スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァンジェリン・リリー、映画『ホビット』を語る

2011年09月20日 01:58

映画『ホビットの冒険』で、エルフの女戦士タウリエルを演じるエヴァンジェリン・リリーが、SFX誌のインタビューに応えて、この秋全米公開の映画『リアル・スティール』(監督:ショーン・レヴィ、主演:ヒュー・ジャックマン)と、現在撮影中の『ホビットの冒険』について語っています。

その中からいつものように、『ホビット』についての質問を抜粋してご紹介致しますね。
中でも興味深いのは、少女時代からの熱心な原作ファンである彼女が、映画のオリジナルキャラクターを演じることを快諾したその理由でしょうか。まずはご一読下さいませ。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

SFX 「現在『ホビットの冒険』の撮影のために、ピーター・ジャクソンと共にニュージーランドに滞在中とのことですが、他の俳優たちが尻込みするほどの長い拘束期間ですね。そのことに懸念はありませんでしたか?」

エヴァンジェリン 「1年間はニュージーランドを行き来することになるわ。多くの俳優たちにとっては、その間に他の役を演じる自由がないから、キャリア上問題になることもあるでしょうね。でも、私にとっては完璧な時間よ。だって、家族と共に過ごす時間が欲しいし、リラックスして、物書きにも専念したいから。この役はその為の骨組みをわたしに与えてくれるのよ。私は始終働いている訳じゃないけど、充分な仕事をしているわ。全く働いていなかったら、居場所もなく時間を持て余して何も達成出来ないでしょうね。これは家族と疎遠にならない柔軟な労働環境なのよ」

SFX 「『LOST』でケイトを演じていたときは、いつもスタントもこなされていましたが、『ホビット』の為にはどんな準備をなさっていますか?」

エヴァンジェリン 「どんな映画でもその題材についての独学が必要となるものよ。それはしばしば、全く知らないことだったりするわ。ちょうど今私はエルフ語を勉強していて、それから弓と剣術を学んでいるの。タフな囚人としてではなく、エルフらしく戦うにはどうしたらいいかをスタッフと話したわ(笑)」

SFX 「『ホビット』のキャストに加わることについて、躊躇いはありましたか?」

エヴァンジェリン 「13歳の頃から『ホビットの冒険』や『指輪物語』の原作ファンだったから、簡単なことだったわ」

SFX 「昔からの原作ファンとして、ジャクソン監督が『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に加えた物語の変更をどう思われましたか?」

エヴァンジェリン 「『ロード・オブ・ザ・リング』が劇場公開になったとき、絶対に観に行かないって心に誓ったわ。誰が映画化したとしても、それは原作に対する冒涜だと思ったからよ。誰も原作に見合う充分な仕事をして、映画化を正当化することが出来るなんて考えてもみなかったの。
でも、帰省中に家族全員で映画を観にいくことになって…私は折れて皆と一緒に行ったの。わたしたち全員が原作ファンだったけど、全員が映画に圧倒されたわ!それは冒涜というよりもむしろ原作に対する敬意に満ちていたわ。ピーター・ジャクソンが成し遂げた魔法の一片ね」


SFX 「タウリエルはトールキン神話の新しい登場人物ですね。あなた自身が原作の純粋主義者であるように、ファンがあなたの役にどのように反応するかを恐れていますか?」

エヴァンジェリン 「ええ、それはもう!皆がこの映画を観て、私が映画の汚点となる日のことをとても心配しているわ。私は純粋主義者がどのくらい頑固か分かっているから。私自身がその一人ですものね!
でも、大人として『ホビットの冒険』を再読してみたとき、映画化して物語を肉付けするためには、追加のキャラクター、特に女性のキャラクターが必要である理由が分かったわ!『ホビットの冒険』は女性キャラが全く登場しない、単純な構成の子供向けの本よ。ピーター(・ジャクソン)とフラン(・ウォルシュ)それにフィリッパ(・ボウエン)がやったことの全ては、とても二次元的な物語に三次元を加える一方で、トールキン世界と完全に調和させることなのよ」



accesshollywood.comのインタビューで、覚えたてのエルフ語を披露するエヴァンジェリン。


  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
■Fさま
ジャクソン監督の現場は、いつも活気に溢れていてフレンドリーで、クルー全てが「皆の為にもっと良い仕事がしたい!ここならそれが出来る」といった信頼からなる相乗効果でもって動いている感じがします。本当はそれは凄くしんどいことなんだけど、その雰囲気を引き出すのがPJのカリスマかな?なんて思っています。それを見るわたしたちまで、元気を貰えそうですよね!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/318-d64971f7
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。