット初オンエア。
 テレビ朝日系列「サッカー男子日本代表vsオマーン戦」のCMとして30秒TVスポット2本が登場。

*英チャールズ皇太子とカミラ夫人、WETAワークショップを訪問。
 ダイヤモンドジュビリーツアーの最終行程でニュージーランド訪問中のチャールズ皇太子夫妻は、14日WETAワークショップを訪問。この日は皇太子の64回目の誕生日でもあり、ドーリ役のマーク・ハドローが2時間かけた特殊メイクで、ドワーフに変わるのを見て大感激。
「最高の誕生日プレゼントを長いこと待っていました。わたしがどれほど感謝しているかを伝える術がありません」とコメント。 【APNZ】

11月14日(水) *マタマタのホビット村、観光客年間40万人を目指し準備中。
 マタマタパブリック·リレーションズ協会によれば、『ホビット 思いがけない冒険』公開後、ホビット村を訪れる観光客は、『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』公開後の2004年に記録した年間36万人を超えて40万人に達すると予想しているとのこと。
マタマタでは『ホビット』の撮影のために、44のホビットの家を新たに建設。設備及保持のために、庭師10人を含む約50名が雇用されています。 【stuff.co.nz】

*堺市と「ホビット庄」が仮想仮想姉妹都市提携を締結。
 11月14日、大阪府堺市と「ホビット庄」は仮想姉妹都市提携を正式に締結しました。同市ではこれを記念して、『ホビット 思いがけない冒険』の特別試写会とパネル展を実施することにしています。 【堺市】
11月13日(火) *EMPIRE、『ホビット 思いがけない冒険』サウンドトラック全曲を紹介。
 サントラ通常版の全26曲、トータル1時間45分5秒が試聴可能です。 【EMPIRE】

*ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』のオスカーキャンペーンを開始。
 来るべき賞レースに備えて、ワーナー・ブラザーズは自社作品をアカデミー会員に向けてアピールする「FOR YOUR CONSIDERATION」キャンペーンを開始。『ホビット 思いがけない冒険』の他に、『ダークナイト・ライジング』、『アルゴ』、『クラウド・アトラス』及び『Magic Mike』をプッシュ。
『ホビット』でノミネートをアピールしていく部門は、「作品賞」「監督賞(ピーター・ジャクソン)」「脚色賞(フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ピーター・ジャクソン&ギレルモ・デル・トロ)」「主演男優賞(マーティン・フリーマン)」「助演男優賞(イアン・マッケラン/リチャード・アーミテージ/アンディ・サーキス)」「助演女優賞(ケイト・ブランシェット)」「撮影賞(アンドリュー・レスニー)」他計16部門。 【WARNER BROS.】

*ワーナーエンターテイメントジャパン、『ホビット 思いがけない冒険』新60秒TVスポットを公開。
 未公開映像を多数含んだ日本版TVスポットは、各国のトールキンファンサイトでも話題に。 【YouTube(WBondemand)】
11月12日(月) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット第5弾を公開。 【YouTube(WarnerBrosPictures)】

*ウエリントン、「ホビット職人マーケット」の詳細を紹介。
 『ホビット』ワールドプレミアを祝うイベントの一環として、11月24日から28日までワイタンギ公園で開催。
映画に取り組んだ地元のアーティスト、工芸作家などが出演し、ガラスや革などの工芸品の展示販売の他、特殊メイクのデモンストレーション、『ホビット』をテーマにしたニュージーランド料理の屋台などを展開。地元住民が家族で楽しめるイベントとなっているとか。 【WellingtonNZ.com】

*Rolling Stone 、ニール・フィンの『ホビット』主題歌「Song of the Lonely Mountain」を紹介。
 “ドワーフの精神”で歌えるようにとジャクソンチームに提案され、実際にPJのオフィスで採鉱(mining)を数日行ってからレコーディングに入った、とニールが語っているのですが……オフィスの地下室で何を?^^;
「Song of the Lonely Mountain(はなれ山の歌)」はこちらからフルで視聴出来ます。 【Rolling Stone】

*ロイヤル・フィルム・パフォーマンス2012に、ウィリアム王子とキャサリン妃の出席が決定。
 『ホビット 思いがけない冒険』がゲスト作品として選出されたロイヤル・フィルム・パフォーマンス2012に、ケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下とキャサリン夫人の出席が決定したとCTBF(Cinema and Television Benevolent Fund)が公式アナウンス。12月12日、イギリスでの一般公開に先駆けてロンドンにて開催。 【CTBF】

