スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』プロダクションダイアリー 第2弾公開

2011年07月11日 06:52

7月8日、ピーター・ジャクソン監督は自身のフェイスブック上で、『ホビットの冒険』のプロダクションビデオ、その第2弾をアップしました。
10分を越えるそのムービーには、ウエリントンのストーン・ストリート・スタジオで行われていた撮影の第1ブロック終了の様子から、第2ブロックの撮影を前に行われたニュージーランド南島でのロケハンの様子が紹介されています。
毎度お粗末な意訳で恐縮ですが、全編の台詞を書き出してみましたのでご覧下さいませ。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   



00'00" 第1ブロック撮影最終日。ストーン・ストリート・スタジオ、Kステージ

メインユニット
ピーター・ジャクソン(以下PJ) 「空は暗くなって…そこで炎だ!はい、カット。素晴らしい!いいね、すごくいいよ。
みんな、素晴らしい第1ブロックを本当にありがとう!素敵な休暇を過ごしてくれ。充分に休んでから、またここで会おう」

セカンドユニット
アンディ・サーキス(以下AS) 「よし!それだ。
セカンドユニット(第2班)の紳士淑女の皆さん、これにて第1ブロックの撮影は終了です!」

00'40" その少し後 
AS 「えっと、袋小路屋敷にもう少しだけ用事があるんだ…こんにちは。」
PJ 「やぁ、入ってくれ、アンディ」
AS 「やぁ、ピート。良ければここでちょっと撮りたいんだけど、構わないかな?」
PJ 「どうしたんだい?ああ、ビデオブログに上げる分の撮影だね?」
AS 「うん、そうなんだ」
PJ 「そうだね、第1ブロックの撮影も終わったことだし…いずれにしろ、最初のビデオをブログにUPしたきりだったから、ちょうど皆に挨拶したかったところだよ。撮影が始ったとき以来だから、遙か昔に感じられるね」
AS 「う~ん…」
PJ 「ゴラムを撮った最初の週の映像を見てみようじゃないか」

--- --- --- ---

ゴラムに扮したアンディ 「もしそいつが負けたなら、愛しいしと。わしらそいつを食っちまうよ!」

--- --- --- ---

PJ 「この頃の君は、まだ第2ユニットの監督じゃなくて、昔ながらの俳優だったね」
AS 「今じゃぼくは、ダークサイドを踏み越えてしまったよ」
PJ 「君はもっとダークサイドを知ることになるよ」
AS 「いやぁ、疲れた!本当に疲れたよ!」

--- --- --- ---

PJ 「全て君に任せたからね」
AS 「え?ああ、了解」
PJ 「善戦を祈るよ」
AS 「ああ、うん、勿論…」

--- --- --- ---

AS 「君がこれをどうやってこなすのか見当もつかないよ!」
PJ 「疲れるだろう?ぼくはいつも、最初の2~3日が終了する頃にもうヘトヘトだって皆に言うけど、結局終わるまでずっと疲労困憊したままなんだ。
『ホビットの冒険』は254日間の撮影期間があるけど、これを3ブロックに分けたのはとても上手いやり方だと思っているんだ。撮影したフィルムを編集しなくちゃならないし、視覚効果のショットをCGIのスタッフに渡さなくちゃいけない。それから脚本の修正に本当に集中することが出来るからね。だからこれは、こういった大作映画を撮るときには、とても洗練された方法なんだよ」
AS 「この映画のスケールならではだね。54日経過して“撮影終了まであと200日”と書かれたTシャツを配られたときまで、これがどんなに大作か分かってなかったよ。君も明日これを着てセットに来てくれ」
PJ 「必ずしも士気向上に役立つとは思えなかったなぁ。どこへいっても皆の背中に“あと200日”とあるから、ぼくなんかランチの前に早々に疲れちゃったよ『何てこった』ってね(笑)」

--- --- --- ---

2'25"
リズ・タン(第2班チーフ助監督) 「皆さん、朗報です。第1ブロックは終了しました。第2ブロックの初日は9月5日月曜日……」

--- --- --- ---

質問の声 「休暇をどう過ごされますか?」

ピーター・ハンブルトン(グローイン) 「美しい妻のアイリーンと、ニュージーランドの南島で過ごすよ」
ウィリアム・キルシャー(ビフール) 「美しくて、素晴らしい妻のニコールと、ひたすら家事に励むよ」

