スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワカティプ湖、『ホビットの冒険』のロケ地に???

2009年11月19日 21:52

『ホビットの冒険』の映画撮影が、ニュージーランドのワカティプ湖で行われるのではというニュースを、19日付のOtago Dairy Timesが伝えております。


大きな地図で見る

ワカティプ湖は、ニュージーランド南島の内陸部、オタゴ地方の南西に位置しており(上↑の地図左下、クイーンズタウンの辺り)、ニュージーランドでは3番目に大きな湖です。


大きな地図で見る

ワカティプ地区保護局の局長であるグレッグ・リンド氏は、同局のステータス・レポート(*プロジェクト進捗状況に関するレポート)にて、オタゴ自然保護委員会の会議で、『ホビットの冒険』の撮影が承認されたと報告しました。
しかし、リンド氏の報告に対して、コミュニティーリレーションズ レンジャー(*保護区の地域貢献活動担当者といったニュアンスでしょうか?)のアンナ・ハンフリーズ氏は、ワカティプ地区保護局は、保護地区での撮影に関しての公式申請を、『ホビットの冒険』に関係するいかなる会社からも受けていないと反論。
これに対して、ウェリントンに拠点を置くウィングナット・フィルム(*ピーター・ジャクソン主催の映画制作会社)のスポークスマンは、「保護局のレポートは知りませんでした。ロケの場所はまだ決定しておりませんし、それはあまりにも時期尚早だと思います」とコメントしたとのことです。

ワカティプ湖は大変風光明媚な湖ですが(…写真で見る限り(^^; 行ったことないです。行きた~いっ!!)、撮影が行われるとしたら、やはり“たての湖”とエスガロスのロケ地となるのでしょうか?
ジャクソン監督のLotR3部作が、ニュージーランドの観光セクターのみならず、国益全体に齎した恩恵は周知の通りですから、撮影候補地の関係者はちょっぴり浮き足立っているのかもしれませんね。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
■Lさま
丁寧なコメントのみならず、ブログでご紹介頂き、本当に有り難うございました!
相変わらず「自分レベルの人間がするこっちゃないなぁ」(^^; と思いながらニュースを翻訳しておりますが、少しでも映画の完成を待ち望んでいるトールキンファンの皆さまに楽しんで頂ければ幸いです。

■Kさま
ビルボ役発表、待ち遠しいですね!
ところで、「クリスマスプレゼントはビルボ役発表で」と書いておいて、なんて欲のない自分だろうとしみじみ思いました(笑)クリスマスにプレゼントを貰っていたのは、はるか遠~い日の思い出です(;_;)
“母屋”、引越後も大して代わり映えしませんが、あんまりアクセス数が少ないと凹むので(笑)、たまには正面玄関もチラッと覗いてやって下さいませ~♪ いつもコメント、有り難うございます~!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    コメント、有り難うございます!

    RAICHIさま、はじめまして。
    日課のように通って頂けるなんて、とても光栄です!
    開設以来言訳し通しのへたれな英語力ですが、少しでもRAICHIさまに楽しんで頂けたのなら、大変嬉しく思います。

    ワタクシはRAICHIさまがお生まれになる前からトールキンファンをやっている中年オタク/(^^;ですので、PJの3部作はクランクイン前から映画化情報を追っておりました。
    当時、初めて買ったパソコンで最初にネット検索した単語が「指輪物語」でしたが、その時国内のサイトでヒットしたのは僅か5~6件だったのを憶えています。
    尤も、パソコンそのものの所持率がまだまだ低くて、TORnは勿論Googleも創業前でしたから。
    その検索結果に失望して、海外のトールキンファンサイトを求めてネットの海をうろつくようになったのが、ワタクシの「LotRネタばれ情報収集生活」(笑)の始まりでした。
    そんな訳で、英語力の方はいつまでたってもさっぱり★ですが、情報収集だけは少しはお役に立てるかもしれないと思い、Blogを立ち上げた次第です。

    アンドリュー・レスニー氏は、今回は不参加かもしれませんね。
    撮影監督はデル・トロ監督の『パンズ・ラビリンス』でアカデミー撮影賞を受賞したギレルモ・ナヴァロと再度組むようです。
    ジャクソン監督が、『キング・コング』でも『ラブリー・ボーン』でもレスニーと組んだように、デル・トロ監督は自分の世界を表現するのに以心伝心のパートナーを選んだのでしょう。

    嬉しいコメント、本当にありがとうございました。これからも、お気軽に遊びに来て下さいね!
    そうそう、ワタクシはmixiにIDを持っておりませんものですから、せっかくURLをご記入頂いたのにご訪問出来なくて、申し訳ありません。
    近頃急激に冷え込んで参りましたが、お風邪など召しませんようご自愛下さいね。

  2. RAICHI | URL | -

    いつもありがとうございます!!!

    はじめまして!
    RAICHIと申します!
    1年半くらい前から、毎日毎日「新しい記事がアップされてるかな?」と期待しつつ、このブログにお邪魔していました。
     もはや日課です。
     現在大学生なのですが、中学のときに見た「ロード・オブ・ザ・リング」の虜となり、「ホビット」も読破しました。
    中学のときに 「二つの塔」は3回、「王の帰還」は2回、始発に飛び乗って1人で見に行きました。DVDが発売された後は特典も含めて何度見たか分かりません。
     調べていく過程でトールキン博士と仲が良かったルイス氏の「ナルニア国物語」シリーズも読みました。
     WETAのホームページも閲覧して新情報を心待ちにしてもいます。笑
     MASSIVEというソフトも別の映画に使われたり、別の映画のエンドロールに「WETA」とか「リチャード・テイラー」の名前を見つけて一人にやけていたりもします。笑
     今ではmixiで映画の批評をしているのですが、毎回色々な映画のレビューを書いていて「『ロード・オブ・ザ・リング』と比較すると・・・」などと書くことが多く、あの映画がいかに今の自分に影響しているかを自覚してます。
     そして中学以来、「ホビット」が映画化されないかと、[One Ring]も含めて色んなサイトを見て、一昨年、このサイトにたどり着きました。
     様々な情報を和訳なさり、また、普通の映画サイトよりも迅速・丁寧で驚くばかりで、管理人様もLOTRやホビットがお好きなんだなぁとずっと思っておりました。
     現在私は大学生ですが、高校生の頃は「大学在学中には映画化されるだろう。公開されたら週に2回は観にいこう」と思っていましたが、あと1年ちょっとで卒業です。笑
     ホビットの監督がデル=トロ氏になると分かり、当時はデル=トロ氏のインタビューを[You Tube]で見たり、彼の作品「ヘルボーイ」シリーズや「パンズ・ラビリンス」を見て「この監督なら・・・」と納得したりしていました。
     ジャクソン監督も好きで、高校生の頃「KING KONG」を見て、「何この映画!!!」と感激もしました。
     そのくらい期待していて、毎回デルトロ監督のインタビューにはハラハラするばかりです。
     早くミドル・アースに戻りたいですね!!!

     ハワード・ショア氏も戻ってきたし、アラン・リー氏も戻ってきたということで、期待ですね。
     しかしアンドリュー・レスニー氏はどうなるんでしょうね。
     今後とも、情報をよろしくお願いします!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/144-b6e70783
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。