スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェイン・D・バーロウ、『ホビットの冒険』について語る

2010年02月12日 02:16

ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~特典 サウンドトラックCD「ワールド オブ インフェルノ」付き
ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~
特典 サウンドトラックCD「ワールド オブ インフェルノ」付き

(2010/02/18) PLAYSTATION 3
商品詳細を見る


EA(エレクトロニック・アーツ)による新作ゲーム 『ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~』 が2月9日に発売された(日本版は2月18日発売予定)ことを受けて、同ゲームのキャラクターデザイン&アートワークを担当しているウェイン・ダグラス・バーロウのインタビュー記事が、Paste Magazine.com にUPされております。

ウェイン・バーロウは、ギレルモ・デル・トロ監督の右腕として『ヘルボーイ』シリーズや『ブレイド2』のデザインを担当している言わば“デル・トロファミリー”の一員ですが、最近では『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のコンセプトアートや、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』でも、クリーチャーのデザインを手懸けておりましたね。
勿論、デル・トロ監督がメガホンを取る『ホビットの冒険』でもデザイナーの一人として名を連ねているのは、かねてからお伝えしている通りであります。

今回のインタビューの9割方は、(当然ながら)ゲーム『ダンテズ・インフェルノ』のデザインと、ダンテの『神曲<地獄編>』をバーロウ独自の強烈なイマジネーションでもって描いた彼の著作『Barlowe's Inferno』について語ったものですので割愛しますが、興味がお有りの方は『ホビット』のデザインにおける方向性を占う意味でも、ウェイン・バーロウのイラストを是非ご覧になってみて下さいませ。氏の公式サイトはコチラ

では、前置きばかり長くなりましたが、『ホビットの冒険』についてバーロウが語った部分をご紹介致しますね。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

Paste Magazine 「『ホビットの冒険』におけるあなたの最新プロジェクトについて、告訴されたり、あなたの残りの寿命(natural life)を刑務所で暮らすようなことになるのでなければ、何か教えて頂けることはありませんか?」

バーロウ 「(笑)それが“僕の”プロジェクトであればと願うだけだね。そして僕の“不自然な人生(unnatural life)”について考慮するようにも!
いやいや、言えるのはこれだけだよ。僕はこの夏の間ニュージーランドで人生最良の時を過ごすことが出来たんだ。今一度、偉大な映画監督であるギレルモ・デル・トロや、リチャード・テイラーと彼の比類なき会社WETA、そしてジョン・ハウやアラン・リー等と共に働けたらと思うよ。2本の『ホビットの冒険』の映画は3部作のファンに愛され、評価される作品となるだろう。
僕自身が見て、そしてやったことからすれば、この映画はトールキンファンとピーター・ジャクソンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のファン、それにGDT(ギレルモ・デル・トロ)のファン全てを充分満足させると思うよ。芳醇で密度の高い世界が構築されていることに、息を飲むことになるだろうね」
Barlowe's Inferno
Barlowe's Inferno (1998/11) Wayne Douglas Barlowe
商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/179-08efd241
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。