*ドワーフ役のウィリアム・キルシャー 、マーク・ハドロー&ピーター・ハンブルトン、トロルのモーションキャプチャーも務めていることが明らかに。
 『ホビット 思いがけない冒険』公式ガイドブックから、ウィリアム・キルシャー(ビフール役)、ピーター・ハンブルトン(グローイン役)、そしてマーク・ハドロー(ドーリ役)が3人のトロル役のモーションキャプチャーも務めていることが判明。
ピーター・ハンブルトンがトロルのウィリアムを務めることは、本人のフィルモグラフィー(RESUME参照)から既に明らかでしたが、声の出演だけではなかったのですね。ちなみにこの3人はいずれも、声優やナレーターとしての豊富なキャリアでも有名です。 【El Anillo Único.com】


© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.
11月10日(土) *米トールキンファンサイト、『ホビット』の48fps上映館リストに日本の劇場を追加。
 米国内のみならず、『ホビット 思いがけない冒険』を48fpsで上映する世界中の劇場を紹介しているMIDDLE-EARTH NETWORKが、48fps上映が行われる日本国内の映画館のリストを掲載しました。リストにあがっているのは次の6劇場です。
おそらく現時点で判明している分だけと思われますが、確実なところは各劇場にお問い合わせ下さい。 【MIDDLE-EARTH NETWORK】
11月9日(金) *エンバシーシアター、メイン劇場を一時閉鎖。『ホビット』ワールドプレミアの準備進める。
 11月28日のワールドプレミアに向けて、会場となるウエリントンのエンバシーシアターでは、メイン劇場を今週から一時閉鎖。新しいスクリーンを導入し、36個のスピーカーと3台のプロジェクターも設置。カーテンと絨毯も新品に交代されました。
3D効果とドルビーアトモスの音響効果がどの席でも体験出来るかどうかを確かめるために、エンジニアが758席全部に座ってみて、確認作業を行ったとのこと。 【THE DOMINION POST】

*『ホビット 思いがけない冒険』の前売り券売り上げ、『トワイライト・サーガ 』『スカイフォール』を抜いて1位に。
 11月7日に『ホビット』の劇場前売り券の販売が始まった北米ですが、オンラインチケット販売のFantabgoにおける7日の全売り上げの33%を『ホビット 思いがけない冒険』が締め、第2位の『007スカイフォール』(31%)、第3位の『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2』(28%)を抜いて、第1位を記録したとEntertainment Weeklyが伝えています。 【EW.com】

*ワーナー・ブラザーズ、『ホビット』プロモーション用アプリ「POSTCARDS FROM MIDDLE-EARTH」を公開。
 中つ国の地図から4つのスポットを選ぶと、3Dポストカードが見られるアプリです。 【WarnerBros.com】
11月8日(木) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット』プロモーション用アプリ「WHICH MIDDLE-EARTH CHARACTER ARE YOU?」を公開。
 クイズ形式で質問に答えていくと、中つ国の4種族のうち、エルフ、ドワーフ、ホビット、魔法使いのどのタイプに自分が似ているかを判定してくれるゲームです。 【WarnerBros.com】

*『ホビット 思いがけない冒険』ジャパンプレミアの詳細をMovieWalker編集長が報告。
 12月1日(土)19:00より予定されているジャパンプレミア&特別試写会は、東京都内のTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催。
来日予定のキャスト・スタッフを迎えるハリウッドスタイルのレッドカーペットは六本木ヒルズヒルズのアリーナ、舞台挨拶付きの本編上映はヒルズのスクリーン7で行われ、同時間に特別試写会(舞台挨拶なし)もスクリーン5で行われます。
なお、来日キャストについてはまだ明らかにされておらず、本国からの正式報告があり次第、情報解禁とのことです。 【Twitter(MovieWalker編集長)】
11月7日(水) *北米における『ホビット 思いがけない冒険』劇場前売りチケット販売開始。
 アメリカとカナダの殆どの映画館で、12月14日に公開される『ホビット』の劇場前売りチケットの販売が開始されました。あちこちの劇場で、コスプレをして窓口に並ぶ熱心なファンの姿がみられたとのことです。 【TORn】
*仏PREMIERE誌11月号、『ホビット』舞台裏密着72時間を特集。
 初公開スチルも掲載。11月7日発売。 【PREMIERE】

*ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット第4弾公開。 【YouTube(WarnerBrosPictures)】

*『ホビット』公式サイト(英語)更新。
 TOPページが主要キャラクターポスターの切り替えになり、オリジナル・サウンドトラックの「The old Friends」が流れます。米国内の劇場チケット販売サイトへのリンクも有り。 【The Hobbit.com】
*『ホビット 思いがけない冒険』の縦長バナーポスター7種を公開。 【COMIC BOOK MOVIE.com】 【The One Ring.com】


© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.

