スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督インタビュー:契約と進行状況、そして脚本のこと

2008年04月04日 02:56

この夏公開予定の『ヘルボーイ2』についてのインタビューをENTERTAINMENT WEEKLY誌で受けたギレルモ・デル・トロ監督ですが、その際に彼が監督するとみなされている『ホビットの冒険』の進行状況などについても答えたのが、同誌のサイトEW.comにUPされておりました。
それによりますと、現在スタッフやクルーについて多くの議論が交わされていますが、正式契約が結ばれるまでには至っていないようです。
(状況が進展しないのは)ニューライン・シネマがワーナー・ブラザーズに吸収合併されたせいか?という質問に対しては、むしろこの映画が5年は拘束されることになる2部作の超大作で、解決されるべき問題や責任を要するからだとしています。しかしクリエイティブな側面に関しては歩調が合っているそうで、前進に専念したいとのことです(以下、インタビューから抜粋)

EW(ENTERTAINMENT WEEKLY)「夏までに全てが解決されるとお考えですか?」
GDT「そうあることを望むよ。早ければ早いほど大喜びだ。もしそうなったら、皆さんにプロダクションカレンダーを公開するよ!」
EW「交渉の要素の一つは、あなたのシナリオへの参加についてですか?」
GDT「ああ、いやいや!それは殆ど解決済みだよ。僕も参加することになると思うけど、中心になるのはオリジナルチームだよ」
EW「あなたが言うオリジナルチームとは、『ロード・オブ・ザ・リング』のライター陣であるピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュ、それにフィリッパ・ボウエンのことですか?あなたも彼らと一緒に(脚本の)仕事をなさるのですか?」
GDT「詳しいことは言えないけど、そうだよ」

思えば、昨年の12月、PJとフラン・ウォルシュ夫妻の制作総指揮が決まった際の、ニューライン・シネマ、MGMを加えた三者共同声明以来、何一つ公式発表がない『ホビットの冒険』ですが、夏辺り大きな動きがあるのでしょうか? 確か以前には、監督の正式発表は脚本家組合のストライキが終った後って言ってた気がする(笑)
何はともあれファンの皆さま!長期戦に備えて、ご一緒に体力作りに励みましょうね~♪
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あんじぇ | URL | LUUrCMQg

    海外のLotRファンサイトでも、やはり映画冒頭にあのトレードマークが出ないのが寂しいという声が沢山寄せられていましたよ。
    ワタクシも全く同感であります。

    「ナルニア」「エラゴン」「ライラ」等、LotR以降も沢山のファンタジー映画が公開されましたが、その度に必ず聞かれるのが、
    「誰もがピーター・ジャクソンのように撮れるわけではない」
    「『ロード・・・』が如何に優れた映画だったか分かった」
    という言葉ですね。
    色々文句はありますが、あの3部作が映画史上に残る偉業だったことは確かで、10年の歳月を経て、再び心酔わすファンタジーの名作が誕生するのを願わずにはおられません。

    いつも暖かい励ましのお言葉、有り難うございます!
    ホントにそれだけをエネルギーに、今日も各国のサイトを巡っております。
    またどうぞお気軽にお声をかけてやって下さいませv
    お待ちしております~♪

  2. さんしき | URL | HkRIpaaw

    こんな段階から映画作りを楽しめるっていいなぁ、あんじぇさんのおかげです、いつもおつかれさま!
    情報もらって読んでると、ロードオブザリングとかわらない雰囲気でできそうな気がしてきました。
    先日久しぶりに見たのですが、もうニューラインも日本ヘラルドもないんだね…とちょっぴり寂しくなしました。
    やっぱおもしろかったなぁ、後発のファンタジー映画とは違うね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/11-86e262b0
この記事へのトラックバック


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。