スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2012年9月 〜

2012年09月30日 23:59

9月30日(日) *ベネディクト・カンバーバッチ、インタビューでモーション・キャプチャーについて語る。
 「とても解放された気分だった。一度スーツを着てセンサーを付けると、何物にも妨げられない自由な感覚になるんだ。ちょっとありふれた官庁のビルに似た建物の絨毯の上で、無一文になった気分になる。4台の固定カメラと全てのセンサーで、ありのままのぼくになるんだ。それからWETAのスタッフが魔法をかけるんだよ」 【TotalFilm】
9月28日(金)
© MGM, New Line Cinema, WingNut
 Films & Warner Bros.
*『ホビット 思いがけない冒険』の劇場用ポスター新バージョン公開。
 今回のバージョンは「ドワーフ」。個性的な13人のドワーフたちが勢揃い! 【facebook(Peter Jackson)】

*ワーナー・ブラザーズ、Wallpaper Generator の新バージョン、キャラクター編を公開。
 袋小路屋敷に集合したガンダルフとドワーフたち。パソコン用、モバイル用壁紙の他に、facebookやTwitter用のアイコン、各種スキンも作成出来ます。 【WarnerBros.com】

*The Bridge Direct、10月発売の『ホビット』アクションフィギュアについて最終プレスリリース発表。
 回収の噂もあったレゴラスとタウリエルのフィギュアも含め、予定通り10月1日から販売。 【TORn】
9月26日(水) *ワーナー・ブラザーズ、10月以降販売予定で製作したフィギュア等の一部をメーカーに回収依頼との噂。
 『ホビット』が2部作から3部作になったため、『ホビット 思いがけない冒険』のアクションフィギュアなどのタイアップ製作の中から、第2部以降に登場するキャラクターを含む製品の回収を急いでいるとHDRF。
回収対象となっているのは、1.ビヨルンとビヨルンの家 2.闇の森とクモたち 3.スランドゥイルの要塞 4.スランドゥイル 5.レゴラス 6.タウリエル 7.闇の森の衛兵たち 8.逃げ出す樽の群れ〜川辺(バルド含む)とのこと。
このことは、第1部のエンディングに関する先日来の噂(9月10日参照)を裏付けるものとされていますが、真偽の程は不明です。尚、amazon等ではアクションフィギュアの予約はそのまま続行しているようです。 【HDRF】

《追記》上記ソースから記事が削除された為、別サイトの同様の内容の記事を紹介しておきます。(9月27日)【TORn】
9月25日(火) *『ホビット』アクション・フィギュアから、エルフの女戦士タウリエルの姿が明らかに。 【ComicBookMovie】
9月24日(月) *英国王室主催のチャリティーイベント「ロイヤル・フィルム・パフォーマンス」2012年度招待作品に『ホビット 思いがけない冒険』が選出される。
 英皇室を招待して開催される「ロイヤル・フィルム・パフォーマンス」とは、CTBF(Cinema and Television Benevolent Fund:映画やテレビ業界で働く人々とその家族の事故や病気、また失業や死亡した場合などのケアと財政援助をする慈善基金)のためのチャリティーイベントで、今年で65回目になります。
「『ホビット 思いがけない冒険』が英国における映画とテレビの共同体で最も困窮している人々を支援するCTBFの仕事に協力出来ることのは、まったく理に適ったことです。この映画にはかなりの数の英国のキャストとクルーが参加していますから」と英ワーナー・ブラザーズのチーフ、ジョシュ・ベルガー。開催は12月12日ロンドンにて。 【DEADLINE】
9月23日(日)
© MGM, New Line Cinema, WingNut
 Films & Warner Bros.
*『ホビット 思いがけない冒険』の劇場用ポスター新バージョン公開。
 マーティン・フリーマン演じるビルボの凛々しい姿が話題に。 【facebook(Peter Jackson)】
9月22日(土) *HAPPY HOBBIT DAY!!

*『ホビット』アクション・フィギュアから、オークのボルグ、ゴブリンの王他の姿が明らかに。 【ComicBookMovie】

9月21日(金) *『ホビット 思いがけない冒険』の上映時間は123分と、パリの映画館 le Grand RexのWebサイトが掲載。 【le Grand Rex】
9月19日(水) *『ホビット 思いがけない冒険』の第2予告編公開!
 エンディングの異なる別バージョン4本も、『ホビット』公式サイトに登場。 【Apple.com】 【The Hobbit.com】
9月18日(火) *新予告編からのスチール10枚が公開に。 【COLLIDER.com】

*サンディエゴ・コミコン用に作成されたものと思われる『ホビット』プロモーションビデオがネット流出。
 ビデオには、エスガロスやスマウグの広間等のメイキングシーンが含まれており、ルーク・エヴァンズ扮するバルドや、スティーヴン・フライ演じる「湖の町の町長」の姿もありました(*これらの場面をカットし、コミコン会場の様子を足して再編集されたものが、プロダクションビデオ#8としてネット公開されたものです)フランスの映画サイトからヨーロッパのトールキンファンサイトを経由して広まったそれは、ワーナー・ブラザーズの知るところとなり、すぐに削除要請が出されました。【TolkienDrim.com】
9月17日(月) *ウエリントン市議会、『ホビット』ワールドプレミアのため、前日の11月27日からコートニー・プレイス周辺の道路を封鎖することを検討。
 11月27日21時から翌5時30分までの交通封鎖を議論。道路封鎖についての苦情を書面にて9月28日17時まで受付中とMSNニュース。また、News talk ZB(9月18日付)では、会場周辺の道路のいくつかを、最大36時間通行止めの計画と報じています。 【MSN】 【News talk ZB】