*ニュージーランド航空、『ホビット』タイアップの安全ビデオのメイキングムービーを公開。 【YouTube(Air New Zealand)】
11月7日(水) *ウエリントン、エンバシー・シアターの初日チケット、ネット販売が先行し発売予定時間より早く完売。劇場窓口に並んだ人々にPJが救済措置を申し出。
 11月28日にワールドプレミアが行われるウエリントンのエンバシー・シアターでは、12月12日からの一般公開チケットの販売を7日深夜0:01より予定していました。ところが、同時刻に解禁される筈のオンラインによる申し込みが劇場窓口より早く(劇場側によれば2分早く、PC持参で並んでいたファンのレポによれば15分以上前に)始まっていたため、窓口が開いた時間には初回向けのチケットが完売していました。
窓口にはウエリントンのトールキンファンの集まりWelly-mootのメンバーを中心に、コスプレや揃いのTシャツを着た熱心なファンおよそ60名が並んでおり、facebookなどを通して怒りを訴えた彼らの声はピーター・ジャクソン監督の知るところとなりました。
PJは真っ先にスポークスマンのMatt Dravitzki氏を通じて、窓口に並んでいたファンの救済措置を取りたいとのメッセージを送ったとのことですが、ウェリントン観光(PWT)が懸賞用などで確保していた中から120席を提供する提案をし、Welly-mootの代表者でニュージーランド・トールキン協会創立会員でもあるJack Machiela氏を通じて、この申し出を受けることになったようです。【The Dominion Post】 【Welly-moot.com】

*『ホビット』スタジオ、アサイラムの『Age of the Hobbits』を商標侵害で提訴。
 ワーナー・ブラザーズとニューライン・シネマ、それにMGMと『ホビット』の商標権を管理しているゼインツ社は、大手映画会社が制作した有名タイトルの模倣B級映画で知られるアサイラム制作の『Age of the Hobbits』が商標侵害にあたるとして、11月7日、米連邦地裁に正式に訴訟の手続きを行いました。 【THR】

*米デニーズ独占『ホビット 思いがけない冒険』メイキングビデオ、YouTubeにUPされる。 【Youtube】

11月6日(火) *公式ガイドブック他『ホビット 思いがけない冒険』タイアップ本同時発売。
 11月6日に発売になった新刊は、『THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY OFFICIAL MOVIE GUIDE』(公式ガイドブック:Brian Sibley著)、『THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY VISUAL COMPANION』(ビジュアルコンパニオン:Jude Fishe著)及び子供向けとなる『THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY ACTIVITY BOOK』『THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY THE WORLD OF HOBBITS』そして『THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY THE MOVIE STORYBOOK』(この本については、邦訳版も11月10日発売)の計5冊です。



*ワーナー・ブラザーズ、『ホビット』上映館に「HFR 3D FAQ」を配布。
 『ホビット』を48fpsで上映する全米の劇場に、HFR 3D(High Frame Rate 3D)について観客向けに分かり易く説明した「HFR 3D FAQ」が 配布されました。 【REGAL ENTERTAINMENT GROUP】
11月5日(月) *『ホビット 思いがけない冒険』のジャパンプレミアに、マーティン・フリーマン来日決定とインロックの加藤有子氏。
 洋画雑誌MOVIE STARを発行する株式会社インロックの代表取締役加藤有子氏が、ビルボ役のマーティン・フリーマンの来日決定をツイッターで報告。 【Twitter(加藤有子)】
11月1日(木) *『ホビット』3Dキャラクターポスター、全17種公開。
 レンティキュラー技法による3Dポスターで、7月に開催されたサンディエゴ・コミコン会場に展示されたものと同様のデザインです。このうち5点はEMPIRE誌12月号の表紙にもなりました。 【COMIC BOOK MOVIE.com】 【BLEEDING COOL.com】
*『ホビット 思いがけない冒険』のサウンドトラック収録曲全リストが明らかに。
 通常版(Standard Edition)と特別版(Special Edition)の2種類が12月11日に同時発売。どちらも2枚組ですが、特別版は通常版には収録されない6曲のボーナストラックが収録されるのに加え、全曲中の7曲が延長ヴァージョン(Extended Version)になっています。
主題歌の『Song of the Lonely Mountain(はなれ山の歌) 』はかねてよりの噂通り、「クラウデッド・ハウス」のニール·フィンが担当しています。 【The Music of LotR Films.com】

© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.
*『ホビット 思いがけない冒険』の日本版新ポスター解禁。第2部の邦題も決定。
 日本版の新ポスターは、「つらぬき丸」を構えるマーティン・フリーマンのインターナショナル・ポスターが採用されています。
邦題が決定していなかった第2部の「THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG」は、『ホビット スマウグの荒らし場』となりました。 【映画.com】
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/347-a62410b1
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。