スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDT新作映画と『ホビット』を語る~SDCC 2010から

2010年07月25日 17:08


7月22日よりカリフォルニア州サンディエゴで始まった恒例のコミコン・インターナショナル(Comic-Con International) 2010。
アメリカ発の映画ニュースはSDCC(サンディエゴ・コミコン)一色の感があるこの週末ですが、その中から『ホビットの冒険』に関係した情報をお届けしてまいりますね。

まずは、映画『Don't Be Afraid of the Dark』(*1973年公開のTV映画『地下室の魔物』のリメイク)のパネル・ディスカッションに登場した、同作品のプロデューサーを務めたギレルモ・デル・トロ監督のスピーチから。
この中で、『ホビットの冒険』についてのファンの質問に答えた彼は、同作品に携わった日々を「ニュージー・ランドでの素晴らしい2年間」と呼び、『ホビット』のデザインが、サー・ピーター・ジャクソンと彼自身の手によって、Part1は98%、Part2についてはおよそ50%が完成していると話しました。そして、

「一ファンとして、『ホビットの冒険』が無事制作されることを望んでいるよ。そして、きっとピーター・ジャクソンは監督をしてくれると思う。これらは美しい映画で、世界はこの2部作を求めているんだ」

と、作品への変わらぬ愛を観衆に向けてアピールしました。【Source:Entertainment Weekly(7月23日付) & The Hollywood Reporter(7月23日付)】

また、MTVのインタビューの中でデル・トロ監督は、ピーター・ジャクソン監督が公式に監督を引き受ける直前にあると思うと認めた上で、次のようにも語っております(上のビデオをご覧下さい)

「スマウグは『ホビットの冒険』の目玉となるクリーチャーなんだ。もし、ピーター(ジャクソン)が監督になったら、(原作以上のものとなるよう)デザインしなおすと思うね。
ぼくは他のファン(geek)同様、本当にピーターにこの映画をやって欲しいんだ。現段階では、シナリオ執筆から全ての場面に携わってきた人間が求められているんだよ。論理的に言って、それはピーターその人に他ならないね」

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

ちなみに、こちらもやっぱり気になるデル・トロ監督の『ホビット』後のプロジェクトですが、コミコン初日、ディズニー発のSF超大作『トロン・レガシー(Tron: Legacy)』のセッションの最後にサプライズ登場した彼は、ディズニーランドの人気アトラクション、「ホーンテッド・マンション」の映画化を手懸けることを発表しました。

「ウォルト・ディズニーはぼくの幼年期において、恐怖の想像力を与えてくれた最高のクリエイターの1人だったんだ。人々は彼が甘い夢だけでなく、悪夢の提供者でもあったことを忘れてしまったけど、ぼくたちには暗黒面の遺産も守っていく必要があると思うんだ」

ギレルモ監督は『ホーンテッド・マンション(Haunted Mansion)』の制作を務め、同作のシナリオを、『ミミック』の脚本家で『Don't Be Afraid of the Dark』でもGDTと共同執筆をしているマシュー・ロビンスと共に書き上げることになっていますが、彼自身が監督するかどうかは、ギレルモ監督が(山ほど!)抱えている他のプロジェクトの兼ね合いによるとのことです。【Source:The Hollywood Reporter(7月22日付)】
そして、翌日の『Don't Be Afraid of the Dark』の講演の際には自身のこの先のプロジェクトとして、以下の予定を発表しました。

*“来るべき時が来たら”発表する次回監督作品は、来年5月に撮り始めたいと思っている。
*GDTが制作を務めるグリス・グリムリー版『ピノキオ』(*2008年11月23日の記事をご参照下さい)も制作準備期間にある。
*チャック・ホーガンと共著のホラーSF小説 『ザ・ストレイン』3部作は仕上げ段階にあり、2作目にあたる『ザ・フォール(The Fall)』のプロモーションツアーを予定している。
*TVゲームの企画も進行中。
*『ホーンテッド・マンション(Haunted Mansion)』の脚本をマシュー・ロビンスと共同執筆予定。

他にもパネルの開始早々に、メキシコ神話に関するアニメーションを監督する可能性についても話したとのことで、流石は“世界一多忙な”映画監督GDT。これでは、MGMスタジオの財政難問題でいっこうに制作が進まない『ホビットの冒険』に、如何に心中やきもきして過ごしていたかが伺えるというものです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/231-9acad30d
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。