*ワーナー・ブラザーズ、ニューライン・シネマ及びMGM、トールキン週間の映画タイアップイベントを共同発表。
 「ホビットの日(HOBBIT DAY)」に先駆け、9月19日に新予告編を衛星放送、オンライン、及び劇場で公開。他のイベントについてもプレスリリースで報告。 【Yahoo.com】

*USA TODAY(オンライン)が、『ホビット 思いがけない冒険』の未公開6枚を含むスチルを公開。 【USA TODAY】

*ピーター・ジャクソン監督、ファンに向けたメッセージビデオで、『ホビット 思いがけない冒険』の新予告編公開を9月19日と報告。
 HOBBIT DAY(トールキンファンの祭日で、ビルボとフロドの誕生日である9月22日。1978年にアメリカのトールキン協会が宣言した)のお祝いとして公開とジャクソン監督のフェイスブックにて。また、トールキン週間となる今週中にファンに向け、特別なコンテンツを共有するとも言っています。 【facebook (Peater Jackson)】
9月16日(日) *アクションフィギュアのパッケージから、エルフのタウリエル、オークのフィンブルなどの画像が流出。 【TolkienDrim.com】

《追記》最初に取り上げたサイト(上記ソース)から記事が削除された為、別サイトを紹介しておきます。(9月19日)【elanillounico.com】
9月15日(土) *ワーナー・ブラザーズが『ホビット 思いがけない冒険』のプロモーションとして、「中つ国のレシピ」公開。レシピの投稿も受け付け。 【WarnerBros.com】
9月14日(金) *『ホビット 思いがけない冒険』公開まで、あと3ヶ月となりました。
9月13日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』のポスターの中つ国は、英ノーサンバーランド州であることを地元紙が指摘。
 ガンダルフがホビット村を歩くデザインの公式ポスターに使用された背景が、ロケーションが行われたニュージーランドではなく、イングランド最北の地域、ノーサンバーランド州のエドリンガム城周辺であることを、Northumberland Gazette紙の読者が指摘(比較写真あり) 【Northumberland Gazette】

《追記》6500万ドルの予算が投じられたニュージーランド政府観光局によるキャンペーン、「100%中つ国、100%ピュア・ニュージーランド」に影響を与えるのではないかとニュージーランドヘラルド紙。NZ政府観光局によるコメントは得られていません。 (9月17日)【NZ Herald】

*Alberta Film Ratingsのリストに『ホビット 思いがけない冒険』 の新予告編情報登場。
 尺は2'25"、レーティングはPG(12歳未満の鑑賞には成人保護者の助言や指導が適当)
ネット公開は、Hobbit Day(9月22日) あたりとの予想。 【Alberta Film Ratings】

*11月28日に開催される『ホビット 思いがけない冒険』ワールドプレミアに向けて、ウエリントン空港とウェタ・ワークショップが共同で、空港内部に“仕掛け”を制作するプランを発表。
 どんなものが造られるかは開発段階を理由に発表されていませんが、「誰にとってもインタラクティブで、息をのむような新しい創作物を展開します」とウエリントン空港最高責任者のスティーヴン・サンダーソン氏。
ウェタ・ワークショップのクリエイティブ・ディレクターであるリチャード・テイラーは、「わたしたちの素晴らしい街を訪問する沢山の旅行者に、大きな喜びを与える何かを、ウエリントン空港と再び制作出来ることにわくわくしています」とコメント。 【facebook(Weta Workshop)】
9月11日(火) *『ホビット』3部作とNZ政府観光局とのタイアップ『100%中つ国、100%ピュア・ニュージーランド』キャンペーン、在日ニュージーランド大使館大使公邸にて発表される。
 記者会見には、来日したジョン・キーNZ首相兼観光大臣と、『ホビット』3部作を配給するワーナー・エンターテイメント・ジャパン代表のウィリアム・アイアトン氏も登壇。ニュージーランド政府観光局のコマーシャルの劇場上映、公式WEBサイト、ホビット村撮影地へのガイド付きツアーなど、今後の展開を発表。
また、『ホビット』とグローバル・パートナーシップを結ぶニュージーランド航空のプロモーションも紹介され、英国・北米発着便のボーイング777機の機体をホビット仕様にする他、離陸前に放映される安全ビデオの「ホビット」特別バージョンの機内上映、客室乗務員の耳をホビット耳にするなどの演出も行うと発表しました。 【ハリウッドチャンネル】
9月10日(月) *ニュージーランド・ポストから、『ホビット 思いがけない冒険』を図案にした記念切手及びコインの発売が発表される。
 11月1日より発売開始。公開されたのは、マーティン・フリーマン演じるビルボをデザインした70ニュージーランド・セントの切手のみ。同シリーズのラインナップ詳細は予約開始日の10月8日となります。 【New Zealand Post】

