スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サー・イアン・マッケランは続投?ロン・パールマンは???『ホビット』最新キャスティング情報

2010年12月06日 04:34

来年2月にクランクインを控え、ホビット村のオープンセットの完成やエキストラ募集の話題などは漏れ聞こえてくるものの、主役ビルボとトーリン他9名のドワーフ以外の主要キャストについては、10月と11月に行われた二度の公式発表以来音沙汰なく、ファンとしては大変待ち遠しいところですね。そこで今回は、最近ネットを賑わせたキャスティングに関する噂を纏めてみました。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

まずは、灰色のガンダルフ役としての公式発表が待たれるサー・イアン・マッケランの話題からです。
『ホビットの冒険』映画化発表当初から出演を公言して憚らなかったサー・イアンですが、ご存知のようにMGMスタジオの財政難問題で制作スケジュールが2年も遅れたとあって、最近ではどの発言も幾分慎重になっているように見受けられました。
特に11月に入ってから、Broadway World.comによる独占インタビューや、米ジョージア州で開催されたサバンナ映画祭でのインタビュー(Source:Connect Savannah.com)等で『ホビット』への出演について問われる度に、「まだ契約を交わしていない。現時点ではそれ以上言うことはない」と一貫して答えていた為に、一部メディアでは「サー・イアン・マッケランは『ホビットの冒険』に出演せず」などと報じられ、ファンをやきもきさせていました。
しかし同月末になってサー・イアンは、自身の公式ウェブサイトの「Film(映画出演作紹介)」コーナーを更新。『ホビットの冒険』2部作に、灰色のガンダルフ役で依然出演予定であることを明らかにしました。
またマッケランはその頃、彼が幼年時代を過ごした場所に程近いイングランド北部の大マンチェスタ州、ウィガンの二つのハイスクールを訪れて、10代の生徒数百人を前に同性愛者の権利と平等について講演し、学校における同性愛者差別によるいじめの撤廃を訴えました(Source:Wigan Today/11月25日付)。
その公演の中でサーは、彼がこの先、「大好きな役柄である“灰色のガンダルフ”を演じるために、長い時間をニュージーランドで過ごすことになると思っている」と語ったとのことです。
これは推測でしかありませんが、11月初旬に氏の発言が今までになく慎重だったのは、スケジュール確認やギャランティの交渉など、出演契約における最終調整の真っ只中にあったのではないでしょうか?
あとは公式発表が一日も早く行われ、彼の魔法使い姿を再び見たいと切望している世界中のファンを安心させてくるよう願っております。