イアン・マッケラン(ガンダルフ) 「今これを話しているすぐ後に、長旅でロンドンに発つよ。エドゥアルド・デ・フィリッポの舞台の制作にすぐ入るからね」

ジェームズ・ネスビット(ボフール) 「アメリカのペブルビーチで1週間ゴルフをするつもりなんだ」

ジェド・ブロフィー(ノーリ) 「休暇から戻ったとき、メイクのスタッフが興奮するくらい日焼けするつもりさ」

リチャード・アーミテージ(トーリン・オーケンシールド) 「4週間、ゆっくり休みます」

ジョージ・サリバ(スタント) 「ほんの少しの朝寝坊、お気に入りの趣味」

マーク・ハドロー(ドーリ) 「まず、長女に会うためにオーストラリアへ行くよ」

ビクトリア・ベイノン(エキストラ・キャスティング・ディレクター) 「マラソンするわ!」

マット・ゴードン(ロケーション・マネージャー) 「ちょっとサイケなスライジ・ロックのアルバムを出したいと思ってるんだ」

アン・マスクレイ(衣装デザイナー) 「生地を探して、ロンドンで買物ね」

コナン・スティーヴンズ(アゾク) 「明日タイに帰るよ!」

シルヴェスター・マッコイ(ラダガスト) 「バルセロナだよ。スペインの『ドクター・フー』ファンに会いにね」

アンツ・ファレル(照明第一助手) 「パリ旅行11日間!」

リズ・タン(第2班チーフ助監督) 「ロンドンとパリで友達に会うの」

タミー・レーン(特殊メイク部門総括担当) 「マンハッタン・ビーチよ。そこが一番空港に近い海辺だから」

ブルーノ・デュボワ(第2班第2助監督)「かれこれ3年間故郷のベルギーへ帰ってないから、ママが家で鞭を鳴らして待ってるんだ」

タミー・レーン(続き) 「…それから、苦労して稼いだ現金を使い果たしにヴェガスへ行くのよ」

マーク・ハドロー(続き) 「…そして泳いで、ゴルフ三昧さ」

ピーター・キング(メイク&ヘアデザイナー) 「多分、少し飲んで、少し休んで…」

コナン・スティーヴンズ(続き) 「帰ったら仲間と酒を飲むんだ。でも、悪い評判がたつようなことにはならないよ。ぼくのことを良く分かってくれている連中ばかりだからね。」

ジェームズ・ネスビット(続き) 「…それから家族と会って、仲間の何人かと会うために、アイルランドのベルファストに帰って静かでささやかな週末を過ごすんだ」

ピーター・キング(続き) 「…少なくとも3週間は、誰とも電話したくないな」

レッグ・ガーサイド(照明) 「すっかりリフレッシュして、次の撮影に備えたいね」

--- --- --- ---

04'11"
質問する声「アンディ、あなたはどんな休日を過ごしますか?」

AS 「そうだね、ぼくは多分、家族とほんの短い休暇をとるために家に帰るよ。それから、本当にあっとという間に戻ってくると思うね」
PJ 「君が最初のブロックを終了した時点に到達していて、もう殆ど休みにあるってのは奇妙な感じだね。でもそれは、ぼくが月曜の朝に編集室で編集作業をするからってことじゃなく、アラン(・リー)とジョン(・ハウ)、それにダン(・ヘナー)たち第2ブロックのデザインチームと、リチャード・テイラーが造る全てに関して打ち合わせをしなくちゃいけないからなんだ。
そう、いくつかの点でぼくはプレ・プロダクション(*制作準備期間)の段階に再び戻っているけど、しかし編集に取りかかっているからポスト・プロダクション(*撮影終了後から作品完成までの作業工程全般)中でもあるわけだ。加えて映画も撮影中だから、今まさにプロダクション(*制作)中でもあるんだよね。つまり、プレ・プロダクション、プロダクション、ポスト・プロダクションが全部同時に起こってるようなものなのさ。頭がおかしくなりそうさ。だけど、そのいずれも始める前に、明日の朝飛行機で南島へ飛んで、ロケハンに行かなくちゃならないんだよ」
AS 「いい写真を撮ってきてくれ」
PJ 「そうするよ。いい写真を撮ろう」

--- --- --- ---
05'03" ニュージーランド南島調査 2011年6月
PJ 「次のブロックの撮影の間にロケ撮影をするつもりだから、本当にすべて最終的に決まってなきゃいけない時なんだ」

