スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーク・エヴァンズ、バルド役を射止める!?カンバーバッチはスマウグの声?

2011年06月18日 01:55

スランドゥイル(リー・ペイス)や湖の町の統領(スティーヴン・フライ)等、先月までに『ホビットの冒険』の主要キャストの殆どが発表となりましたが、残された大役の一つバルドを、ウェールズ出身の俳優ルーク・エヴァンズが演じることになったと、Deadline.comのお馴染みマイク・フレミング氏が伝えております。件の記事によりますと…、

ニュージーランドで進行中の映画『ホビットの冒険』で、監督のピーター・ジャクソンがまだ発表していなかった最後の大役、バルド役をルーク・エヴァンズが手に入れました。
バルドは厳格な性格の弓の達人で、谷間の国のギリオン王の後継者です。王はもの言うドラゴン「スマウグ」に殺されたのです。この登場人物は映画の第2部で、とても重要な役割を演じます。幾分ヴィゴ・モーテンセンが演じたアラゴルンを思わせるアクションヒーローとも言えましょう。
ウェールズ出身のこの俳優が、大勢の若い役者たちとの競争に勝ち抜いてこの役を得たことは明白に思われます。エヴァンズはトニー・ギルロイ監督の『ボーン・レガシー』でジェレミー・レナーと主役を争い、バズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』ではトム・ブキャナン役で最終候補に残りました(この役はジョエル・エドガートンに決定しました)。
『タイタンの戦い」、『ロビン・フッド』、『インモータルズ-神々の戦い-』の脇役のあと、彼はポール・W・S・アンダーソン監督の最新作『三銃士:王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』でアラミスを演じます。

ところで、まだ配役が明らかにされていない『ホビットの冒険』の主要登場人物に、スマウグの声があります。わたしはビル・ナイが演じると早くから聞いていましたが、それ以来何も聞いていません。

--とのことでしたが、同氏はこの特ダネの発表から2時間足らずで、スマウグの声を演じるのはベネディクト・カンバーバッチであるとする記事を新たにUPしました。

今日、ピーター・ジャクソンが監督する『ホビットの冒険』で、ルーク・エヴァンズがバルドを演じるとお知らせした後、それなら悪竜スマウグの声を演じるのは誰になるのかと不思議に思っていましたが、Deadlineは今こそ、それがベネディクト・カンバーバッチであると報告することが出来ます。
カンバーバッチはモーション・キャプチャーを通して、スマウグを演じます。 彼はすでに映画に参加しており、死人占い師の声も務めます。

--カンバーバッチの『ホビット』出演が、ビルボ役のマーティン・フリーマンや、ガンダルフ役のサー・イアン・マッケランから確認されている以上、バルドでなければ残る大役はスマウグの声と結論付けることは容易いですが、死人占い師の声も務めるとの情報も掴んでいるところをみると、先の記事から僅かな間に、内部関係者から裏を取ったのでしょうか?流石はDeadlineといったところですが、いずれもまだ正式発表ではありませんので、PJやスタジオからの公式声明を待ちたいと思います。
ルーク・エヴァンズは『三銃士~』に続いてオーランド・ブルームと共演ということになりますね。ハンサムで精悍な面持ちの彼は、バルド役で更に人気が高まりそうです。そしてカンバーバッチの死人占い師……て台詞あるんだ、ネクロマンサー(ツッコミそこ!?)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/305-3e5c9d04
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。