スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』に念願のGOサイン!!3スタジオによる共同公式声明発表!

2010年10月16日 18:07

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の前日譚にあたる『ホビットの冒険』映画化決定の正式発表がなされてから、何と2年10ヶ月を経て、漸く!今度こそ本当に“青信号(green light)”が点りました…!!

本日(米15日)、サー・ピーター・ジャクソンとニューライン・シネマの社長兼最高執行責任者トビー・エメリッヒ、同じくワーナー・ブラザーズの社長兼最高執行責任者アラン・ホーン、それにMGMの共同最高経営責任者スティーヴン・クーパーによる共同声明が発表されました。
ロサンゼルス発、2010年10月15日付けの公式声明によりますと、主要部分の撮影開始(クランクイン)は2011年2月、監督はサー・ピーター・ジャクソン、最新の3Dデジタル撮影による2部作となることが明らかになりました。以下その抜粋でございます 【Source:TORn

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

■サー・ピーター・ジャクソンによるコメント
 「トールキンの中つ国を探検することは、通常の映画制作の体験を越えて、想像力と美とドラマの全てに没頭出来る非常に特別な場所への旅なのです。私たちはガンダルフとビルボと、そして友人であるニューライン・シネマ、ワーナーブラザーズ、それにMGMとともに、この驚異の世界を再び訪れることを楽しみにしております」

■トビー・エメリッヒ(ニューライン・シネマ)によるコメント
 「ピーターは比類なき才能を持った映画作家です。彼をプロデューサーとして、また監督として中つ国に戻るという夢が叶いました。ピーターは真に独創的な語り手であり、映像作家であり、また映画技術のパイオニアでもあります。ピーターとフラン(ウォルシュ)、そしてフィリッパ(ボウエン)と再結成出来ることは、まさに“行きて帰りし(there and back again)”だと感慨無量です」

■アラン・ホーン(ワーナー・ブラザーズ)によるコメント
 「これらの映画を監督するのに、ピーター・ジャクソンほど適任の人間は、この地球上にいないでしょう。
ピーターは信じられないほど優秀で、創造的な展望と経験とを兼ね備え、他の如何なる映画作家も成し遂げられなかった方法で、この愛すべき作品に命を吹き込むことでしょう。
そして、フラン・ウォルシュとフィリッパ・ボウエンのチームほど、トールキンの言葉を、単に観客をして中つ国を訪問している気分にさせるだけではなく、実際にその中で生きていると実感させる力強い生きた言語に変えることに長けている者はいないということを、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の仕事が証明しています。
ピーターの管理と彼のチームのもとで『ホビットの冒険』が形になること以上に、わくわくさせられたり、観るのが楽しみだといった気分にさせられることがあるでしょうか」

■スティーヴン・クーパー(MGM)によるコメント
 「『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで成功したフランチャイズが、更に前進、拡大することに興奮を覚えています。ピーターが監督することによって、映画は疑う余地なく従来のLotR3部作ファンの好みに合うでしょうし、また新たな世代のファンを素晴らしい物語に誘うことになるでしょう」


*『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を監督したジャクソンは、連続する2本の映画の指揮をとり、『ホビットの冒険』を2部作として制作します。ジャクソンは草分け的な視覚効果と比類なきストーリーテリングの才能でもって、J・R・R・トールキンの小説を大画面に蘇えらせます。
2本の映画は、高品質で快適な視聴体験を観客に提供するために、最新のカメラとステレオ技術を用いて、3Dデジタルで撮影されます。
ジャクソンはまた、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、そしてギレルモ・デル・トロと共同で脚本を執筆しました。

*『ホビットの冒険』は、制作を管理しているニューライン、国内(*北米)配給を担当してるワーナー・ブラザーズ及び海外配給を担当しているMGMと共に、ニューライン・シネマとMGMの共同で制作されます。
ケン・カミンズをエグゼクティブ・プロデューサー、フィリッパ・ボウエンを共同プロデューサーとして、ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、キャロリン・カニンガムが映画のプロデューサーを務めます。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

というわけで、“旅”の全道程としては、まだ袋小路屋敷を飛び出したばかり…といったところですが、これから本格的にキャスティング等の情報も入ってくるものと思われます。
もっとも、ニュージーランドにおける俳優組合の『ホビット』ボイコット騒動はまだ決着を見ておりませんし、この期に及んでMGMとの合併を狙うライオンズゲートの動きが活発化してまいりました。
はなれ山に到り大団円を迎えるまでには、まだ沢山の難問を乗り越えなくてはならないものと思われますが、これからもトールキンファン、映画ファンの皆さまと共に、経過を見守っていきたいと思っております。まずは取り急ぎご報告まで。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    Re: 『ホビット』に念願のGOサイン!!3スタジオによる共同公式声明発表!

    Thaunさま、こんばんは!

    原作に何気なく書かれた赤い絹のハンケチの件はすっごく好きです♪
    ずっと大切に持っていたのだろうな。フロドに袋小路屋敷を譲って裂け谷に移住した時には、律儀に恭しくエルロンド卿にお返ししようとしたのだろうな。卿は微笑んで「それは差し上げたのですよ」とか言ったのだろうな、などと…いやもう束ファンのシアワセな妄想止まりません。失礼致しましたw

    え~、現実に戻って(笑)
    何はともあれ、「青信号」点りましたね。
    PJがニューライン相手にFotRの収益配分を巡って争った4年前当時とはトップも交代したとは言え、PJには絶対『ホビット』を撮らせない!とまで言ったという話ですから、お気持ちとてもよく分かります。
    2年10ヶ月前の映画化公式発表時に、今回と同じように隣に並んだニューラインもMGMも、両社トップが替わっているのを、内心一番冷ややかに見つめていたのはPJご自身かもしれませんね。

    来年2月のクランクインまで、何事もスムーズに運べばいいのですが、俳優組合騒動は勿論、気になっているのはMGMにしつこく食指を伸ばしているライオンズゲート…というより企業乗っ取り屋のカール・アイカーン氏の存在です。
    金融のことは全く無知な自分ではありますが、『ホビット』をThaunさま仰るところの「作品質」としか思っていない方々によるマネーゲームは、もう一悶着、二悶着引き起こしそうな気がしているこの頃です。こんな予想は外れて欲しいですけど^^;

  2. Thaun | URL | -

    Re: 『ホビット』に念願のGOサイン!!3スタジオによる共同公式声明発表!

    3スタジオのコメントに「さあ、旅のはじまりです」な心境です。
    ハンカチは持ちましたか?(笑)
    エルロンド卿から借りなくてもいいように、しっかり身支度してから出かけましょ♪
    これからもどうぞよろしくお願いします。


    しかしなぁ、ニューラインとMGMのコメントを、凄く斜めな心境で読んでいる自分がいるんですよね。
    「何が感慨無量だ、何が進展あって興奮だ、どんぶり勘定の会計で余計な訴訟を抱える原因を作ったニューライン、潔く破産しなかったばかりかHobbitを作品質にとるような動きをしやがったMGM、アンタたちのせいでこんなに遅れたんだろーが!」
    って。(↑酷い語調で失礼)
    特にニューラインのコメントには喜べないんですよ。訴訟時にPJのことを散々言っていたのが今でも頭に残っているせいでしょうか。

    後は、2月の撮影スタートまでに、組合との悶着が解決すればALL OKですよ、ね?ね??
    まだ何か出て来るのでは、と、甚だしく心配です(-_-;)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/248-373e3cc6
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。