05'26" ジャレッド・カナン (ロケーション管理マネージャー)
カナン 「通常こういったロケハンは17名で行い、5機のヘリコプターを使用します。それは壮観なものですよ。ピーター(・ジャクソン)、キャロル(キャロリン・カニンガム)、ゼイン(・ウェイナー)、ブリジット(Bridget Bourke)、アンドリュー(・レスニー)、ダン・ヘナー、アートディレクターのサイモン・ブライト、スティーブ・イングラム、ジョン・ハウ、アラン・リー、エリック・セインドン、機材係のトニー・キティ、照明のレッグ・ガーサイド、それにわたしです。ロケーション・スカウトのデイブ・コマーもわたしたちに加わります。それからピーターのアシスタントのセバスチャン、絶えず忠実なセバスチャンはいつも彼の傍にいます」

PJ 「山でぼくが手を伸ばすと、一杯のコーヒーが掌に滑り込んでくる。これが好きなんだ。スターバックスさえ、ここ、サザン・アルプスにはある。滑りやすくて、歩き難くて…ここで同時にカップ一杯のお茶を操るのは…」
アンドリュー・レスニー(撮影監督) 「分かってる。それは並々ならぬ妙技だね」

PJ 「ぼくは決して準備万端では来ないんだ。いつだって、乾いて、暖かくて、良くなるってどうにかイメージするのさ。少なくとも雨は降らないってね」

--- --- --- ---

PJ 「ぼくたちはただ見て回っているわけじゃなくて、基本的にロケーション撮影の場所を探しているんだ。今は気に入った場所に戻ってきたところなんだ。それで、これから資材調達について話し始めるつもりだよ」

レスニー 「皆をヘリに乗せるなら考え始めないと。日が暮れるより前に彼らをヘリで運ばなくちゃ。実際、早朝とか午後遅くにここにいられないよ」
PJ 「分かってる。結局は昼日中に終わることになるさ」
レスニー 「広義の日中(daytime)だね」
PJ 「ここで君がキャンプする気じゃなければね」
レスニー 「ああ、そりゃそうだ」

カナン 「セットでは必須となる機材トラック、それに大型テント、クルーの駐車場、更にはメイクと衣装の施設のあるユニットの駐車場のために、ラグビー場半分のスペースが必要になります」

レスニー 「もし、この沼の端にそって道を作れば…」

カナン 「ある意味では、わたしたちは機材のために、ラグビー場二つ分のスペースを造る必要さえあるのです」

PJ 「おかしなものだね、山や谷の美しい場所の真ん中に立っているのに、どこにクルーのテントを設置するかについて、分かっていなきゃいけないなんてね。皆がどこで着替えるのか、仮設トイレはどこか、そんなカメラを向けない全ての事柄について、考えてなきゃいけないんだ」

--- --- --- ---

07'30"
PJ 「ガンダルフとドワーフたちが皆この頂上に駆け上がってきて、急いで岩の後ろに隠れるのを、クレーン撮影して、それから……」

--- --- --- ---

PJ 「6ヶ月の時間で一番発見したくないことはね…この美しい山に立って、『わぁ、これこそぼくが本当に撮りたかった、待ち望んだショットだ!』と言ったあとに、仮設トイレがカメラの真ん前に20ばかり並んでいるのが分かることなのさ。そんなの全く望まないだろう?だから、こういったことの全てを考慮に入れておかなくちゃいけないんだよ」

--- --- --- ---

08'05"
PJ 「ぼくたちは、はっきり分からないけど、多分30箇所くらいロケハンで飛んでいるよ」

カナン 「わたしたちはマッケンジー地方や、マウント・クックの下の荒涼とした景色の周辺を撮影しました。それから、ダニーデン付近でも撮っています。より美しい石、岩、未開の土地…それはわたしたちがまだ訪れたことのない中つ国のエリアです。本当に刺激的です」

PJ 「その大きな岩は、家の一部にもなるね?」

カナン 「現在調査している場所は、闇の森の端とアンドゥインの草原になる場所で、クイーンズタウンの南になります」

--- --- --- ---

カナン 「わたしたちはまだ探索中で、どうやってはなれ山を、そして霧ふり山脈の道を撮影するかを解決しようとしています」

PJ 「もしこの方向から見渡せるとしたら、はなれ山は、それだけが単独で聳えてなくちゃ」

カナン 「まだ調査中の川が2~3あります。 私たちは今や、ニュージーランドのあらゆる素晴らしい川の写真を撮り尽くしたんじゃないでしょうか」

PJ 「この真ん中で13個の樽のシーンを撮るのはさぞかし可笑しいだろうね。スタッフの連中が叫んでいてさ、『さぁ、やって!動いて、前に進んで、もっと早く!』ってね。(木の枝を持って)これは浮くかなぁ。かなり重いぞ」

