スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビットの冒険』今週の動き 【2010年10月24日~30日】

2010年10月31日 18:53

 
10月29日(金) *MGMの債権者に破産法申請適用の賛否を問う投票、圧倒的な賛成多数で締め切られる。
これによりMGMは、連邦倒産法第11章による事前調整型の法的整理を経て、予定通りスパイグラス主導の経営権移譲となる 【Reuters】 【Reuters (update)】

*実業家カール・アイカーン氏、MGM合併における画策について、ライオンズゲートから告訴される。
MGMとライオンズゲートを合併し自らが重職に就き利益を得る為に、虚偽の情報と脅迫的な声明でもって株式公開買付を己に有利なように操作し、ライオンズゲートに多大な損害を与えたとして 【Bloomberg】  【Reuters】

*ニュージーランド国会で、雇用関連法改正法案が賛成66対反対50で可決 【TVNZ】
10月28日(木) *カール・アイカーン氏、5億ドルのMGM社債購入予定の噂。
明日の破産法申請投票締切り直前まで、MGMとスパイグラスの取り引きを妨害の構え 【Reuters】

*ニュージーランド政府がワーナー・ブラザーズに対して『ホビット』ロケ地保持の為に示した雇用関連法改正法案の審議が国会にて始まる。
映画産業に携わる個々の契約者と従業員との区別と、その権利を明確化するのが目的。NZ野党の労働党と緑の党は、この法案は「必要のない政治ゲーム」であり、「ニュージーランド経済と議会主権を脅かす」と反発。審議は翌29日午前に再開 【TVNZ】
10月27日(水) *『ホビット』のロケ地はニュージーランドに決定!
ジョン・キー首相、27日夜に国会議事堂内のシアトレッテ(講演場)にて、『ホビットの冒険』2部作の撮影地をニュージーランドとすることで、ワーナー・ブラザーズとの合意に達したと記者会見にて発表。
「2本の『ホビット』の映画をこの地で制作出来ることは、何千ものニュージーランド国民の職業を保護するだけではなく、再び『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の成功へ続くことになり、必ずやニュージーランドを世界の舞台に知らしめることとなるでしょう」
NZ政府は映画の成功を見込んで、ワーナーに対し映画1本につき750万ドルの追加払い戻しと、宣伝費用1000万ドルの補助を約束。また、新たな雇用法の導入を決定したと発言 【Bloomberg】 【stuff】 【sky NEWS】



*キー首相、『ホビット』ロケ保持の為に、雇用関連法改正を検討。
28日のベトナム訪問の前に再度ワーナー・ブラザーズ幹部と対談予定。今週末にはロケ地についての決定がなされるとの予想 【TVNZ】 【NZ Herald】
10月26日(火) *投資家カール・アイカーン氏、MGMの貸手にライオンズゲートとの合併を支持するよう追加案提示。
MGMの負債を更に16億ドル分購入し、1ドルあたり53セントの利子を付けるというもの。破産法適用申請の賛否を問う投票締め切りを29日に控え、貸手に最後のアピール? 【Reuters】

*16時から始まったニュージーランド政府とWB幹部との会議は、18時過ぎに決議に到ることなく終了。
「彼ら(ワーナー幹部陣)は非常にオープンで誠実だった。だが、『ホビット』がニュージーランドに留まるかどうかは、依然50%程度の望みしかない。論争の核心は、間違いなく雇用法における労使関係の不確実性にあった」と発言。NZ雇用関連法の見直しを示唆  【stuff】 【NZ Herald】

*ジョン・キー首相とワーナー・ブラザーズ幹部による会議が首相官邸にて行われる。
NZ政府側は首相の他に、経済開発省大臣ジェリー・ブラウン、運輸省大臣スティーヴン・ジョイス、芸術・文化遺産省大臣クリスフィン・レイソンが出席。スタジオ側は、ワーナー幹部の他に、ニューライン・シネマのCEO、トビー・エメリッヒも同席。キー首相は会議前に、『ホビット』保持の為に税制面での更なる優遇はしない方針を明らかにし、「もしこの件が入札競争の様相を呈してきたらNZは離脱する。WBに特別な譲歩を与えれば、次回から我国に映画を撮りにやってくる一つ一つのスタジオと交渉しなくてはならない」と発言 【NZ Herald】

*MEAAとNZ俳優組合、『ホビット』に対して、これ以上の労働争議をしないと無条件で保証。
本日ワーナー・ブラザーズ幹部とNZ首相の会談があるのを踏まえて、スタジオ側にNZ国内には既に分裂は全く存在しないと印象付けるのが目的と思われる 【NZ Herald】

 
10月25日(月) *ライオンズゲートによる合併申し込みについてMGMスタジオは、破産法適用申請完了後は、スパイグラス・エンターテインメント主導による再建計画を引き続き支持と社債権者に通知 【Reuters】

*NZ国内各地で、『ホビット』ロケをニュージーランドで行うよう呼びかける総決起集会が予告通り開催される。
「ニュージーランドこそ中つ国だ!」ウェリントンの市民広場には2000~3000の市民が集結 【AFP】 【3News】
翌26日にワーナー・ブラザーズ幹部と対談予定のジョン・キーNZ首相は、既に幹部の一人と会ったことを認め、「『ホビット』が我が国に留まる可能性は五分五分だ。ワーナー・ブラザーズはニュージーランドに好意を持っているし、ジャクソン監督も国内での撮影を望んでいる。しかし結局これは金融問題だ。我が国が5億米ドルとも言われる映画への投資の価値が充分にあると彼らに納得させなければならない」と発言  【NZ Herald】

*『ホビット』ニュージーランドロケ保持を訴えて、俳優らが全国同時総決起集会を国民に呼びかけ。
開催日時は25日12:30より14:00まで。開催場所は、オークランドのエリザベス2世広場、ウェリントン市民広場、クライストチャーチのカテドラル広場、ハミルトンのガーデンプレイス、クイーンズタウンのザ・ヴィレッジ・ガーデン、そしてマタマタのホビット村前の6箇所。 首都ウェリントンには、先日の映画技術者によるデモ1500人を上回る3000人が集結するものと予想されている。
これは、ロケ地決定権を握るワーナー・ブラザーズ幹部が25日NZ入りし、ピーター・ジャクソン監督らと対談するのに合せてのこと。翌26日にはWB幹部とジョン・キーNZ首相との対談も予定されている。 【The Dominion Post】

*レナード・ニモイ『ホビット』に出演予定とブラジルのサイトが報道 【eBand】
10月24日(日) *NZ労働組合評議会(CTU)代表ヘレン・ケリー氏、21日の公式声明でサー・ピーター・ジャクソンのことを、ウェリントンのデモを扇動した“駄々っ子”と発言したことについて謝罪。組合問題は急速に収拾の方向へ 【NZ Herald】
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/286-6c284b59
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。