スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H・ショア、『ホビット』を語る~「それは本当に私が愛する世界への帰還です」

2009年10月06日 00:55


ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて、来る10月9日及び10日に開催予定の『「ロード・オブ・ザ・リング~旅の仲間」コンサート』(公式サイトはこちら)。
これは、作曲者であるハワード・ショアの指揮のもと、21世紀交響楽団(The 21st Century Symphony Orchestra)によって演奏されるコンサートなのですが、巨大スクリーンにFotR劇場版の本編(178分)を映し出し、映画とシンクロして生演奏を行うとのこと!こ、これは聴きたい観に行きたい…!!

その公演を1週間前に控えた1日の夜、ハワード・ショアと、それにLotR3部作でピピンを演じ、自身もミュージシャンであるビリー・ボイド等を交えてのパネル・ディスカッションが、The Paley Center for Mediaにて開催されました。
そのイベントにおいてショア氏は、LotRに引き続き、デル・トロ監督の『ホビットの冒険』でも作曲を担当し、既に作業は進行中であることを明らかにし、次のように語りました。

「私は空想し、小説を読みます。読んで、そしてまた空想します。それが作曲の方法なのです。作曲とは直感的な行為なのですから。それに相応しい精神の状態でなくてはなりません。一定の方法で中つ国へ入り込んで創造を始めるのです。

さて、私たちが3部作を作った時、作品のクオリティや質感が同一であるようにという考えから、3本の映画は同時に撮影されました。『ホビットの冒険』も、2作同時に撮影される予定です。
『ホビットの冒険』と『ロード・オブ・ザ・リング』は継ぎ目のない世界です。『ホビット』がより過去の時代、より古い物語へ誘ってくれるよう感じさせたいのです。
実際これが参照すべき確実なことであって、より単純な方法、難解にならない手段なのです。そうすれば『ホビットの冒険』は、より大きな物語の一部分であると感じられることでしょう」

MTV Movies Blogのムービーでご覧下さいませ~(^^
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/133-c0b026ab
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。