スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット 思いがけない冒険』ワールドプレミア詳細発表

2012年10月10日 12:24

11月28日に開催される『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアまであと51日となった10月8日、主催地ウエリントンではプレミアの祝典に関する詳細を公式発表致しました。
この発表とニュージーランドのニュース記事から、ウエリントンにおけるワールドプレミアについて現在分かっている情報を纏めてみました。まずはウエリントン公報全文から紹介致します。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

ウエリントンは『ホビット』のワールドプレミアを祝います。

2012年10月8日


あとちょうど50日余り後に、ニューライン・シネマとMGMの制作による『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアを主催するとき、ウエリントンは再び世界的にスポットライトを浴びることになります。
この非常に期待されているワールドプレミアのホストとしての役割を記念して、セリア・ウェイド-ブラウン市長は、ウェリントンがプレミアの週の間、『中つ国の中心(The Middle of Middle-earth)』と呼ばれることになるだろうと言いました。

↑真鍮のドアノブのついた丸い緑のドアは中つ国とホビットを、周囲を縁取る金の輪は“一つの指輪”を表し、ニュージーランドを象徴するコル(らせん形のシダ)の葉を配してウエリントンに敬意を示したとデザイナーのダニエル・リーヴ氏。

プレミア当日、500メートルのレッドカーペットを、PJと出演者たちは2時間かけて歩く。【NZ Herald】
「ウェリントンは、ニュージーランドの革新的で繁栄を続ける映画産業のまさに中心に座しています。J.R.R.トルキーンのファンタジーワールドに大スクリーン上で息吹を与えるのに不可欠だったものは都市なのです。ですから、プレミアのおよそ一週間の間、ウエリントンは『中つ国の中心』として知られることになるでしょう」

『中つ国の中心』のロゴは、『ホビット』3部作の地図製作とカリグラフィーを担当したアーティスト、ダニエル・リーヴによってデザインされました。

「『ホビット 思いがけない冒険』が“中つ国の中心”でワールドプレミアを迎えることに、本当にわくわくします」と監督のサー・ピーター・ジャクソンは言いました。
「世界中のどこも、ウエリントンのようなプレミアを行ったとことろはありませんでした。市長と議会、そしてすべてのウエリントン市民の支援に、心から感謝します。初めて観客に映画を観てもらうというのは特別なことなのです。ましてや、それが故郷で行われるのですから尚更です」
ハリウッドスターやレッドカーペットの経営幹部と同様に、ジャクソンと映画のキャストたちも、VIPだけが招待された11月28日夜のワールドプレミアに参加します。

「わたしたちは、ウエリントンでの『ホビット 思いがけない冒険』の刺激的なプレミアで『中つ国の中心』の祝宴に参加出来ることを嬉しく思います」とワーナー・ブラザーズの国際マーケティング部門代表スー・クロールは言いました。
「それは3部作の制作を通して中つ国の本拠地であった国から、世界に向けて映画をデビューさせるユニークな機会です」

スターとVIPたちは、リーディングシネマからエンバシーシアターまでの500メートル以上あるレッドカーペットを歩きます。そして両劇場は、プレミアナイトの招待客のために映画を上映します。ワールドプレミアのイベントは、世界中のマスコミによって報道されるでしょう。

「ウエリントンは、世界に通用する第一級のレッドカーペット・プレミアを開催する実績を確立しました。そしてこの都市は再び『世界で最もクールな小さな首都(The Coolest Little Capital in the World)』*であることを証明すると、わたしたちは確信しています」とウェイド-ブラウン市長は言いました。
「『ホビット』プレミアの準備はまた、ウエリントンの物語---才能が活かされ、仕事や大きなビジネスの場としての『最もクールな小さな首都』---を語る素晴らしい機会なのです」

(管理人注:ウエリントンは昨年、世界的に有名な旅行ガイドブック「ロンリープラネット(Lonely Planet)」によって「The Coolest Little Capital in the World」に選出されています)

ウェリントン市議会はプレミアウィークの活動と、再びウエリントンが国際的なスポットライトの下で最高の状態に見えることを確実にするために、110万NZドルを援助します。
ワールドプレミアのための祝典と準備は既に進行中です。そのハイライトは次のものを含んでいます:

  • エンバシーシアターの正面に「カウントダウン時計」を設置し、プレミア式典の開始に合わせて分刻みでカウントダウンします。
  • 訪問客を歓迎するために、ウエリントン国際空港及び都市全域で、『ホビット』3部作にインスパイアされた第一級のアートワークの展示を行います。
  • 『ホビット』3部作のメイキングに関係した職人たちが様々な才能と技術を披露する「『ホビット』職人フェスティバル」をワイタンギ公園にて開催します。
  • 『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を野外で無料上映し、プレミアナイトのイベントに繋げます。
*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

気になるのはピーター・ジャクソン監督とともにレッドカーペットに登場する『ホビット』出演者ですが、これについてはまだ秘密にされています。

「今日は皆さんに何も言うことが出来ませんが、全てはやがて明らかになりますよ。ウエリントンは世界中の他のどの場所よりも、そうロサンゼルス以上に、プレミアを行う方法に熟知しているのですから」と、ウィングナット・フィルムズのスポークスマンで、ジャクソン監督の個人秘書でもあるMatt Dravitzki氏。【TVNZ (10月8日付)】

また、ワールドプレミアを前に来月ウエリントン国際空港を訪れる旅行者のために、パスポートの記念スタンプを検討中であることを税関が認めています。
税関の報道担当者は、「中つ国スタンプ」のアイデアが進行中であり、ラグビーのワールドカップの入国スタンプ同様特別バージョンになるだろうと言っています。
「なにも確定されていませんが、税関とニュージーランド移民局、そしてニュージーランド観光局の職員がアイデアを議論する為に今週会う予定です」

ウエリントン市議会のスポークスマン、クレイトン・アンダーゾンは、「『Absolutely Positively Wellington 』(*20年来使用されてきたウエリントンの有名なスローガン)同様、プレミア期間中にウエリントンは『中つ国の中心(The Middle of Middle-earth)』として知られるようになるでしょう」と述べています。

セリア・ウェイド-ブラウン市長と、ウィングナット・フィルムズのMatt Dravitzki氏は、8日にエンバシーシアターの「カウントダウン時計」を立ち上げました。
また、イベントディレクターのジェイミー·ウィルソン氏は、『ロード・オブ・ザ・リング 2つの塔』の巨大なゴラムのように、エンバシーシアターにも『ホビット』の巨大なキャラクターが、 3 Foot 7の美術部門によって設置される予定であると語ったそうです。【Stuff.co.nz (10月9日付)】


…といったところですが、最後に「数字で見る『ホビット』ワールドプレミア」をどうぞ。

  • 500メートル……レッドカーペットの長さ
  • 110万ドル……ウエリントン市議会がプレミアに提供した援助金
  • 15,000人……ワイタンギ公園からプレミアのライブを見ると予想されている人々の数
  • 100,000+人……プレミアに集まると予想されている人々の数
  • 100+人……世界各国から取材にくる報道陣の数
  • 950万ドル……ワールドプレミアの経済効果(『ロード・オブ・ザ・リング:王の帰還』を上回るものとして算出)
  • 最大150,000人……ニュージーランドに訪問した主な理由が『ロード・オブ・ザ・リング』だった2004年の外国人観光客の数
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/340-a5a07f13
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。