スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督、『ホビットの冒険』の魅力を語る

2008年06月21日 23:58

ソースの日付前後しますが、「Geek Monthly」(何だか楽しそうな雑誌ですねv)7月号の特集記事は、デル・トロ監督の新作『ヘルボーイ2』!
同誌のインタビュー記事の中で、デル・トロ監督が『ホビットの冒険』について語った部分のトランスクリプトが、TORnに掲載されております(ありがたや!)
先月行われたライブチャットの内容と重複してはいますが、こちらも、ギレルモ監督の確固とした信念が伺えて、なかなか興味深いものになっております。
相変わらず“なんちゃって意訳”ですまんこってすが、御覧くだせぇまし☆


Geek Monthly「現在、『ホビットの冒険』2部作を準備中とのことですが、その魅力について話して下さいませんか?」
GDT「僕は子供の頃、『ホビットの冒険』と『指輪物語』を一緒に買ったんだ。お小遣いを稼ぐのが大変だったよ。まだ11歳だったからね。友人の薦めもあって『指輪物語』も読み始めたんだが、興味を持つことは出来なかったんだ。勿論、今は全て読了しているよ。だけど、『ホビット・・・』には本当に魅了された。ビルボと一体感を持ったんだ。世界の向こうはどんなか、主人公が隠遁的な生活からどのようにして旅立ったかを、その物語は語ってくれた。几帳面な小男が、ドワーフの驚くべき一団によって、どうやって素晴らしい冒険へ引きずられていったかをね。
小説は非常に無邪気に始まり、悲劇的な最後とは言わないが、とてもほろ苦い調子で終わるんだ。何というか、第一次大戦時のイギリス人、イノセンスを喪失して勇ましさを獲得する、言わば青年期への移行を意味しているんだね。
ちょっと目を通しただけでも、本当に魅力的な話なんだ。軽妙で気取りのないトールキン独自の個性だね。彼は信じられないくらい簡潔に、お伽話として語るんだよ。お伽話の中ではいつだって、王国の中に良い少年がいたじゃないか。この彼特有の魅力に、即座に捕まってしまったのさ。
その中でも特に僕を魅了しているものを選ばなくちゃならないとしたら、それはスマウグと蜘蛛たちだろうね。この二つの映画は、僕の人生の中でも最高の経験になると思うよ」

Geek Monthly「あなたが熟練した映画作家であるという事実に関わらず、ピーター・ジャクソンが成し遂げた三部作に続くことに、不安を感じていませんか?」
GDT「いや、全然。僕たちがやろうとしているのは、言わばシンフォニーの美しい序曲を作ることなんだ。序曲は異なる雰囲気を持っていても、その音色はシンフォニーに属しているだろう?
僕の考えとしては、『ホビットの冒険』が(『ロード・オブ・ザ・リング』の)半世紀前の事件ならば、指輪の仲間のことに若干触れてもいいんじゃないかと思っているんだ。
僕たちはもう、ガンダルフが誰かも、ゴラムがどんなふうかも知っているんだし、既に確立された世界観は重んじるつもりだよ。だけど、その範例内でこれは僕の映画で、映画作りを楽しむつもりであって、ずっと考え続けている気はないんだ。
僕は慎重に計画する。愛をもってそれをするんだ。僕自身が楽しい気分で撮れる世界じゃなかったら、過去に断ってきた有利なフランチャイズ同様、この話も断ってたさ。全然問題ないね。彼(ピーター・ジャクソン)が作った世界が好きだから、夢中になってるよ。
僕が望むことは、みんなが黄金期にあるホビット庄を見て、二本の映画が展開するのを存分に楽しんで、そして途切れることなく『旅の仲間』の世界へ入れることだね」


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
デフォで「拍手」ツールがついているのを見た時には「何じゃこれ?」と思いましたが(いまだ何もカスタマイズしてません(^.^; )、ポチッとして頂けたのがとっても嬉しかったので、そのままです(笑)いつも本当に有り難うございます!

マカヴォイ=ビルボ→ホルム=ビルボのイメージが出来ない?(^o^)
ジェームズ君がビルボを演じるかどうかはともかく、メイクやコスチューム、何より役作りで、思いもしなかった俳優さんが、すっかり以前と違ったイメージでぴったり役にはまることは、よくあることですよね。ここはデル・トロ監督を始め、PJたちスタッフの目利き具合を信じて、配役発表を待ちましょう~♪
いつもコメント、有り難うございます。今年は長梅雨になりそうですが、七夕は晴れるといいですね。蒸し暑い日が続いていますが、お身体にはくれぐれも気をつけてお過ごし下さいませ(*^^*)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/33-71cb81b0
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。