スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーナー・ブラザーズとMGM、PJに『ホビット』監督を交渉中?

2010年06月17日 08:09

SlashFilmが内部情報として、『ホビットの冒険』2部作の監督にデヴィッド・イェーツの名を挙げる中、その翌日にはDEADLINE.comが、「いや、ウチのソースでは…」とばかり、ワーナー・ブラザーズとMGMの両スタジオが、ピーター・ジャクソン監督と話し合いを続けていると報じております。

それによりますと、現時点ではまだ誰も監督としてオファーされてはおらず、その代わり2スタジオの幹部は、29億ドルの興行収入を齎したLotR3部作のフランチャイズを完了させるという認識のもとに、サー・ピーター・ジャクソンを監督にすべく手を尽しているのだとか。
勿論、撮影はPJのバックヤードであるニュージーランドとそのスタジオで行われ、2部作のシナリオのコンセプトも熟知していますから、現在の状況では彼以上の適任者は考えられません。

また、同ソースによると、ギレルモ・デル・トロ監督の後任となることに興味を示している映画監督には、デヴィッド・イェーツの他に、デヴィッド・ドブキン(「ブラザーサンタ」)、ブレット・ラトナー(「ラッシュアワー」)等がいるとのことですが、DEADLINEの言葉を借りれば、トップレベルの監督たちは放っておかれることなく既に売約済みで、年内クランクインを目指す『ホビットの冒険』の監督選びは難航しそうです。

ともあれ、ジャクソン監督の決定的な「No」の返事を聞くまで、ワーナー・ブラザーズとMGMの相談役たちは彼を煩わせることになるだろうとのこと……この際、OKの返事がもらえるまで付き纏って欲しいと思います^^;
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/223-8d363868
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。