スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギレルモ・デル・トロ監督から、ファンへのラストメッセージ

2010年06月13日 23:49

5月30日に『ホビットの冒険』の監督業から正式離脱を発表したギレルモ・デル・トロ監督ですが、6月6日にTORnのフォーラムにおいて、彼の演出による『ホビット』2部作を楽しみにしていたファンに向けて、次のようなメッセージを寄せています。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

さて、またここに来たよ。約束だったからね。ぼくは週が終わる前に、この長いメッセージを送っている。

始まったときと同様、途中で転向してしまった今も、変わらずぼくを支持してくれる皆に感謝しているよ。そして、(離脱の報道を聞いても)決して態度を変えず、あるいは信じようとしなかった人々にも、さようならと言わせて欲しい。


(*TORn関係者個人への謝辞が続いて、)

こんなことは大作映画であっても極めてまれなことなんだ。ピート(ピーター・ジャクソン)と仲間たちは、長い間LotRに専念してきた。そしてぼくは、長い間映画を制作してきて、沢山のロケーション撮影もした…だけど、複数のスタジオに対する他の契約遂行の義務を凍結して、重要で厳格な契約を交わし、移住してこれほど沢山の時間を費やすなんてことは滅多にない特別なことだったんだ。

『ホビット』プロジェクトへの関与は、個人的にも職業上の時間においても、その両方に多大な犠牲を要求してきた。長い間の波紋の果てに、ぼくは、ぼくの全ての生活と家族とをニュージーランドに移住させ、2008年に初めてやってきたんだ。

そして、言及された(制作開始の)遅れや、契約の複雑さと障害とは、そのどれか一つだけの出来事や存在に起因するわけではなく、現在の状況に至るには充分に複雑で過酷だったことを分かって欲しい。これについてはどうかぼくを信じてくれ。ニュージーランドと『ホビットの冒険』のクルーから離れることは、非常に痛みを伴うことなんだ。

前にも話したように、闇の森のクモたちやワーグ、そしてトロルたち等々…のデザインやアニマティクス(*映像制作の初期段階で、シーンの検討のために簡単に映像化したもの)、それにデザインボードとスクラプチャー(*模型の彫刻)などの産物は、正確にぼくのアイデアを反映したものが残されるし、皆--PJとフラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエンと僕自身--は同じゴールを念頭に置いているんだ。新任の監督に最高の状態で、確実に仕事を移行出来るようにすることをね。

ぼくは、『ホビットの冒険』がちゃんと起動すると信じている。制作準備段階は、ぼくたちが言ったように継続される。そして脚本チームであるピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、そしてぼく自身は、シナリオを進行させ続けるよ。

おそらく、ぼくたち誰もが予測するよりもずっと早く映画は完成するだろう。そしてぼくは、映画の中のセットやクリーチャーに、ぼくが携わったことによる奇妙な癖を見出す度に心を千々に乱すことになるだろうね。
ここの誰もが二本の映画を見られるだろう。ぼく?ぼくは“映画の家族アルバム”を見ることになるだろうね。遠く離れた“ぼくの子供たち”の写真をね。

ぼくにとって、これがどのくらいデリケートな問題であるかを理解してくれることを望んでいるよ。

ぼくはこれからも時々ひょっこり立ち寄って、興味深く掲示板を読んで、SDCC(*サンディエゴ・コミコン)や他の多くの場所で、ファンの皆を見かけることを楽しみにしているよ。

僕はもうここにはいない。どんなに起こったことの詳細を提供したとしても。だけど、それがぼくの人生において、最も厳しい状況だったことは断言出来るよ。

今度のことを超えて--ぼくはもはや、『ホビット』プロジェクトに対して公式発言をすることはない。良い子で、元気でいてくれ--ぼくの次の映画制作の旅における次の段階を見守ってくれるよう、君たち皆に求めるばかりだ。

心を込めて

GDT

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

管理人多忙につき、更新遅れ気味で申し訳ないです(毎度超アヤしい翻訳なのは言うまでもなく^^;)。
読めば読むほどデル・トロ監督の心情が推量されて切なくもなりますが、彼が自身の決断を後悔するようなことにならないためにも、『ホビットの冒険』2部作が優秀な後任監督を得て成功するよう願わずにはおられません。
GDT監督離脱発表があってからおよそ2週間、その後のプロダクションの動きは何も伝わってきませんが、次の更新は明るく前向きなニュースであって欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/220-db51fd06
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。