スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギレルモさんのなぞなぞが分かりませんっ!!

2008年04月28日 22:41

まずはコチラをご覧下さいませ。
う~ん、なぞなぞが解けないうちに邦訳記事が出てしまいました ・・・・・が!日本語で読んでもやっぱり謎解きが出来ないアタクシであります。な、情けない!
ああ、ゴクリのばんごはんになってしまう~。ガンダルフは、間違ってもウチの扉には印を付けてってくれないだろうなぁ。>“T”(Tosser または Tawake!)とか書いてあるかもだ(;_;)

ことの発端はVariety.comの記事(こちらが原文)にあるように、20日早朝、トールキンファンの巨大サイト、お馴染みTORn(The One Ring.net)のフォーラムにギレルモ・デル・トロ監督自ら投稿した一編のなぞなぞでした。
言うまでもなく『ホビットの冒険』のエピソードにひっかけた洒落っけたっぷりなメッセージですが、監督の正式就任発表の日時を示していたと思われるなぞなぞが、「お役所の関係(the powers of red tape)」でタイミングがずれたばっかりに不発になっちゃった、というニュースです。

そもそもどんななぞなぞだったのか、Variety Japanの邦訳記事とデル・トロ監督の投稿、双方照らし合わせながらお読み下さい。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

最初の「知ってることが半分」は、なぞなぞの前半は、トールキンファンであれば誰でも分かる答えだってことですね。何せビルボがゴクリと「くらやみでなぞなぞ問答」をした、そのなぞなぞなんですから。そんな訳で答えは「時間(Time)」となります。
したがって、後半の“知らない半分”は、特定の時間を表していると思われます。それも「“もうすぐ…”」やってくる時間です。
中間の部分では、映画『ホビットの冒険』について、ファンが知りたいと願う情報が明かされるのは「月の日」であると言っています。普通に解釈すれば「月の日=月曜日」でしょうね。

しかし・・・!分からないのがこの先なんです。具体的な日時を示したと思われる最後の部分です。

At ten minus Three.
Joining to be
Ten minus Eight
Add to the slate
of the two dozen princes
that die without winces.
And add to each day of
the week. (原文)

10から3を引きいたものが
10から8を引いたものと合わさる
24人の王子たちが
ひるむことなく死んでいく
それに1週間を足していく(Variety Japanより)


10から3を引いた答え(=7)と、10から8を引いた答え(=2)が「合わさる」。
この「合わさる」はJoining(つなげる)ですから、7+2=9 ではなくて「72」と考えられます。それから、「24人の王子」(two dozen princes )を加え(Add)たものに、更に「7日(each day of the week)」を足し(Add)ます。

72時間〔3日)+24時間(1日)+7時間。
投稿日時が午前20日3時41分ですから、本来は24日の午前中の筈だったのでは。それが記事にあるように、「お役所の関係で発表が延びた」(実際は24日の午後でした)としたら、「謎は全て解けた!」(←誰?)と言いたいところなんですが、The day of the moon=月曜日と合わないではないですか~~~!
Varietyの記事でも正解は「21日の月曜日」だったとしております。なんで?なんで??なんで~???

このAt ten minus Three. から続くなぞなぞをどう解釈すれば、21日月曜日に合致する“Time”になるのか、冷えた餅みたいにカッチンコッチンの自分のアタマでは、さっぱり解らないのです★
しかもIGN.comのインタビューでは19日の段階で「あと4~5日のうちに正式発表がある」とおっしゃっていたではありませんか。なのに「月曜日?」なんで「21日」???
ナゾは深まるばかりであります。
どなたか、帰省の荷造りもせずに電卓叩いている(数字も弱い)アタシを助けて下さい!もうマジで宜しくお願いしますっm(_ _;)m
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    さんしきさん、こんばんは。
    お返事遅くなって申し訳ありません。
    昨夜遅く、漸く東京へ帰ってまいりました。
    休み前に手を付けられなかった記事を唸りながら解読?していると、家人に「仕事より真剣」と言われてしまいました~☆

    デル・トロ監督は、童心を忘れない茶目っ気たっぷりのお人柄のようですね。
    彼ならばビルボの魅力を十二分に表現出来るのではないかと、期待するところ大です。
    いつもコメント、有り難うございます!
    これから、GW中の記事の穴埋め(^o^; 頑張りますので、またどうぞ覗いてやって下さいねーv

  2. さんしき | URL | HkRIpaaw

    自分にはさっぱりわかりませんが
    あんじぇさん、す、すごい情熱です!
    監督、さっそく全世界のファンをつかんだ?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/16-04dfb9d5
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。