スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督から最新状況報告です(^^

2009年12月13日 23:27

『ラブリーボーン』のプロモーションにおけるピーター・ジャクソン監督のマスコミへの登場率に比例して、にわかに『ホビットの冒険』に関する様々な情報や憶測が乱れ飛んだ感のあるこの頃ですが、そんな中、ギレルモ・デル・トロ監督が、TORnのメッセージボードに、ファンに向けて“実際の近況報告”を書き込んでくれています(^^
毎度意訳ですが、監督のメッセージをざっと紹介致しますね~。

PJの『ラブリーボーン』のプロモーションツアーが殆ど終了した今、いくつかの情報が、どれほど熱狂的な興奮を引き起こしているかを見て、(フォーラムの掲示板へ)立ち寄って、少し話しておくのがいいと思ったんだ。

A) (LotR3部作出演俳優の中から)『ホビットの冒険』へ復帰するたった3人の俳優について
(*おそらくMTV等で報じられた、イアン・マッケランの他にエルフ役のヒューゴ・ウィーヴィングとケイト・ブランシェットとが出演というニュースを指していると思われます)たったという強調は、ニュースを間違った方向へ歪曲させるだけだと思う。
僕には、アンディ(・サーキス)以外の誰かがゴラムを演じているのは想像出来ないし、2本目のシナリオについては、今のところずっと全てについて確かなものにしようと検討中なんだ。
僕とPJはこの件について、どちらも「目下のところは」ということで同意しているよ。勿論、物事は変化するものだけどね。

僕個人としては、ピーターがどんな経緯でそれを言ったか分かるんだ。質問の1/3は僕の小説、『ザ・ストレイン』のプロモーションツアーの時に訊かれたことだったからね。『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』のプロモーションの時も、『永遠の子供たち』の時も、他あらゆる場面でいつも『ホビットの冒険』についての質問を受けてきたんだ。
それぞれ異なる時点で、キャスティングやシナリオ提出の見込み、その他について確定寸前ことがあった。でも、進行するに従ってそれは単に変更になったということなんだ。 こういった僕たち双方の過去の発言を、確実なものとして受けとらないで欲しいんだ。僕たちは、報道機関やファンとの交流の機会の中で、その時言える限りのことをいつも伝えてきたのだけれどね。

B) プロダクションの目標について:それは単純なことなんだよ。僕たちは何が欲しいかを言うかもしれない。でも、2本のシナリオが届けられて、予算とスケジュールが確証されるまで、僕たち全員が黄信号の下にあるんだよ
(*青〔緑〕信号「green light」がGoサインが出るという意味なので)。でも、それで作業を停止していたわけじゃない。以前報告したように、僕たちはずっと調査をして、デザインをして(今朝も、さっきまで3時間WETAで会議をしていたよ)立ち止まったりしないんだ。
Goサインを出すことはスタジオしか出来ないが、ピートはプロデューサーとして、僕は監督として、その間に出来ること全てをするだけさ。

C) ワーナー・ブラザーズとの間にトラブルがあるかって?いいや、少しも。
僕が言うことの出来ることの全ては、届けられたシナリオに対して、彼らがものすごく喜んだ反応をしたってことだ。それに、僕たちが開発しているものについては、強い支持を受け続けているんだよ。
スマウグはアニメーションテストをしているところで、プレヴィス
(*「pre-vis」:アニメーションの視覚効果の草案)を編集しているんだ。それに、ドワーフ戦争の人工遺物(器具や武器など)や装備などの最終的な選択と、軍隊や特殊メイク、衣装その他の製作テストも始まったよ。

一方で僕は二つの単純な理由から、公共の場に出ることはだんだん少なくなる予定なんだ。
理由その1:この2匹の巨獣
(*「two Behemoths」:『ホビットの冒険』2部作のことだと思います)の準備にすごく忙しくなる。
理由その2:時間があるとしても、おそらく『地下室の魔物』
(*デル・トロ監督が制作と脚本を手懸けるホラー映画。1973年に米ABCで放映された同名のTV映画のリメイク)と『ザ・フォール』(*『ザ・ストレイン』に続くホラーSF小説3部作の2作目)のプロモーションのために非常に制限される。
だけど心配ご無用。僕は出来る限り、いつものように立ち寄るからね。

愛をこめて。

GDT

そして、話題に上ったアンディ・サーキス氏ですが、12月4日付けの TIMES ONLINE にて、 「“ゴラムモード”に戻って彼を再体験することに、すごく興奮しているんだ」とのコメントが紹介されております。
一つの指輪を失う前の、少し若いゴラムを彼がどう演じるか、とても楽しみにしております。それにしても待ち遠しい全キャストの公式発表であります。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/162-de8cf800
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。