《追記》NZ POSTは、既に公開されたビルボの切手の他に、ドワーフやエルフをデザインしたセットの販売も行う予定とのこと。コインも第2部、第3部についてそれぞれ発行の予定。(9月11日) 【stuff.co.nz】
*ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』バナーの末尾部分の画像公開。
 件のシーンは、樹上へと追いつめられたビルボたちに向かって鷲たちがやってくるところ。このことから、第1部では闇の森に到らず、ワーグとゴブリンの攻撃からの鷲たちによる一行の救出をクライマックスとして第2部へ続くという見方をするサイトも。 【WARNERBROS.com】 【MOVIES.com】


© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.
9月7日(土) *ワーナー・ブラザーズ、iPad及びiPhone用の無料アプリ『Hobbit Movies』を公開。
 本編カット、キャラクター、袋小路屋敷の周囲360°のショットなど、大量の初公開スチルを含む60枚以上がDL可能に。 【Apple.com】

*ニュージーランドにおける『ホビット 思いがけない冒険』の一般公開日が、2012年12月14日から12月13日に変更。 【TORn】 【IMDb】

*日本における『ホビット ゆきて帰りし物語』(第3部)の公開日が決定。
 3部作のいずれも、世界同時公開日と同じ日程で公開が決定。これによって、第1部『ホビット 思いがけない冒険』が2012年12月14日、第2部『The Hobbit: The Desolation of Smaug(スマウグの荒し場)』(邦題未定)が2013年12月13日、第3部『ホビット ゆきて帰りし物語』が2014年7月18日に公開となりました。 【シネマトゥデイ】
9月5日(水) *ウエリントン市議会、ミラマー半島北部の敷地を『ホビット』の撮影用に提供する期間を、最高16ヶ月間延長することを承認。
 『ホビット』が3部作になったことを受けて、2012年8月31日までだった敷地の使用許可を、2013年12月31日まで延長することに合意。谷間の国のオープンセットもここに建てらています。(ここでスマウグによって蹂躙される谷間の国が撮られるのではないかという噂もありますが、第2部のタイトルが『The Desolation of Smaug(スマウグの荒し場)』に決まったことからの推測で、根拠はない模様) 【The Dominion Post】


大きな地図で見る
9月4日(火) *『ホビット 思いがけない冒険』公開まで、あと100日となりました。
9月3日(月) *ビヨルン役のミカエル・パーシュブラント、ニュージーランドでの追加撮影について、映画サイトのインタビューで語る。
 「より多くのシーンを撮ることが決定したのでニュージーランドに戻ります。監督たちは映画を3本に分けなくてはなりません。既に沢山の素材を撮影済みですが、この試みで更に映画が素晴らしくなることを確信しています」とパーシュブラント。
IMDbでは、既に3部作全ての出演者リストに彼の名前を載せていますが、ビヨルンの登場シーンが当初の予定より拡大されたのかどうか、どのように分けられるのかは不明です。また同記事は、3部作になったことで、パーシュブラント以外の複数の俳優に追加撮影依頼の電話があったとも報じています。 【MOVIEZINE】

*映画『ホビット 思いがけない冒険』のタイアップ書籍「The Hobbit : An Unexpected Journey - Annual 2013」から、ゴブリンとトーリン・オーケンシールドの未公開スチルが流出。
 ゴブリン画像は、先月SF-Fan.deがリークしたキャラクター設定の記述から、ゴブリンの王と、その手下のGRINNAHと思われます。 【TolkienDrim】 【RichardArmitage.net】
9月1日(土) *ハーパー・コリンズ社、『ホビット 思いがけない冒険』の「公式ガイドブック」、「ビジュアル・コンパニオン」他、映画とのタイアップ書籍計6冊の表紙を公開。 【TORn】
The Hobbit: An Unexpected Journey - Official Movie Guide The Hobbit: An Unexpected Journey - Visual Companion The Hobbit: An Unexpected Journey Activity Book
The Hobbit: An Unexpected Journey - Official Movie Guide
(2012/11/08) Brian Sibley
The Hobbit: An Unexpected Journey - Visual Companion
(2012/11/08) Jude Fisher
The Hobbit: An Unexpected Journey Activity Book
(2012/11/06) Paddy Kempshall
The Hobbit: An Unexpected Journey - THE WORLD OF HOBBITS (Hobbit Film Tie in) The Hobbit: An Unexpected Journey - MOVIE STORYBOOK (Hobbit Film Tie in) The Hobbit: An Unexpected Journey: Chronicles: Art & Design
The Hobbit: An Unexpected Journey - THE WORLD OF HOBBITS
(2012/11)
The Hobbit: An Unexpected Journey - MOVIE STORYBOOK
(2012/11)
The Hobbit: An Unexpected Journey: Chronicles: Art & Design
(2012/12/14) Weta Workshop
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/333-0e9239bb
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。