スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2012年8月 〜

2012年08月31日 23:59

8月31日(金) *ニューライン・シネマとワーナー・ブラザーズ、『ホビット』第2部と第3部のタイトル決定。第3部の公開日も発表に。
 第2部「The Hobbit: The Desolation of Smaug(スマウグの荒し場)」、第3部「The Hobbit: There and Back Again(『ホビット ゆきて帰りし物語』」に決定。第3部の公開日は、2014年7月18日に。 【THR】
8月30日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』のタイアップ書籍の画像がネット流出。闇の森の王スランドゥイルの初写真にファン騒然。
 この日発売になった「The Hobbit : An Unexpected Journey - Annual 2013」から、スランドゥイル他、白の会議の面々、13人のドワーフたちの新画像などがネット上に登場。 【nzNordor.com】 【flicker】

© MGM, New Line Cinema, WingNut
 Films & Warner Bros.
The Hobbit: an Unexpected Journey - Annual 2013
The Hobbit: an Unexpected Journey
- Annual 2013
 (2012/08/30)
8月24日(金) *ピーター・ジャクソン監督、『ホビット』におけるギレルモ・デル・トロ前監督のデザインについて語る。
 「ギレルモは『ホビット』のために沢山のデザインをしていたよ。監督を引き継いだとき彼のデザインを見たけれど、その多くは『パンズ・ラビリンス』や『ヘルボーイ』で皆が知っているような、まさしく“ギレルモ的”なものだったんだ。彼の芸術的なビジョンのままでは、ぼくの映画は出来ない。ギレルモ·デル·トロの映画を作ることができる唯一の人間は、ギレルモだけだ。ぼくじゃ駄目なんだよ。
他の誰かのアイデアを自分のものとすることは僕には出来ないから、最初から生み出さなければならなかったんだ。だけど、ギレルモのDNAの一部はまだそこにある。彼のデザインで、とてもクールだと思った部分はアレンジして少し使ったよ。だけど、殆どはデザインし直したものなんだ」
…ギレルモ版はギレルモ版で、ものすごく見たいです。 【io9.com】
8月23日(木) *ニュージーランド政府観光局、『ホビット 思いがけない冒険』の公開に先駆け、“100% Middle-earth 100% Pure New Zealand”キャンペーンを展開。そのプロモーションビデオが公開に。
 ちなみに、ナレーションで美声を披露しているのは、老ビルボ役の名優、サー・イアン・ホルムです。 【NewZealand.com】

8月22日(水) *ワーナー、北米における『ホビット』の48fps上映で、特別料金を取らないことを決定。
 既に3D料金が通常より3~5$高いため、48フレーム/秒での上映館においても、追加料金は取らない方針とのこと。 【Variety】
8月20日(月) *ロンドンにおいて、『ホビット』サウンドトラックのレコーディング・セッション開始。 【THE MUSIC OF THE LORD OF THE RINGS FILMS】

*「The Hobbit an Unexpected Journey 2013 Calendar」の画像がネット流出。ラダガストや甲冑のエルロンドなどの姿が明らかに。 【ThorinOakenshield.net】
The Hobbit an Unexpected Journey 2013 Calendar
The Hobbit an Unexpected Journey 2013 Calendar
(2012/09/25)
2013 Hobbit Unex Jrney-W
8月19日(日) *ベネディクト・カンバーバッチ、『ホビット』第1部にも登場を示唆。
 「ぼくの(スマウグとしての)目は、最初の映画の終わりに開くかもしれないね。残りは第2部で見られるよ」とジャーナリストのアン・リチャードソンによるインタビューで。 【CUMBERBATCHWEB】
8月11日(土) *ベネディクト・カンバーバッチ、スマウグを演じた感想を語る。
 「スマウグは大量の金の山の上で生きている400才の攻撃的な長虫(worm)で、エンパイアステートビルより3倍も4倍も大きくて、しかも飛ぶことが出来るんだ。モーションキャプチャー用のスーツときたら、スカルキャップ(カトリックの聖職者やユダヤ人や老人が被る縁なし帽)にマドンナのヘッドセット(マイク付きヘッドホン)を着けて、原住民のようなフェイスペイントをした、一体型のグレーのジャンプスーツってとこだ。そんな装置のせいで自分が馬鹿みたいに見えるんだけど、すぐにそんなことを忘れるくらいピーター(・ジャクソン)は愉快なんだ」 【The Telegraph】
8月10日(金) *ドミニオンポスト紙、ウエリントンの映画館における48fps上映設備の遅れを指摘。
 11月28日にワールドプレミアを予定しているエンバシー・シアターを含むウエリントンの上映館で、48fps上映の設備が完了した劇場がまだ一つも確認出来ていないと報告。ワールドプレミアまでには導入と総支配人のカルメン・スウィツァー氏。 【The Dominion Post】
8月9日(木) *ミニチュアメーカー、ゲームズ・ワークショップの『ホビット』シリーズのリリースプランとされる文書がネットに浮上。リストに登場するキャラクターが物議を醸す。
 キーリとフィーリの母であるディースや、エルフのアムロスのみならず、トールキン作品には登場しないモンスターまで含むこのリストの真偽の程は不明。 【PASTEBIN】

《追記》9月1日、TORnはこのテキストを「非常に成功でよく研究されて入るが偽物」というゲームズ・ワークショップ関係者のコメントを紹介している。 【TORn】
8月8日(水) *『ホビット』撮影に使用された動物への虐待疑惑を地元紙が報道。
 動物の管理にあたっていた元担当者が、撮影での不適切な扱いが原因で、馬3頭の他に、羊6頭、山羊3頭、ニワトリ10羽が死亡したと主張。
これに対して制作会社である3Foot7は、「わたしたちは制作全般に渡り、動物たちと密接に関わり、状態を気にかけ、アメリカ動物愛護協会のガイドラインを遵守するよう細心の注意を心がけています。 また、全ての動物たちの継続的な健康と福祉を確保するため、地元の獣医と連携しながら撮影しています」とコメント。 【TORn】



《追記》8月9日、アメリカ動物愛護協会は、「『ホビット』の制作について、制作会社は動物の安全についてのガイドラインを遵守していた」とのコメントを発表。 【TORn】
8月7日(火) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』の48fps上映を、限定館からスタートすることを決定。
 劇場の多くで、48フレーム毎秒フォーマットを上映するための設備が整っていないことを受けての決定。今後の設備の促進が、『ホビット』の成功にかかっているとする声もある。 【VARIETY】
8月1日(水) *RealDから『ホビット』限定3D眼鏡ペアセットを限定販売。 【HobbitFilm/it】
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/335-a73bb5ad
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。