--- --- --- ---

09'24"
カナン 「かなり遠い場所にも行くつもりです。時には、ほんのごく僅かな人々の目にしか触れていない場所もあるのです」

PJ 「まだ見たことのないニュージーランドが沢山あるんだよ。誰もがこんな小さな国にと思うことだろうね。『ロード・オブ・ザ・リング』で充分見たし、ぼくたちも色んな場所を見尽くしてしまったに違いないってね。でも、そんなことなかったよ。まだまだ信じられない量の素晴らしい場所があるんだ」

一同口々に 「こりゃまた、美しい場所じゃないか。凄いね、素晴らしい場所だ」

PJ 「さて、それじゃ今回はこれでさようならを言うよ。この更新を楽しんでもらえたのなら嬉しいね。休暇のあと、またいつの日か新しいのをUPするから、目を離さないでいてくれたまえ」
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Re: 『ホビットの冒険』プロダクションビデオ、第2弾公開!

    grendel's+mumさん、いらっしゃいませ。
    また身辺慌しくなってまいりまして、お返事遅くなって申し訳ないです。いつもコメント、本当に嬉しく拝読しております!

    ドワーフ仲間のリーダーで最年長のトーリンを、『ホビット』スタッフが超イケメンのリチャードを使ってどう表現するのか、ワタクシも興味津々でスチールを待っておりました~♪
    歴戦の戦士としてのワイルドさ、不屈のドワーフ王族としての頑固さ、気高さを強調することで、白髪や皺などの老いのアイコンを使わなくても年齢を感じさせるところが上手いなぁと、しみじみ感心しております。
    フロドがビルボから譲り受けたスティングの親サイズのようなオルクリストのデザインも、同じ出自が感じられて、原作ファンには嬉しいばかりですv
    あとは、動いてるトーリン・オーケンシールドを~!と、欲ばかり果てしなく広がるこの頃です^o^;

  2. grendel's+mum | URL | 94r7o3tE

    Re: 『ホビットの冒険』プロダクションビデオ、第2弾公開!

    ついに出ましたよ~、トーリン・オーケンシールド役のリチャード・アーミティッジの勇姿!!!

    http://www.theonering.net/torwp/2011/07/17/46145-theonering-net-exclusive-behold-thorin-oakenshield-and-orcrist/

  3. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Re: 『ホビットの冒険』プロダクションビデオ、第2弾公開!

    grendel's mumさん、こんばんは。
    いつもコメントありがとうございます。
    やはり主役級はお披露目も最後なのでしょうが、待ち遠しくてたまりません。
    24時間ネットを見張っているわけにもいかないのですが(大概半徹夜で寝落ちした直後にニュース出るのですw)、トーリンの画像発表のときだけは、起きている時間帯にあるといいなぁと願っています。
    ファン、増殖中ですよ~!それだけは請負いです^^

  4. grendel's+mum | URL | mVIZULQs

    Re: 『ホビットの冒険』プロダクションビデオ、第2弾公開!

    わ、リチャードのファン、増殖中?!そうですか、それはうれしい限り。ドワーフの写真が10人まで公開され、残るはBalinとDwalin(これが今日あたりではと睨んでいるんですが)、そして最後にいよいよ王様トーリンの登場ですよね。もう期待で胸どきどきです。

  5. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Re: 『ホビットの冒険』プロダクションビデオ、第2弾公開!

    grendel's mumさん、いらっしゃいませ!
    出演者の皆さん、鬘や髭、そして特殊メイクのためにこざっぱりしたヘアスタイルにしてらっしゃいますね。
    >「若すぎる」とか「顔がきれいすぎる」
    それは批判?^^ 自分の周囲は、むしろそういうトーリン大歓迎!というファンばかりですよ~♪
    Twitterでもリチャードの記事紹介ツイートには、皆さん食いつきがすごく良いです。日本でも彼の魅力にKOされた方が日に日に増殖中という手ごたえを感じているこの頃です。

  6. grendel's mum | URL | mVIZULQs

    Re: 『ホビットの冒険』プロダクションビデオ、第2弾公開!

    わあ、全部書き出したなんてすごい!
    リチャード・アーミティッジはちょっとお疲れ気味のようで、たっぷり4週間の休みをとってほしいなと思います。鬘対策か、ものすごく髪を短くして、ヒゲも生えているし、あれなら「若すぎる」とか「顔がきれいすぎる」なんて批判は吹っ飛びそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/313-71a1fe8f
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。