スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』正式タイトルと公開日決定。クリストファー・リー出演も確定に!

2011年05月31日 17:51

5月30日(現地時間)、ニューライン・シネマ、ワーナー・ブラザーズ、そしてMGMの3社による共同声明があり、『ホビットの冒険』2部作のタイトル(英語)と全米公開日が公式発表となりました。プレスリリースの内容は次のとおりです。【Source:『The Hobbit』 Official facebook


ニューライン・シネマとワーナー・ブラザーズ、そしてMGMは、ピーター・ジャクソンが監督するJ・R・R・トールキンの時代を超えた古典的名作『ホビットの冒険』の2部作の映画のタイトルと公開日を発表します。

第1部は『THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY』、公開日は2012年12月14日です。第2部は『THE HOBBIT: THERE AND BACK AGAIN』、翌2013年12月13日公開となります。

この2本の映画は、ジャクソン監督と彼の映画制作チームが、史上最多のオスカー獲得を成し遂げた『ロード・オブ・ザ・リング:王の帰還』を含むLotR3部作の、60年前にあたる中つ国が舞台です。タイトルロールの“ホビット”ことビルボ・バギンズは、恐ろしい竜のスマウグから、失われたドワーフの王国エレボールを取り戻すための壮大な探求の旅へと導かれるのです。

ジャクソン監督の指揮の下、最新カメラとステレオ技術を用いたデジタル3Dで、2本の映画は続けて撮影されます。撮影はウエリントンのストーン・ストリート・スタジオで行われ、ニュージーランド各地でロケーション撮影が行われます。

イアン・マッケランは、LotR3部作で演じた「灰色のガンダルフ」を再び演じます。
そして、BBCのTVシリーズ『シャーロック』の演技により、つい最近英国アカデミー賞テレビ部門で最優秀助演賞を獲得したマーティン・フリーマンが、主役のビルボ・バギンズを演じます。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズから同じ役柄を再び演じる俳優たちは下記の通りです。
ガラドリエル役のケイト・ブランシェット、レゴラス役のオーランド・ブルーム、老齢のビルボ役にイアン・ホルム、サルマン役のクリストファー・リー、エルロンド役のヒューゴ・ウィーヴィング、フロド役のイライジャ・ウッド、そしてゴラム役のアンディ・サーキスです。

他の共演者として、リチャード・アーミテージ(トーリン・オーケンシールド)、ジェド・ブロフィー(ノーリ)、アダム・ブラウン(オーリ)、ジョン・カレン(オイン)、スティーヴン・フライ(湖の町の統領)、ライアン・ゲイジ(ドロゴ・バギンズ/湖の町の統領の助手)、マーク・ハドロー(ドーリ)ピーター・ハンブルトン(グローイン)、スティーヴン・ハンター(ボンブール)、ウィリアム・キルシャー(ビフール)、シルヴェスター・マッコイ(茶のラダガスト)、ブレット・マッケンジー(リンディア)、グレアム・マクタビッシュ(ドワーリン)、マイク・ミズラーイ(スライン)、ジェームズ・ネズビット(ボフール)、ディーン・オゴーマン(キーリ)、リー・ペイス(スランドゥイル)、ミカエル・パーシュブラント(ビヨルン)、コナン・スティーヴンズ(アゾク)、ケン・ストット(バーリン)、ジェフリー・トーマス(スロール)、それにエイダン・ターナー(フィーリ)が決定しています。<*出演者はアルファベット順(役柄は管理人が記入)>

『ホビットの冒険』の脚本は、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、それにギレルモ・デル・トロとピーター・ジャクソンによって書かれます。フラン・ウォルシュ、キャロリン・カニンガムと共にジャクソンは制作も務めています。フィリッパ・ボウエンが共同制作を、制作総指揮をケン・カミンズとゼイン・ワイナーが務めます。

『ホビットの冒険』は、ニューライン・シネマの作品管理の下、ニューライン・シネマとMGMによって制作されます。ワーナー・ブラザーズは、選ばれた国際的な地域での映画の配給を担当し、MGMは同様に、海外におけるテレビ放映のライセンスを取り扱います。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

さて、さらっと書かれておりますが、実は大変盛り沢山の公式発表となっております。

まずは2部作の公式タイトルですが、第1部が『THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY』、そして第2部は『THE HOBBIT: THERE AND BACK AGAIN』と決定しました。
これは、3月初めにニューライン・シネマが登録を済ませたと伝えられるタイトル(Source:TORn)と同様ですが、やはり第1部と第2部の順序が逆でしたね。日本公開用の邦題は勿論未定ですが、『ホビットの冒険:思いがけない旅』、『ホビットの冒険:往きて還りし物語』といった感じでしょうか。

全米公開日は2012年及び2013年12月の第2金曜日です。
最近は世界同時公開も多くなりましたから、ひょっとしたら日本はニュージーランドに続いて一足早く観られるなんてことになるかもしれませんが、それよりは字幕や吹き替え用脚本作成に充分な時間をかけて頂けるものと期待して(前シリーズの教訓が生かされていることを願って)、それぞれ翌年の2月半ば頃を予測しておこうと思います。

そーしーてっ…!
とうとうきましたねー!サルマン役のサー・クリストファー・リーと、エルロンド役のヒューゴ・ウィーヴィング、3部作に引き続いての出演が漸く正式発表となりました!特にリー氏は、ご高齢なこともあって続投が懸念されておりましたから、この知らせに小躍りしたファンも多いのではないでしょうか。
氏の気品に満ちた立姿と、何よりあの魅惑的な声は「白のサルマン」そのもの。もう、すすんで幻惑されたい…!と思っているのは管理人だけじゃないですよね。本当に喜ばしい限りでございます。

それから、かねてより噂に上っておりましたFigwitことブレット・マッケンジー、共演者の中に含まれておりますね。
管理人が見落としたのでなければ、然るべき筋から公式発表されたのはこれが最初だと思うのですが、既に周知の事実としてさりげなく書かれております。噂通りならエルフのリンディアとして、“最後の憩い”館で「トラ、ラ、ラ、ラリー♪」とビルボと13人のドワーフたち一行を迎えてくれるのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/300-e573177d
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。