スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロファミリーからもう一人、『ホビット』出演の噂?

2009年07月03日 05:59

既に正式参加が確認されているカメラマンのギレルモ・ナヴァロや、マイク・ミニョーラ、パブロ・アンヘレスらのデザイナー陣を始め、ロン・パールマンやダグ・ジョーンズといったデル・トロ監督作品の常連俳優たちも『ホビットの冒険』に加わるのはほぼ確実とされておりますが、“デル・トロファミリー”からもう一人、出演の噂が浮上です。

こちらの情報は7月1日付けのTORnの記事から。
Basta de Todo(アルゼンチンのFM放送局か又はその番組のようなんですが…)の放送を聞いたMauroさんが情報を送ってくれています。それによりますと・・・。

私は、偉大なスペインの俳優で、コメディアンであり、また脚本家でもあるサンティアゴ・セグーラの、Basta de Todoによるインタビューを聞きました。
セグーラはギレルモ・デル・トロとアレックス・デ・ラ・イグレシア(*スペイン出身の映画監督で脚本家)の個人的な友人であり、両監督の映画に多数出演しています。また、スペインで制作された彼らの作品の主役を務めたこともあり、ハリウッド映画ではカメオ出演もしています(『ヘルボーイ』シリーズ、『ペルディータ』、『ブレイド2』等)。

サンティアゴは来週、友人のギレルモを訪ねてニュージーランドへ発つ予定なのだそうです。彼は冗談ぽく、
「彼に『ホビットの冒険』の役をくれって頼み込むつもりなんだ」
と言いました。インタビュアーもサンティアゴ自身も、彼に出演のチャンスがあることは殆ど確実だといった口調でした。

ということなんですが、サンティアゴ・セグーラと聞いて、すぐにその顔が浮かぶ日本人はあまりいらっしゃらないと思います・・・かくいう自分もなんですが。

IMDbによりますと、サンティアゴ・セグーラ氏はスペイン・マドリッド出身、1965年生まれの43歳。
日本でこそ知名度は高くありませんが、祖国スペインでは演出家としてゴヤ賞(スペインのアカデミー賞と言われています)の受賞経歴もあり、自身で監督、脚本、主演の三役を務めた映画シリーズが大ヒットするなど、マルチな才能を誇る映画人のようですね。
ただし、俳優としての彼はコメディアン---それも、かなりダークでぶっとんだと言うか、イカれたキャラ(^^; がお得意のよう。『ホビット』の役を宛がうとなると、どんなキャラクターになるのでしょうか?
いずれにしても、キャスト、スタッフを問わず、優れた才能と友情パワーはデル・トロ監督の下にどんどん集結して、この一大プロジェクトを成功させて欲しいと思います。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
>イアン・ホルムのナレーション
彼の「声の仕事」は、トールキンファンにはBBCラジオドラマのフロド役が印象深いですよね。
持ち前の並外れた演技力で、優れたナレーションの仕事をしてくれるのは間違いないと思うのですが、LotR3部作がガラドリエルのナレーションで始まったことを考えると、『ホビットの冒険』2部作の構成が気になるところです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/113-64c32f1f
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。