スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGMスタジオが破産の危機!?

2009年09月29日 23:06

LotR3部作の収益配分を巡る訴訟で、原作者側とニューライン・シネマとの電撃和解から半月余。
『ホビットの冒険』の映画化に関する最大の厄介事が解決したと思った矢先に、一難去ってまた一難。 今度は共同制作にあたるMGMスタジオの破産の危機を、Deadline Hollywoodが伝えております。

同サイトのNIKKI FINKE氏によりますと、MGMの経営陣は、社債権者と電話会議を行い、ターンアラウンド・マネジャー(経営破綻しかけている企業を再生させるために登用された経営者)であるスティーブン・F・クーパー氏と共にプレゼンテーションを行ったとのことです。
MGMは経常経費をカバーするために、短気キャッシュ・フロー(資金流入額)で2000万ドルが必要なことに加えて、現在継続中のプロジェクトと新たに開始される『ホビットの冒険』の制作の為に、年内に1億5000万ドルが必要なことを説明しました。

MGMは現在37億ドルの債務を抱えて深刻な経営難にあり、手腕を問われたCEO(最高経営責任者)のハリー・スローン氏が8月15日に解任されたばかりです(Source=The New York Tims 8月19日付)
スタジオ側は社債権者に対し、2010年2月まで利息の支払猶予を要請。その分をこれらの制作計画に投じたい意向のようです。

仮に今MGMが売却されても、投資家の予想では競売価格は15~17億ドル以上にはならず元本割れは必至。今後「007」シリーズの新作や『ホビットの冒険』での巻き返しを期待するMGMは、破産となれば双方にとって最悪の結果であると説明して、社債権者の理解を求めた模様です。
支払猶予に応じるかは社債権者の51%の承認票が必要とのことですが、いずれにしろMGMは早急な企業再構築を求められています。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

先週末に読んでいたニュースなのですが、UP遅くなってすみません。
所用に忙殺されておりましたのと、社債権者と株主の違いも分からない(知ってたら、こんな最下流なセイカツしてませんて(^^; )管理人が、まず日本語の金融用語と格闘しておりましたもので…。
そんなですから、いつにもましてアヤシイ記事度満点で申し訳ない限りですが、要するにMGMが破産の危機で、『ホビットの冒険』の配給件が別のスタジオに移る可能性が出てきたということでございます。あ、知恵熱が…☆

【追記】
日本語記事もありました。Eiga.com(9/29付)「ホビット」「ボンド23」が見られなくなる?MGMが倒産の危機に!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/130-857ea88a
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。