続いては、11月26日付のTORnからです。
10月14日から17日にかけてカナダのホイットビーで開催されたブラム・ストーカー国際ホラー映画祭のエキジビションにおいて、英俳優のシェーン・ブライアントが、『ホビット』のオーディションを受けたと語っているビデオがYouTubeで公開されていることが分かり(ビデオ自体は10月19日にUPされていたのですが)、ファンの関心を集めることとなりました。
気になる役柄ですが、「滑稽な町長でね。ホビット庄…じゃなくて何とか…」(←明言を避けたというより原作読んでないっぽいw)と言葉を濁しておりますので、「大堀町の町長ではないか。勿論エスガロスの町長の線も捨てられないけれども」と原作ファンはそれぞれ推測している様子。
シェーン・ブライアントは1946年8月17日生まれ、ロンドン出身の64歳。映画『チャタレイ夫人の恋人』(1984)ではチャタレイ男爵を演じています。また1970年代には『吸血鬼ハンター』(1973)、『フランケンシュタインと地獄の怪物(モンスター)』(1974)〔*いずれも日本では劇場未公開〕等のB級ホラー映画に数多く出演しておりますので、ホラー映画マニアにはお馴染みの名前かもしれませんね。
オーディションの結果は明らかになっていませんが、ひょとして大堀町の町長だったりすると(後年ビルボは、トーリンから贈られ後にフロドに譲ったミスリルの鎖帷子を、この町のマゾム館に貸し出すのでしたね)、ストーリーの拡張部分を予想する意味からも、大変気になる存在といえます。
さて、お次はヘル・ボーイことロン・パールマンの噂に移ります。
ギレルモ・デル・トロ監督作品の常連俳優であり、よってデル・トロ監督が『ホビットの冒険』のメガホンをとる予定であった半年前までは、「役柄は何になるか分からないものの、出演についてはほぼ確定」と思われていたパールマンですが、Ccomingsoon.net(11月30日付)のインタビューにおいて、『ホビットの冒険』2部作のいずれにも出演しないことを明らかに致しました。
彼は同サイトの記者に、「ぼくは『ホビット』には出ないよ。多分それが君にはスクープになるんじゃないかな?」と笑って答えたとのこと。
パールマンは来月全米公開予定の『Season of the Witch』(監督:ドミニク・セナ)でニコラス・ケイジと競演したほか、デル・トロ監督念願のラヴクラフト原作『狂気山脈』(At the Mountains of Madness)への出演が予定されておりますから、ホームグラウンドで馴染みの監督と仕事が出来ることで、案外ほっとしているのかもしれません。
そうなると、ダグ・ジョーンズサンティアゴ・セグーラなど、今まで『ホビット』出演の噂があった他の“デル・トロ組”の俳優たちも、映画参加の可能性は低くなったと考えるのが自然かと思います。ちょっぴり寂しい気もしますけどね。

最後は、スウェーデンの人気俳優ミカエル・パーシュブラントが『ホビット』に出演すると報じた、12月3日付のAfton Bladet.seの記事を紹介致します。
こちらは、スウェーデンのエンターテインメント誌『Nojesbladet』がすっぱ抜いた特ダネとのことですが、管理人はスウェーデン語は(も)さっぱりですので、例によってTORnに掲載されたファンによる英訳を参考にさせて頂きました。
それによりますと、パーシュブラントがどの役柄を演じるのかは明らかではありませんが、“北欧系(nordic)”の キャラクターであり、既にその衣装テストも済ませたとのこと。
彼のエージェントはNojesbladet誌のインタビューに対し、「その件ついてはノーコメント」と答えたそうですが、情報筋によれば、パーシュブラントはこの出演に大変乗り気で「非常に興奮している」のだそうです。
ミカエル・パーシュブラントはストックホルム県ヤコブスベリ出身、1963年9月25日生まれの46歳。映画『暗殺の瞬間』(1998)や『ゴシップ』(2000)など数多くのスウェーデン映画に出演しているベテラン俳優です。
来年には同じスウェーデン出身の人気作家ヤン・ギィユーのスパイ小説“コック・ルージュ シリーズ”の映画化で、主人公のカール・ハミルトンを演じることが決定しており、その前に2月に始まる『ホビットの冒険』の撮影で数週間ニュージーランドに滞在予定とのことです。
ニュースの信憑性については、現時点では何とも判断しかねますが、早速TORnのトップページで始まったPoll(読者投票)によれば、その役柄をスランドゥイルだと予想するファンがおよそ44%、次いでバルドだと考えているファンが21%でありました。
クランクインの時期から考えて、3回目のキャスト発表もそう遠からず行われると思いますが、今回もキャスティングにおけるPJマジックが見られるものと楽しみにしております。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

早いもので、2010年も残り4週間を切りましたね。最近再び多忙となり、更新遅れ気味で申し訳ございません。また記事についても、管理人が興味のある話題が優先となりがちなことご寛恕下さいませ^^;
この先もニュースチェックが精一杯で、なかなか更新出来ない時期も度々あるかと思いますが、進行状況の大きな流れは外さずにお伝えしていくつもりでおりますので、これからも何卒宜しくお願い申し上げます(---と既に似たようなお詫びを何度も書いた気がする。ホントにこんな管理人ですいませんです★)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/262-a8d5cea0
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。